テレビの「局弁」最新事情 「おにぎり弁当」増加の理由

『局弁』事情をテレビ業界の人が告白 経費削減でおにぎり弁当が増加の傾向

記事まとめ

  • テレビ業界の中の人が、最近の『局弁』事情について語っている
  • 叙々苑の焼肉弁当をいつも食べられる番組はないといい、津多屋も減少しているらしい
  • 経費削減で出演者の弁当も800円程度で、代わりにおにぎり弁当が増加しているという

テレビの「局弁」最新事情 「おにぎり弁当」増加の理由

テレビの「局弁」最新事情 「おにぎり弁当」増加の理由

テレビの「局弁」がおにぎり化する理由は?

 一般企業はもとより、マスコミ関係でも経費削減の波は容赦なく押し寄せているようで…。テレビ業界の中の人が、昨今の「局弁」事情を明かす。

 * * *
「テレビの人はいつも『叙々苑』の焼肉弁当を食べてるんですよね?」と、ある雑誌の編集部員に聞かれて驚いた。

 答えはもちろん「NO」だ。『叙々苑』の焼肉弁当といえば、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)最終回のとき、中居正広がスタッフ全員に差し入れたり、ドラマのメーン出演者がクイズ番組で優勝したときに「スタッフ100人分」など、賞品として出されたりする“特別”なものである。

 カルビで一個2500円台、最高級のロースでは一個4000円近くにもなる『叙々苑』をいつも食べられる番組など、いまはどこにもないだろう。

 以前は「ロケ弁」「局弁」として人気で、本当によく出ていた『津多屋』や『金兵衛』などのパッケージを見かけることも少なくなってきた。

 経費削減の折、まず収録日におけるスタッフの弁当がなくなり(ADさんは、この局弁で生活していたのに…)、いまでは出演者の弁当も800円程度に抑えられているだろうか。マネジャーやスタイリストさんらの分が楽屋に大量に積まれる光景も見なくなって久しいし、段ボールに余った弁当を他の予算が少ない番組のデスクが「いただいても、いいですか?」とのぞき込むこともなくなった。

 代わって、よく見るようになったのが「おにぎり弁当」だ。昨今、都内では「おにぎり専門店」が多数出店され、人気を呼んでいる。その多くが寿司店のようにネタの種類で勝負していて、カウンターで好みの具のおにぎりと味噌汁をランチやディナーにする客で賑わっているのだ。

 そんな「おにぎり専門店」の中には、テイクアウトや宅配をしている店も多く、そうした店の「おにぎり弁当」をテレビ局がロケ弁、局弁として利用しているのだ。

 たとえば『Onigily』は中目黒にあり、宅配専門店だ。ポピュラーなのは、おにぎり2個に煮玉子、唐揚げなどが入ったパック。HPには「早朝ロケ、会議などにお役立ていただけるとウレシイです」とある。

『おむすび処 越後屋』も、ほぼ同様の内容で、両店共、具の種類が豊富で、季節によって混ぜご飯のおにぎりがあることも。つまり、日本人にとってはおなじみの鮭、梅干し、おかかなどだけではない、という特徴がある。

 二段重ねと一見豪華ながら、ごはんは「おにぎり」なのは、自由が丘(奥沢)で人気の総菜店『稲毛屋』のお弁当。おにぎり以外に、「日本の家庭料理」というべき豊富なおかずがウリだ。

 そして広尾駅近くで芸能人を始めセレブな顧客も多い『ALOHA FARM CAFE』は、人気の「スパムおむすび」を始め、俵型のおむすびに、トッピングともいうべき具材が載ったり、混ざったりしている、いわゆるインスタ映えするおにぎりが人気。人気おむすびが紙パックに3個入ったものは、お昼時の番組の「局弁」として「出演者の皆さんに大人気」(番組デスク談)と聞く。

 おにぎりだと、番組開始前に一つ、終了後にもう一つというふうに、好きな時間に好きな量を食べられるのも「便利だし気軽」と出演者にも好評だ。

 経費削減というと悲しい気持ちになるが、「トレンドのおにぎり弁当」と思えば気分も上がるし、見た目も中身も美味しいのだから文句も出ないだろう。イマドキのロケ弁や局弁、意外と庶民的なのだ。

関連記事(外部サイト)