韓国芸能界 兵役を巡って株上げる人下げる人で評価真っ二つ

韓国芸能界 兵役を巡って株上げる人下げる人で評価真っ二つ

兵役で株を上げた2PMのテギョン

 韓国の芸能界において重要な問題となるのが、18才から29才までの成人男性に2年間の兵役義務が課せられる韓国の徴兵制度だ。多くの男性K-POPスターたちが、この兵役のために2年間の芸能活動休止を余儀なくされる。

 そんななか、2PMのテギョン(28才)は、本来は行く必要のない兵役に、自ら志願した。テギョンはアメリカからの帰国子女でアメリカの永住権も持っている。外国の永住権がある韓国人には兵役義務はないのだが、テギョンは永住権を放棄。さらに、“軍務に耐える体ではない”と判断された者が進む公益機関勤務の「社会服務要員」ではなく「現役兵」にこだわるあまり、長年患っている椎間板ヘルニアの手術を2回も受け、晴れて入隊が認められたのだ。そんなテギョンに対し、韓国メディアは《国民の模範》《スターのお手本》などと絶賛したという。

 一方でJYJのユチョン(31才)は、2015年8月に入隊すると、社会服務要員として江南区役所勤務となった。しかし、終業後に市内の歓楽街で飲み歩く姿が報じられ、クラブで女性を暴行したとして告訴までされている。

 テギョンとユチョンの例に見るように、昨今の韓国芸能界では、兵役を巡って株を上げる人間と下げる人間が真っ二つに分かれている。

 韓流の代名詞でもあるぺ・ヨンジュン(45才)は視力低下を理由に兵役自体を免除されており、チャン・ドンゴン(45才)も過去に気胸の手術を受けていたことで、同じく免除された。

「イ・ビョンホン(47才)は、早くに父親を亡くしていたことから、『家長として家族を養わなければならない』という理由で6か月の社会服務要員になっています」(韓国スポーツ紙記者)

 いずれも正当な理由で兵役を免除または短縮された例だが、世間からは「芸能人ゆえの特例ではないか」と非難の目を向けられた。

 実際に入隊しながらも、その生活ぶりがバッシングされた例もある。歌手のRain(35才)は、軍隊の慰問公演や広報活動を務める国防広報院の広報支援隊に服務中、恋人のキム・テヒ(37才)と頻繁に逢瀬を重ねていたことが報じられ、大騒動に発展した。

「彼が一般兵の2倍以上の特別休暇を取っていたことが判明したからです。さらに禁止されている携帯電話を所持し、済州島での広報活動の際、高級ホテルのスイートルームに宿泊していたこともわかった。広報支援隊は“芸能兵”と呼ばれるほど、多くの芸能人が配属されることで知られていましたが、調べてみるとRainのような特別待遇の人間が多数いることが発覚し、国民から批判が殺到。結果的に、韓国国防省は2013年7月に広報支援隊を廃止しています」(別の韓国のスポーツ紙記者)

 今年5月、俳優のイ・ミンホ(30才)が社会服務要員として入隊した際も、一部で非難の声が上がった。

「映画やドラマであれだけ派手なアクションをこなしていたのに…」という声がほとんどで、いわば“イメージとの乖離”がファンを落胆させたのだった。韓国の兵役事情に詳しい作家の康煕奉氏が語る。

「しっかりと兵役を務め上げた男性や、息子を過酷な部隊に送った母親が批判の急先鋒になります。彼女たちはわが子の軍隊経験に誇りを持っており、兵役逃れをするような芸能人は許せない。なによりも“愛国心”を問われてしまうんです。北朝鮮とこれだけ長く緊張状態が続いている状況で、軍隊に行かない芸能人は、“国を守る覚悟がない”と判断される。最近は芸能人側もそれをわかっているので、自分の人気を守るためにも積極的に軍隊に行こうとする人も増えました」

 その先駆けとなったのが、俳優のヒョンビン(34才)だ。2011年に入隊した彼は、「韓国軍で最も過酷」と呼ばれる海兵隊に自ら志願。2年間の入隊生活は海兵隊の中でも模範とされ、兵役生活が人気を一層上げるきっかけとなった。

 2016年4月に入隊したアイドルグループ『超新星』のゴニル(29才)も、江原道鉄原郡の第3歩兵師団、別名“白骨部隊”に配属され、国民の喝采を受けた。

「“骨になるまで戦え”という教えの超精鋭師団で、訓練も過酷を極めます」(康氏)

 アジア最強のスター『東方神起』のユンホ(31才)とチャンミン(29才)も、それぞれ第26師団とソウル地方警察で立派に兵役を務め上げている。

「とくにユンホは、射撃、体力、精神力、戦闘能力、全ての科目で90点以上を達成したものにのみ与えられる『特級戦士』の称号を獲得しています」(康氏)

 そこにきてのテギョンの異例づくしの入隊。今後、韓流スターの人気は“兵役への姿勢”が鍵を握りそうだ。

※女性セブン2017年10月5日号

関連記事(外部サイト)