高須院長が野党にエール「安倍叩きではなく現実的な政策を」

高須クリニック高須克弥院長が『水戸黄門』に出演へ 衆院解散に向け野党にエールも

記事まとめ

  • 高須クリニックの高須克弥院長は10月にスタートする時代劇『水戸黄門』に出演する
  • 10月1日には毎年恒例の「高須まつり」が、地元愛知県西尾市の高須病院で開催
  • 安倍晋三首相を支持しつつも、野党に現実的な政策を出してきてほしいと健闘を願った

高須院長が野党にエール「安倍叩きではなく現実的な政策を」

高須院長が野党にエール「安倍叩きではなく現実的な政策を」

『水戸黄門』出演を語る高須院長

 高須クリニック高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、『水戸黄門』、高須まつり、そして解散総選挙などについてうかがいました。

 * * *
──10月にスタートする時代劇『水戸黄門』(BS-TBS)に、高須院長が出演されているんですよね?

高須:そう。実は僕、水戸黄門が大好きでね。DVD全集もちゃんと持っているんだよ。それで今回スポンサーをやることになって、その特権で出演させてもらうことになった(笑い)。これは、本当に光栄なことだよ。本当にうれしいね。

──取材をしている現時点では撮影前ですが、どんな役なんですか?

高須:チョイ役だよ。視聴者のみなさんには、かっちゃんがどこに出てくるか、よーく目を凝らして探してほしい。「かっちゃんを探せ!」だ(笑い)。でも、そんなチョイ役でも、僕のために衣装を用意してくれるみたいで、採寸もしたんだよ。そんなのどうにかなると思うんだけどね。それより、金髪と眼鏡はどうするんだ? 江戸時代なのに、このまま出てきたら、笑い者だ(笑い)。

──今回の水戸光圀は武田鉄矢さんが演じますが、ネット上では高須院長も適役なのではないかという声もありますよ。

高須:何を言うんだよ、そんなのおこがましい。僕はチョイ役で十分。僕がやるべきは、スポンサーをとして素晴らしい作品を作るためのサポートをすること。むしろ、スポンサーになれたことがうれしいね。

──話は変わりまして、10月1日には毎年恒例の「高須まつり」が、地元愛知県西尾市の高須病院で開催されます。

高須:健康診断や体操教室もやるし、模擬店なんかもあるから、まさにお祭りだよ。僕もしっかり接待するから、お近くの人は気軽に立ち寄ってほしいね。あと、民進党の大西健介議員もお隣の選挙区なんだから、ぜひとも来てほしいなあ。

──大西健介議員は例の「陳腐なCM」発言について、高須院長と裁判で争っている相手ですよ!

高須:だからこそ、来てほしいんだ。僕はずっとツイッターでラブコールを送っているんだよ。普段は会えなくても、お祭りは呉越同舟の無礼講だ。大西先生の支持者のみなさんも遊びにきてくださっているし、支持者に会うつもりでフラッと立ち寄ってほしいなあ。一緒に語り合いたいことがたくさんある。

 僕は、決して大西先生を憎んでいるわけではない。陳腐発言は納得いかないけど、その真意を知りたいし、もしも非を認めて謝ってくれるなら、もちろん許す。イデオロギーが違うからといって、相手を憎んだりなんかしないよ。

 先日、民進党の原口一博議員がツイッターで、亡くなった奥様の誕生日であることを報告していたんだ。僕も妻を亡くした経験がある人間として、合掌の意味を込めて「南無阿弥陀仏」とツイートをしたら、原口先生がお礼の言葉を返してくれたんだよ。その気持ちは本当にうれしかったし、原口先生は人格者であり、とても優秀な政治家であることは分かっているから、僕は原口先生を応援すると伝えたんだ。

 でも、どうやら一部の人々が原口先生に対して「高須にお礼を言うとは何事だ!」って非難しているっていうんだよ。たしかに、僕のイデオロギーと民進党支持者たちのそれはまったく異なるもの。でも、だからといってツイッターで交流することがどうして咎められなきゃいけないんだ。本当に悲しくなるね。世の中にはいろんな考えを持った人がいるということを、認められないのかなって思っちゃうなあ。原口先生も僕も、純粋な気持ちなんだけどなあ。

──そんななかで衆議院の解散が近づいています。民進党にとっては厳しい状況です。

高須:僕は現政権を支持しているけど、もちろん野党にも頑張ってもらいたい。しっかり政策を戦わせることができれば、より良い結果がついてくるのは間違いないからね。でも、残念ながら、今の野党にそういうものは期待できないというのが現状であって、国民もまたそう思っているんだよ。野党からは、森友・加計問題を隠蔽するために、安倍首相が解散に踏み切るのではないかという声もあるけど、果たしてどうなのだろうか。僕としては、その問題ばかりをいつまでも追求して、もっと重要な北朝鮮問題なんかをスルーするかのような野党にはうんざりしてしまうという感覚だな。野党はおそらく戦略を誤っている。国民の関心事は森友でも加計でもなくて、北朝鮮の脅威なんだよ。

 北朝鮮のミサイル発射のタイミングで安倍首相が衆議院を解散するというのは、たしかにえげつないと感じる人もいるかもしれないけど、戦略としては正しい。実際に支持率も上がってきているし、おそらく自民党が勝つ。そして、憲法改正に一歩近づくことになる。北朝鮮問題を解決するのは、それもまた必要なことであって、安倍首相のやっていることはものすごく理に適っているわけだ。

 そういう意味でも、今回の選挙は今の日本にとってかなり重要なポイントとなりうるということなんだと思う。だからこそ、野党には中身のない安倍叩きなどではなく、しっかりと地に足をつけた現実的な政策を出してきてほしい。嫌味でも何でもなく、本当に心から頑張ってほしいと思っているよ。

 * * *
 安倍首相を支持しつつも、野党の健闘を願っている高須院長。果たして、今回の総選挙では与野党の有意義な議論が展開されるのか? 野党の頑張りにかかっている!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。

関連記事(外部サイト)