過激シーン続出の野島ドラマ 今後の主戦場は動画サービスか 

過激シーン続出の野島ドラマ 今後の主戦場は動画サービスか 

佐々木希と玉山鉄二が共演(『雨が降ると君は優しい』(公式HPより)

 野島伸司氏が脚本を手掛けたHuluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』。主演の佐々木希がセックス依存症に悩む女性を熱演する同作は、過激シーンが続出していることでも話題で、「90年代の野島ドラマの作風が復活した」との評価も出ている。このドラマの見どころと、野島氏がドラマを描く場として動画サービスを選んだ背景についてコラムニストでテレビ解説者・木村隆志さんが解説する。

 * * *
 Huluオリジナルドラマ『雨が降ると君は優しい』が16日、スタートしました。何と言っても話題は、野島伸司さんの手がける脚本。「3年の年月をかけた本当に描きたいドラマ」と言い切ったその物語は、過去の問題作を彷彿させる衝撃的なものだったのです。

 野島さんが衝撃的な物語を手がけていたのは、主に1990年代。『高校教師』(TBS系、1993年)で近親相姦、『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系、1994年)でいじめ、『聖者の行進』(TBS系、1998年)で知的障がい者虐待など、過激なモチーフを用いて社会現象を起こしました。

 その後、過激なモチーフは徐々に減り、近年ではファンタジーな世界観の『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系、2015年)や、ホームドラマの『OUR HOUSE』(フジテレビ系、2016年)などのほっこりとした作風に。しかし、今作は1990年代を思わせる、炎上必至の過激なモチーフが戻ってきたのです。

◆「セックス依存症」に立ち向かう夫婦

 野島さんが描こうとしているのは、男女の間に横たわる究極のカセ。それは、セックス依存症でした。しかし、セックス依存症を「性嗜好障害」という病気としてとらえ、それに立ち向かう純愛を描こうとするのが野島脚本。また、野島さんは番組ホームページ内で、「私の中にいる作家は、極限状態に置かれた人間の本質を描きたがります」と語っていました。「セックス依存症は人間の本質を描くための設定であり、単なる不倫ドラマとは一線を画す」と言いたいのでしょう。

 実際、第1話から「立木彩(佐々木希)が衝動を抑えられず、出会い系で名前も知らない男たちに抱かれてしまう」というセンセーショナルなシーンが続出。夫の立木信夫(玉山鉄二)を深く愛しているからこそ苦しみ、セックス依存症を治すために涙を流しながらカウンセリングを受けるシーンもありました。

 なかでも印象的だったのは、彩がカウンセラーに「体の中の血管がなんかムズムズしてきて。それから、固まって、赤い虫……ムカデみたいな……ザワザワ体中をはうような。それからどんどんボーッとして」「(無意識で)服を着替えてます。それも派手な。いつ買ったかも覚えていないんです。私自身が赤いムカデになって……」と吐露したセリフ。詩的で優しい描写の中で、心のひだをえぐるような鋭さを放つ、往年の野島ドラマそのものでした。

◆野島ドラマの主戦場は動画配信サービスへ

 純愛を追い求める野島ドラマは、ヒロインを輝かせることでも知られています。たとえば、1990年代では『高校教師』の桜井幸子さん、『聖者の行進』の酒井法子さん、『美しい人』(TBS系、1999年)の常盤貴子さんらが、ピュアなヒロインとして男女を問わず支持を集めました。今作でも、ヒロインの佐々木希さんがどの作品よりも美しく見えるのは、野島脚本によるもではないでしょうか。新妻の役だけに、4月に結婚したプライベートの姿が薄っすらオーバーラップするのも見どころのひとつです。

 その他のシーンでも、老作家が女性新人編集者の服を脱がせたり、出会い系にハマる同僚がいたり、上司がアルコール依存症だったり、彩が出会い系で知り合った男に襲われるなど、「さすが地上波ではなく、動画配信サービスのHulu」と思わせる過激なシーンが次々に訪れます。

 これは裏を返せば、「動画配信サービスなら、過激なシーンを思う存分書ける」ということ。すでに多くの作品を手がけ、ヒット作を生み出してきた野島さんは、ことあるごとに「視聴率に興味はない」と明言してきました。さらに、「地上波ドラマではコンプライアンス云々と言われてしまう時代に、Huluが『ここなら描いていいよ』と言ってくれて、とても感謝しています」とも語っています。

 今後は野島さんの主戦場が、規制の多い上に視聴率に関するネガティブな報道が飛び交う地上波ではなく、Hulu、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスに変わるかもしれません。もしそうなったら……衝撃作を連発という1990年代の再現もありえるでしょう。

◆物語にシンクロした主題歌にも注目

 主題歌にボズ・スキャッグスの名曲『We’re all alone』を選んだところも、まさに1990年代の野島ドラマ。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』でサイモン&ガーファンクルの『冬の散歩道』、『未成年』(TBS系、1995年)でカーペンターズの『Top of the World』、『美しい人』でジェーン・バーキンの『無造作紳士』が流されていたころを思い起こさせ、聴いているだけで、切なくも狂おしい世界観に引き込まれていきます。

 ちなみに、『We’re all alone』のサビを日本語意訳すると、「大丈夫だから、何も心配ないよ。忘れよう、すべてやり直そう。できると信じてみるから」「やり直すんだ。ぼくを抱きしめて」。包み込むような歌声とともに、歌詞も見事にシンクロした選曲は、さすがとしか言えません。

「課金ドラマなんて」と思うかもしれませんが、この作品に関しては迷うことなく、「見る価値アリ」です。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)