元SMAP「新しい地図」はCF的手法 3日間で5.5億円の収入

【元SMAP稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が独立】『新しい地図』で中居正広へ声明か

記事まとめ

  • 元SMAP稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が独立し、ファンサイト『新しい地図』を立上げた
  • HPには隠しメッセージがいくつかあるらしく、中居正広へのものも含まれているという
  • また、再スタートは金銭的には楽観視できない状況だったのではと、芸能関係者は語る

元SMAP「新しい地図」はCF的手法 3日間で5.5億円の収入

元SMAP「新しい地図」はCF的手法 3日間で5.5億円の収入

元SMAP3人が9月22日に立ち上げたファンサイト

 50秒の動画が大いに話題となっている。逃げよう。自分を縛りつけるものから。ボーダーを超えよう。塗り替えていこう。などの文字が飛び込んできて、世界各地の街角を歩く後ろ姿の人々。軽やかな足取りと画面のところどころに隠される方位記号。真っ暗になった画面に「第2弾配信10.16」と浮かび上がる。これが多くの人を騒然とさせたのだ。

 そして、9月21日から22日になってすぐ、『新しい地図』というファンサイトが立ち上がった。稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(43才)、香取慎吾(40才)がジャニーズ事務所から独立して2週間後のことだった。朝になると朝日新聞と東京新聞の見開きいっぱいに、青空一面に手書きの方位記号が描かれた広告が飛び込んできた。

 東西南北を示すNEWSの手書き文字はS以外が反転。そのSのすぐ横には「新しい(NEW)地図(MAP)」と記されている。冒頭の動画もこの3人に関連したものだったのだ。

「新・SMAPを意味しているんだ!と嬉しくなりました。方位記号の“NEW”が反転していたのは“新しい”だけではないずっと“変わらない”SMAPという思いも隠されているといわれています。見るごとになにかメッセージが隠されているような気がして」(ファンの1人)

 その2日後には、無料インターネットテレビ局『AbemaTV』で、11月2日21時から3日間通しで行う生放送に3人が出演すると発表された。番組名は『72時間ホンネテレビ』。どのタイミングでも3人のうち誰かは出演するというもので、ファンからの質問に答えたり、芸能人宅にお泊まりする企画もあるという。

 次は何が発表されるのか。立て続けのビッグニュースに、ファンクラブの会員はこの数日間で記録的な数字に達した。

「『新しい地図』のファンクラブ会員はNAKAMAと呼ばれます。入会金1000円、年会費は4500円ですが、開始3日間で10万人が集まった。ざっと計算して5億5000万円の収入になったようです」(芸能関係者)

 絶好のスタートを切ったかに見える3人だが、「実は台所事情は苦しかったのでは」と芸能関係者が続ける。

「これだけのクオリティーのサイトや、プロデュース戦略をもっているわけですから、スタッフも超一流どころを揃えているようです。SMAP時代のコンテンツは使えず、3人のオリジナル曲もまだないため、CDも出せない。ライブもできません。再スタートに際して、金銭的には楽観視できない状況だったようです」

◆隠されたメッセージ

 そんな彼らにとって、「ファンクラブ設立」は必要不可欠だった。

「まだ何も活動していないのにファンクラブを立ち上げるのは業界としては順序が逆。それでも当面の運転資金を絞り出すには、ファンクラブという名目でネットを通じて資金提供を募るしかなかった。最近流行りのクラウドファンディング的な手法です。そのためにも、メッセージ性や最先端をいくようなスタイリッシュなイメージも含め、動画のインパクトが重要だったんでしょう」(前出・芸能関係者)

 実際、サイトの中には前述のほかにもメッセージが隠されているという。テレビ局関係者が言う。

「方位記号のデザインは3人のアイディアをもとに作ったものです。手書きの『新しい地図』の文字は、『新しい』を香取さん、『地』を稲垣さん、『図』を草なぎさんが書きました。見分けているファンもいるようです」

 こんな発見もあるという。

「ファンクラブ会員をNAKAMAとしたのは“Nは中居正広(45才)、Kは木村拓哉(44才)、Mは森且行(43才)の頭文字から取ったのでは?”という噂です」(別のファン)

 公開された動画のある人物も話題だ。

「中居くんの後ろ姿そっくりな人が出てくるんです。もちろん本物ではないんですが、ファンはやっぱり中居くんも気持ちがつながっているとみているようです。実際、業界では意図的に中居くんに似た後ろ姿の人を選んだのではないかともいわれています。“いつでも待っているよ”というメッセージでしょうか」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)