鈴木砂羽舞台の女優降板騒動 女性ばかりの現場の難しさ

鈴木砂羽舞台の女優降板騒動 女性ばかりの現場の難しさ

舞台降板騒動の真相は?

「土下座強要」「集団いじめ」「人格否定」という生臭い言葉が瞬間沸騰的に飛び交った末に、双方の言い分は食い違ったままで騒動は幕引きに。何とも後味の悪い騒ぎだったが、その背景を突き詰めると、最近の若い女性たちが抱える“一触即発のメンタル”が見えてきた。

 女優・鈴木砂羽(45才)が主演・初演出を担当した舞台『結婚の条件』の開幕2日前に、女優の鳳恵弥(36才)と牧野美千子(52才)が緊急降板して巻き起こった騒動。

 鳳・牧野サイドは降板の理由について、鈴木から土下座の強要や罵倒など「人道にもとる数々の行為を受けた」からと暴露。これに対し、鈴木が涙ながらに反論すると、「砂羽さんと女性演出助手による“集団いじめ”があった」と再反論した。

 その“土下座騒動”の現場にいた舞台関係者が騒動の真相を明かす。

「通し稽古の後、出演者は円になって座って砂羽さんと演出助手からの“ダメ出し”を順番に受けていたんです。それは正直、なごやかな雰囲気ではないですよね。初日まで時間もないのにこんなことじゃダメでしょうと、それはキツい言葉も飛びましたよ。そこで2回目の通し稽古ができないことを鳳さんと牧野さんが頭を下げて謝ったのですが、これを一方から見れば『土下座をさせられた』となるし、もう一方から見れば『座りながら謝った』となります。双方の“認識”が異なることで話がこじれてしまった」

 降板についても鳳・牧野サイドが「一方的に代役を決めて降ろされた」と主張すれば、主宰者側は「鳳・牧野サイドから『降ります』と言われた」と真っ向から対立。ここでもボタンの掛け違いがあったようだ。

「通し稽古後のトラブルがあった9日夕方、鳳・牧野の事務所社長から『2人を降ろす、すぐ稽古場から帰らせてほしい』と主宰者に電話があったんです」(前出・舞台関係者)

 社長の主張は、鈴木を降ろすか主要スタッフ2人を降ろせば、鳳・牧野を舞台へ戻すものだったという。2人の主要スタッフは鈴木の腹心ともいえる演出助手と、キャストもかねたスタッフだった。

「ここまで一緒にやって来た仲間を切り捨てることなんてできないと砂羽さんは拒絶したんです。そして何があっても幕を開けようという砂羽さんや他のキャスト、スタッフの強い思いで代役を探そうとなったんです。鳳・牧野サイドとしては初日直前に降板をチラつかせればさすがに“すみませんでした”と頭を下げるだろうとふんでいたんでしょう。ところが、“砂羽さんたちが困っているなら”と引き受けてくれる代役がすぐに決まってしまった。引くに引けなくなってあんな行動に出たんじゃないでしょうか」(前出・舞台関係者)

 鳳・牧野サイドは9月14日に騒動の「終結」を宣言した。しかし、双方の言い分は食い違ったままモヤモヤとした後味の悪さだけが残った。ある芸能関係者は、「“出演者”が全員女性だったことが騒動を大きくしたのかも」と呟く。

「今回は脚本家や演出助手も含めて主要関係者がみんな女性というケースでした。女性ばかりが中心スタッフにそろった現場って、なかなか難しいんですよ。今回も女性優位の劇団の中で何人かいた男性陣はなかなか声高く意見表明はできない雰囲気でした」

 たしかに、鈴木は一本気な性格で歯に衣着せぬタイプ。プロ意識が高い彼女にとって、舞台初演出にかける意気込みは並々ならぬものだった。演出助手も、大泉洋が率いる超人気俳優集団『TEAM NACS』や人気演出家・赤堀雅秋さんの舞台の演出補助を務めるなど経験、実力とも一流。

「演出助手は個性的な俳優陣を力でまとめる剛腕タイプ。鈴木さんと演出助手というパワフルなふたりがタッグを組んだとあって、今回の舞台稽古でも出演者に遠慮はなかったようです。通常の舞台であれば当たり前の光景ですが、女性の怒声に慣れない人がいたのは確かかもしれません」(舞台スタッフ)

 元準ミス・インターナショナル日本代表の鳳と30年以上のキャリアとはいえ「活動期間2年」(牧野のブログより)という牧野。

「一方、鈴木さんは日本を代表する演出家の大舞台から下北沢の劇場まで舞台経験の幅は大きいですから、相当厳しい思いもしてきたでしょう。そんな熱意がかみ合わず事態がこじれた面があります」(前出・舞台スタッフ)

◆「悩みやストレス」最も抱えるのは40代女性

 もしそこに「男性」が1人でも交じっていれば、雰囲気は変わっていたのか。コラムニストの辛酸なめ子さんはこう見る。

「女性は、男性よりも派閥を作りやすい。しかも、その派閥が揺らぎやすいから、女性だけの集団になると、とにかく気が休まらないものなんです。実際、降板した女優の1人のブログを読むと、飲み会などで結束力が強まる半面、気に入らないキャストの悪口を言う空気になっていたようなことが書かれています。女性同士だと、そうした感情の行き違いが生じやすい。

 たとえ厳しい演技指導だったとしても、蜷川幸雄さんのようなベテラン演出家だったら、叱った後のフォローも上手かった。でも、砂羽さんが舞台初演出ということもあって、“女性同士は難しい”ことがわかっていても、フォローしきれなかったのかもしれませんね」

 とはいえ、いくら感情のすれ違いがあったからといって、初日の2日前に降板にまで至ってしまうとは、“やりすぎ感”が否めない。稲増龍夫法政大教授(社会心理学)が指摘する。

「社会全体的に最近、20~40代の働き盛りの女性がストレスを抱えやすく、人間関係の軋轢もエスカレートしやすい状況にあるんです」

 厚労省の調査(2016年)によると、「悩みやストレスがある」と答えた人の割合は、40代女性が最も高く(58.7%)、次いで30代女性が高かった(58.6%)。また、統計数理研究所の調査(2013年)では、「この1か月間にイライラしたことがある」という若年層の女性が急増しており、20~30才代では4人に3人がイライラ経験を認めた。

 警視庁によれば2012年に54件だった妻からのDV相談件数は2016年に953件まで急増し、『犯罪白書』によれば、刑務所に入所する受刑者のうち女性が占める割合も年々増えている。50代男性はこんな実感を持っている。

「一昔前は、混んでいる通勤電車の中で女性にぶつかっても、お互いに“すいません”ってニコッとしておわりでした。でも、今の若い女性は、すごい睨み方をしますよね。目上であろうが関係なく」

 なぜ女性たちはそんなに“攻撃的”になってしまったのか。前出の稲増教授が言う。

「30代を中心とした若い女性は、非正規労働者が急激に増えていて収入が少ない。しかも昔みたいに結婚相手の男性に経済的に頼れるわけでもなく、自己責任を求められる。先行きの見えない不安からイライラする女性が多いのではないでしょうか」

 総務省の「労働力調査」の推移を見ると、女性の非正規労働者が増える一方で、バリバリ働く正社員も増えている傾向が見てとれる。そんな格差が、30代女子たちのイライラに繋がっているのかも。

 今回の騒動でも、最初にブログで《作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました》と鈴木を断罪したのは30代の鳳だった。

 女性の活躍なくして日本の活性化はあり得ない。それなのに「女同士」で足を引っ張り合っても、ダメな男がのさばるだけなのになァ…。

※女性セブン2017年10月5日号

関連記事(外部サイト)