高橋一生、星野源、横山裕…数字をもってる「36才男子」

高橋一生、星野源、横山裕…数字をもってる「36才男子」

いま数字をもってるのは36才男子

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、今旬の「36才男」に注目。

 * * *
「数字もってる」=視聴率を稼げるタレントを、日々テレビマンたちが血眼で探しているように、雑誌編集者らも「誰を表紙にすれば、誰の特集を組めば売れるのか」と日夜必死に考えている。

 昨今、女性人気が急上昇している男性タレントには、「共通点がある」と某女性誌編集長がいう。

 それは今年36才だということ。たとえば昨秋、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演し、その主題歌『恋』が大ヒット。大ブレイクし、「睡眠時間1時間」と女性週刊誌に報じられたばかりの星野源。

 そして『カルテット』(同)でメジャーとなり、『おんな城主 直虎』(NHK)で、柴咲コウ演じる“おんな城主”との絆に生きた小野但馬守政次を演じ、CM契約社数を急上昇させている高橋一生も36才だ。

 そんな高橋は、先月20日、『~直虎』で壮絶な死を遂げ、世の女性に「政次ロス」が広がっている。果たして放送回3日後に発売された“追悼アルバム”ともいうべき『鶴のうた』は、サントラ盤としては異例の2.5万枚を売り上げているという。

 そして、36才の横山裕(関ジャニ∞)が表紙やグラビアに登場した『anan』のSEX特集が「いまも売れている」と女性誌編集者の間でおおいに話題となっている。

 発売は8月9日。通常、翌週には新しい号が書店に並ぶ同誌だが、特集によっては継続して販売されるうえ、横山が登場したSEX特集は「通常の4倍ほど刷っている」とのことで「まだまだ動いている」というのだ。

 横山は、関ジャニ∞のメンバーとして全国区であることは間違いないが、いまや全曜日にレギュラーをもつ村上信五や、メインボーカルともいうべき渋谷すばる、イケメンとして人気が高い大倉忠義や錦戸亮に比べると、やや目立たない存在だった。

 それが『anan』で、淋し気な表情や優しい笑顔、約2年間、鍛えてきた腕や肩、胸などに「実は横山くんをいいと思っていた」とカミングアウトした女性がSEX特集を買いまくったというのである。

 星野、高橋もまた「魅力再認識」組である。実は女性というのは、「前から知っていた」「私のほうが(あなたより)古い」と女友達の前で自慢したいようなところがあるもの。

 以前から密かに目を付けていた横山、星野、高橋が一気にメジャーな存在となり、「ほらね」「やっぱりね」と今度は声を大にして熱き想いをアピールする女性たちが、彼らを「数字もってる」男たちにのし上げているというワケだ。

 調べてみると、V6の岡田准一や嵐の大野智に加えて、星野と共に“逃げ恥”で人気者の仲間入りをした大谷亮平も36才。大谷は今秋『片想い』(WOWWOW)に出演するが、彼が03年、韓国でモデルとしてブレイクする前から「知っていた」日本の女性ファンは、いま自慢で自慢でしかたがないだろう。

 そして、10年間、毎年「ブレイクする」と言われ続け、14年、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で大ブレイクした斎藤工も今年36才。まさしく「魅力再認識」組の一人だ。

 そんな「36才男子」は、年下のアラサー女性からも年上のアラフォー女性からも「圏内」。テレビでいうなら、F1層(20~34才の女性)もF2層(35~49才の女性)のどちらをも虜にしていることになる。

 ゴールデンタイムでは、このF1とF2の視聴率獲得を大命題に掲げている番組が大半であり、この層の数字が獲れていることはスポンサーへの大アピールにも繋がっている。

 10代、20代から地道に活動してきて、30代半ばになり大ブレイクした「36才男子」は雑誌もテレビも救う? 他にも、秦基博や、“ミュージカル王子”の一人・浦井健治、個性派俳優の浜野謙太も36才だった。

 そう言えば、高橋一生と浜野謙太は「キリン氷結」、星野源はやはり36才の妻夫木聡と「サッポロ」の“大人エレベーター”のCMで共演している。広告業界は既に「36才男子」ブームに気づいていたのかも?

関連記事(外部サイト)