渡辺謙、斉藤由貴が不倫で大河降板に「やめてよ〜」の思い

斉藤由貴がNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板 同じく「ゲス不倫」報道の渡辺謙は出演

記事まとめ

  • 斉藤由貴が50代医師との不倫を認め、来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』を降板した
  • 一方、ジュエリーデザイナーとの「ニューヨーク不倫」が報じられた渡辺謙は出演の予定
  • 会見での“嘘”が明暗を分けたといわれているが渡辺は斉藤に対して頭を抱えているとも

渡辺謙、斉藤由貴が不倫で大河降板に「やめてよ〜」の思い

渡辺謙、斉藤由貴が不倫で大河降板に「やめてよ〜」の思い

斉藤由貴の大河降板に頭を抱える渡辺謙

「主演らしく、鈴木亮平さん(34才)は撮影前に出演者1人ひとりに声を掛けるなどして、雰囲気作りにかなり気を使っています。ただ、不倫というキーワードはもちろん、“パンツ写真”以降、何が不用意に騒動に繋がる話題かわかりませんから、なんとなくみんな探り探りって感じですね」(NHK関係者)

 7月上旬にクランクインしてから間もなく3か月。来年のNHK大河ドラマ『西郷どん』は、そんなビミョーな雰囲気の中で撮影が進む。

 放送前に予期せずして話題をさらってしまったのが、出演が決まっていた渡辺謙(57才)と斉藤由貴(51才)がそれぞれ報じられた「ゲス不倫」だった。

 渡辺は今年3月、20才年下のジュエリーデザイナーとの「ニューヨーク不倫」が報じられ、7月15日に謝罪会見。

 一方の斉藤は、8月上旬に50代医師との手つなぎ写真がスクープ。一度は会見で否定したが、ふたりのキス写真や、医師が斉藤のものと思われるパンティーを頭に被った写真が続々報じられ観念。9月11日、FAXで不倫を認めた。

 斉藤はその後CMやラジオを次々と降板し、ついには21日、『西郷どん』への出演取りやめが発表された。

「斉藤さんの役柄は、北川景子さん(31才)演じる篤姫の女中頭で、後に将軍の妻候補にまでなる重要なもの。実は、彼女を見出すのが渡辺さん演じる島津斉彬なんです。不倫が報じられた2人の揃い踏みに良くも悪くも注目が集まっていました」(スポーツ紙記者)

 結局、“奇跡の共演”は実現せず、一方が出演、一方が降板という結果に。会見でついた“嘘”が明暗を分けたといわれているが、渡辺は斉藤に対して「降板はやめてよ~」と頭を抱えているという。

「“NHKは斉藤を切って渡辺を選んだ”といわれていますが、それは違います。スポンサーの顔色をうかがわなくてもいいので、NHKは民放テレビ局に比べてスキャンダルに寛容だといわれています。もちろん犯罪は言語道断ですが、不倫騒動ではNHK側から降板を要求することはないといわれています。つまり、斉藤さんの降板は、彼女が自発的に決断したということなんです。

 そうなると、“斉藤由貴は責任を取ったのに、のうのうと出演しようとしている渡辺謙はどうなんだ”という批判の声が集まりかねません。斉藤さんの降板によって、“悪目立ち”する渡辺さんはさらなる『針のむしろ』状態に追い込まれたんですよ」(芸能関係者)

 渡辺演じる島津はこんな言葉を遺している。

「勇断なき人は事を為すこと能はず」

 現代のサムライにとっての勇断は──。

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)