立川志の輔 同じ物語でも観る度に新鮮で説得力も増す

立川志の輔 同じ物語でも観る度に新鮮で説得力も増す

人気者・志の輔の魅力を落語通が紹介

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、いま最も客を呼べる落語家の立川志の輔について紹介する。

 * * *
 いま最も観客動員力がある落語家、立川志の輔。彼は通常の独演会で全国を精力的に廻る他、独特な「毎年恒例の企画公演」をいくつも行なっている。

 近代落語の祖・三遊亭圓朝が明治17年に人形町末広で15日間かけて口演した『怪談牡丹灯籠』。通しで演じると20時間は掛かるというこの長編人情噺を2時間半ですべて演じる「恒例牡丹灯籠 志の輔らくごin下北沢」(本多劇場)は2006年が初演。今年は7月後半に9公演行なわれ、僕は28日に観た。

 初演以来ほぼ毎年観ているのだが、まったく飽きないどころか観るたびに新鮮で、年に一度しか聴けないことが残念だ。それくらい、よくできている。

 公演は2部構成。第1部は浴衣姿の志の輔がステージに立ち、巨大パネルの人物相関図を用いて『牡丹灯籠』の前半部分を語る。ここには「カラン、コロン」で有名な怪談は出てこない。志の輔はこの第1部で、『牡丹灯籠』が「孝助という男が主人の仇を討つ物語」なのだということをわかりやすく教えてくれる。

 10時間分の内容を1時間に凝縮しながら、それが単なるあらすじではなく見事な「芸」になっているのは、自らの視点で物語を再構築してあるからこそ。最後は圓朝作品本来の流れから離れ、後半に出てくるべき「孝助がある男に出くわす場面」のさわりを演じ、「後半の主役はこの男です。いったい、この相関図の中の誰なのでしょうか」と、含みを持たせて前半を締めくくる。

 純然たる落語として演じられる後半、これが圧巻だ。萩原新三郎が幽霊に取り殺される怪談(「お露と新三郎」「お札はがし」)から、大金に目がくらみ新三郎を死に追いやった伴蔵夫婦のその後を描く「おみね殺し」「関口屋のゆすり」、そして孝助が仇討ちを遂げる結末(「十郎ヶ峰の仇討」)まで、10時間分の内容を1時間半で一気に語る。

 そこに「駆け足で演じた」感は一切ない。他の演者の通し口演にない密度の濃さは、上質の映画を観ているよう。原作にはないエピローグを付け加え、音楽を用いて感動のフィナーレを演出するのも、志の輔にしかない発想だ。

 志の輔は『牡丹灯籠』のストーリーを表面的になぞるのではなく、登場人物の内面を深く掘り下げている。とりわけ優れているのは悪事に手を染める伴蔵夫婦の描き方で、今年の口演では、女房おみねを殺そうと決意する伴蔵の心理描写に、これまで以上の説得力があった。これだから毎年観る価値があるというもの。未体験の方は来年の夏、ぜひ足を運んでいただきたい。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『僕らの落語』など著書多数。

※週刊ポスト2017年10月6日号

関連記事(外部サイト)