時代劇でジャニーズが活躍 理由は若い頃からの経験と身体能力

ジャニーズが時代劇で活躍 TBS系『名奉行! 遠山の金四郎』には松岡昌宏が抜擢

記事まとめ

  • ジャニーズは恋愛ドラマやバラエティーばかりでなく、時代劇でも多くが活躍している
  • TBS系『名奉行! 遠山の金四郎』では、松岡昌宏が高橋英樹らが演じてきた役に抜擢
  • 『大岡越前』には東山紀之、岡田准一主演の映画『関ヶ原』はヒットを飛ばしている

時代劇でジャニーズが活躍 理由は若い頃からの経験と身体能力

時代劇でジャニーズが活躍 理由は若い頃からの経験と身体能力

岡田准一が出演した映画『関ヶ原』(公式HPより)

 ジャニーズのアイドルたちが活躍するのは恋愛ドラマやバラエティーばかりではない。最近、注目の時代劇でも多くのタレントが活躍しているのだ。彼らが時代劇で起用されるのはなぜか? コラムニストで時代家研究家のペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、いよいよ登場する松岡昌宏の『名奉行! 遠山の金四郎』。若気の至りで背中に桜吹雪の彫り物を入れちゃったりした旗本遠山金四郎(実在)が、北町奉行に就任。ふだんは遊び人の町人「金さん」として江戸で事件を探り、お白洲では見事な名裁きを見せるというストーリー。

 これまで中村梅之助、杉良太郎、高橋英樹、松方弘樹、西郷輝彦、里見浩太朗など名優が演じてきた、この主人公がTBSに登場するのは実に23年ぶりだ。
 
 今回、金さんは元カノ(稲森いずみ)と再会。なんと彼女は「女ねずみ小僧」なのだ。松岡・稲森といえば『怪物くん』では、悪魔界の名コンビだったが、ここでは盗人と奉行。どうする金さん!?

 先年、私はラジオ番組で『次の金さんは松岡』と妄想キャスティングをしていた。なぜ、そんなことを言い出したかといえば、松岡本人が時代劇を大好きだと知っていたからだ。聞けば、数々の時代劇を再放送でチェック。1970年代の梅之助版はじめ、歴代金さんも楽しみにしていたという。

 思えば、今年は東山紀之の新春スペシャル『大岡越前』で年が明け、松岡の金さん、映画では岡田准一の『関ヶ原』がヒットしている。なぜ、ジャニーズタレントは時代劇で活躍できるのか。

 最大の理由は若いころから着実に経験を積んできていることだろう。ぽっと出じゃないのである。ジャニーズと時代劇の歴史は古い。1972年には当時、ジャニーズ事務所所属でデビューしたばかりの郷ひろみが大河ドラマ『新・平家物語』に出演しているし、元SMAPの香取慎吾も中居正広も、若侍役で1992年に村上弘明主演のNHK『腕に覚えあり』に出ている。

 まだ十代だった香取はそこでいきなり下帯姿になる場面があり、衝撃だったとバラエティー番組で語っていた。そんな経験を経て、大河ドラマ『新選組!』では堂々の主役を務めたのだ。ブレイクする前、時間がたっぷりある新人にとって、大御所主演の作品で時代劇のイロハを学ぶのは、とてもいい機会。監督や製作者とのよき出会いもある。東山紀之も松岡も若き日に共演した時代劇スター松方弘樹を師と仰ぎ、指導を受けた身だ。

 もうひとつ、彼らが時代劇で歓迎されるのは、殺陣に欠かせない身体能力やリズム感があること。歌と踊りの経験豊富な彼らは、動きを覚えるのがとても早く、スピードもある。私は殺陣師の先生が「何も教えることがない」と絶賛しているのを聞いたことがある。

 そうした基礎能力に武術をプラスしているのが、岡田准一だろう。『関ヶ原』で岡田演じる石田三成は馬で疾走し、歩きながら矢を放ち、雄たけびを上げる。官僚的で嫌味な人物として描かれることの多かった三成だけに、こんな武闘派三成にはびっくりだ。岡田は次作に剣の遣い手に扮した映画『散り椿』がある。途切れることなくチョンマゲ姿になっているのもすごい。

 まだまだ続くジャニーズ俳優の時代劇。16才で時代劇デビューした松岡は、京都の現場でスタッフに「お帰りなさい」と迎えられたという。金さんの横には、事務所後輩の神山智洋も新米同心役で出演。こうしてジャニーズ時代劇俳優の系譜は脈々と受け継がれていくのだ。

関連記事(外部サイト)