奇跡のローカル局ジャニーズ特番が実現した背景は?

奇跡のローカル局ジャニーズ特番が実現した背景は?

メ〜テレ『デルサタ』MCのよゐこ濱口

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ローカル局の“奇跡”ジャニーズ特番について明かす。

 * * *
「よゐこ濱口、ジャニーズ入り!? A.B.C-Zとの夢のステージを追った メ~テレ『デルサタ』スピンオフ特番を9月23日深夜1時32分から放送決定!」なるリリースが届いた。

“メ~テレ”とは東海3県(愛知、三重、岐阜)が放送圏の名古屋テレビの通称。テレビ朝日系列で、東山紀之がキャスターを務める『サンデーLIVE!!』(10月1日スタート)の制作にも同系列で在阪のABCテレビと共に携わっている。

 だが、『デルサタ』は、16年4月から毎週土曜日の朝、メ~テレのみで生放送してきたローカル番組。MCは件のよゐこ濱口優と地元・岐阜県出身の鈴木ちなみだ。

 そんなローカル番組のスピンオフ特番で、ジャニーズの5人組アイドルグループ、A.B.C-Zのコンサートツアー名古屋公演に濱口がサプライズ出演。オファーから練習風景、当日の舞台裏までの一部始終が「メ~テレ開局55周年記念番組」の一本としてオンエアされるというのだ。テレビに携わる人なら、これが“奇跡”に近いことがわかろう。

 関ジャニ∞やジャニーズWEST、関西ジャニーズJr.のレギュラー番組をもつ在阪局ならともかく、東海地方のメ~テレがジャニーズ事務所所属のアーティストと直に企画を進め、しかも特番にするまでには、いくつもの高いハードルがあっただろうと推察する。

 ローカル局と芸能プロダクションとの関係は在京キー局のそれと比べたら「希薄」といっていい。これはジャニーズに限らないことなのだが、地方制作のワイドショーで流れるエンタメ系のVTRは、「配信」といって、系列キー局の取材班が撮影してきた素材を送ってもらい、それを編集してオンエアしている。

 だが、コンサートなど長時間に及ぶものについては事前にキー局がピックアップした箇所をただそのまま受け入れるケースが多い。初めから終わりまで3時間超えの素材を配信してもらうには、膨大な時間とお金がかかってしまうからだ。

 メ~テレの場合、自社制作のオムニバスドラマや、映画化もされた連続ドラマの枠もあり、なかでも松井玲奈主演の『名古屋行き最終列車』は、『東京ドラマアワード2013』で「ローカル・ドラマ賞」を受賞したこともある人気ソフト。そんな“ドラマ班”は東京の芸能プロダクションとそれなりに太いパイプをもっているし、所属俳優を「出したい」とプッシュしてくるプロダクションもあるだろう。

 さらに自社制作のバラエティー番組に出ているお笑い芸人やタレントの事務所や、東海地方の平日朝6時~8時という時間帯に唯一、名古屋で制作をしている『ドデスカ!』のコメンテーターが所属する事務所とも“付き合い”もあるにはあるが、“現場レベル”だ。

 が、そうしたディレクターたちとジャニーズ事務所との直接の付き合いは、まずないといっていい。たとえば東海地方でのコンサートや出演映画の試写イベントなどがあったときも、メ~テレとの間に入るのは、レコード会社やPR会社、映画会社となる。

 そうした機会に街歩きのロケや、ちょっとした別企画を申し込もうとしても、間に入った人たちが「たぶん難しい」「このタイミングでは聞きづらい」などと渋い顔をして動いてくれない場面を何度も見てきた。それを言われた通りに現場に伝えてくる“担当”もいる。

「では私(筆者)が直接…」と申し出ると、やんわり拒否される。何に、誰に気を遣っているのかわからないが、地方ローカル局にとってジャニーズ事務所とはそれほど遠い存在なのか? それとも、いわゆる“忖度”なのだろうか?

 こうした環境で、なぜ、『デルサタ』スピンオフ特番という快挙が実現したのか。番組の体裁としては、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の“岡村オファーシリーズ”の「SMAP」や「オカザイル」を想像していただけばいいだろう。やはり“快挙”であり“奇跡”だ。

 そこには、『デルサタ』総合演出の石川智通氏の行動力と、スタッフを含む番組全体やタレントへの愛情の深さがあったからだと局内外で大評判だ。

 もともと『ドデスカ!』の曜日チーフディレクターだった石川氏が、『デルサタ』立ち上げのため、『ドデスカ!』から去ったのは15年暮れのこと。

 その後、「塚ちゃんに出ていただきたいのですが」と、当時、東京のバラエティー番組で異彩を放ちつつあったA.B.C-Zの塚田僚一をレギュラーにしたいと言い出した石川氏。

 氏の周りの誰もが「難しいのでは?」と感じていたし、実際、定期的に主演舞台をもつA.B.C-Zに、別日の名古屋ロケ+金曜夜に“前乗り”して土曜早朝のスタジオ生番組のレギュラー出演というのは、事務所としてもOKを出しにくいスケジュールだった。

 が、結果的に、塚田とメンバー最年少の橋本良亮、さらに両名が主演舞台などでスケジュールがとれないときには、トークに定評がある河合郁人がロケもスタジオも務める…という、名古屋のローカル局としては超異例のジャニーズがレギュラーの番組が誕生したのである。

 現在、東海地方の民放視聴率でトップに迫る視聴率を稼ぎだす(F2=35~49才の女性は民放トップを獲る回もある)ほどの人気番組として成長した『デルサタ』は、東海地方在住のA.B.C-Zファンに知名度100%であることはもちろん、他の地方住まいのファンにもよく知られている。

 そんなワケで、名古屋公演のコンサート会場にサプライズで濱口が登場したときのファンの歓声は、A.B.C-Zのメンバーが「僕たちよりも大きかった」と嫉妬するほどだったと聞く。

 件の石川智通氏は、「○○したいんですよね~」「□□がやれたらいいんですよね~」とソフトな言い方で希望を口にするのが癖なのだが、目の前の高いハードルをいつも軽やかに跳び越え、すべて実現してしまうのである。

 愛情をもって番組出演者と関わり、所属事務所とキチンと向き合い、順序立てて企画意図を丁寧に説明すれば、話はちゃんと通るということを『デルサタ』スピンオフ特番と石川氏が証明してくれた。

「特番にできればと思ってるんですよね~」は9月23日深夜に実現。全国のA.B.C-Zファンの強い要望を受け、いまは「全国ネットでオンエアできればいいですよね~」と言っている。メ~テレ『デルサタ』の総合演出、石川智通氏は、その高い高いハードルも跳び越えてしまうのかもしれない。

関連記事(外部サイト)