芸人脚本家が増加 出る側の立場わかる、セオリー無視の強み

芸人脚本家が増加 出る側の立場わかる、セオリー無視の強み

脚本家として注目を集めているバカリズム

 11月公開の映画『泥棒役者』。かつての仲間に脅されて豪邸に忍び込んだ元泥棒が、素性がバレないようさまざまな人物になりきるコメディだ。監督・脚本は朝ドラ『とと姉ちゃん』(NHK)を手がけた脚本家・西田征史。彼はもともとお笑いコンビ出身。元芸人だ。

 ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の脚本を手がけたのは、お笑い芸人で俳優のマギー。2000年代に一世を風靡したコント集団「ジョビジョバ」のリーダーだ。

 他にも、今年の『27時間テレビ』(フジテレビ系)の中で時代劇を手がけたバカリズムや、去年『映画クレヨン しんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』の脚本を高橋渉監督と共同で手がけた劇団ひとりなど脚本家の芸人が増えている。その理由を探ってみたい。

◇時代を代表するスター脚本家の不在

 9月までのドラマの脚本家を見てみると、例えば『ひよっこ』(NHK)は岡田惠和氏、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)は遊川和彦氏、『ごめん、愛してる』(TBS系)は浅野妙子氏。さらに、10月から始まるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)は福田靖氏、『トットちゃん!』(テレビ朝日系)は大石静氏。来年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK)は中園ミホ氏と、いずれも人気ライターが並ぶ。

 20年前、1997年のドラマの脚本家の顔ぶれを見てみると、岡田氏は『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)、遊川氏は『智子と知子』(TBS系)、浅野氏は『ラブジェネレーション』(フジテレビ系)、福田氏は『名探偵保健室のオバさん』(テレビ朝日系)、大石氏は『ふたりっ子』(NHK)、中園氏は『不機嫌な果実』(TBS系)と、今と何ら変わっていない。つまりこれは下の世代が育っていないということではないだろうか。

 ほか思い出すライターでいえば三谷幸喜氏や宮藤官九郎氏だが、彼らも、もはやキャリア20年の大ベテラン。かつては山田太一氏、野島伸司氏といった時代をリードした脚本家がいたが、今この時代を象徴する書き手がいないのだ。

 そんなスター脚本家不在の中、すでに十分な知名度を誇り、またコントなどネタを書く力量のある芸人にオファーがかかるようになったのは偶然ではないだろう。

◇「出役」ならではの役者への「やさしいまなざし」

『カンナさーん!』を手がけたマギーは明治大学の仲間と結成した超人気コント集団「ジョビジョバ」のリーダー。2002年に解散するまでの10年間、演出、出演、脚本すべてを手がけていた。

 2006年、放送作家・鈴木おさむ氏と芸人で妻の森三中・大島美幸との結婚生活を綴ったエッセイのドラマ化作品『ブスの瞳に恋してる』(関西テレビ系)で連ドラの脚本家デビューを飾った後も、『山田太郎ものがたり』、『こちら葛飾区公園前派出所』(以上TBS系)、『地獄先生ぬ~べ~』『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(以上日本テレビ系)と、「原作」があるドラマを多く担当している。

『カンナさーん!』も『YOU』誌上に連載された深谷かほる氏による漫画を下地にしている。原作もののオファーがかかる理由はなぜなのか。

 以前ウェブのインタビューで彼は、「ほかの脚本家と自分が違う点として挙げるのであれば役者への愛情の注ぎ方」とし、「自分が嫌なことを他の役者にさせたくない」と語っている。確かに本作では役者への個人的な感情は抜きにして、みな人が良い役柄ばかりだった。

 つまりマギーは原作の魅力を読み解く目と、それを脚本に生かす腕はもちろん、舞台に立つ芸人であるがゆえに、俳優にその役をやらせたときにどう視聴者に見られるかもよく熟知している。そんな「客観的な視点」と「やさしいまなざし」という2つをバランスよく兼ね備えていると言えよう。

◇「セオリー」を軽々と越えられる身軽さ

 同じく芸人ならではの強みを発揮しているのがバカリズムだ。9月放送の『FNS 27時間テレビ にほんのれきし』の中で、戦国時代、幕末それぞれを舞台にした時代劇を手がけた。

 その執筆に際し、インタビューに答えた彼は、戦国時代について「正直思い入れは全くないです(笑)」と語り、「とにかく笑えるものにしよう」と筆をふるったという。

 時代劇はとかく時代考証を必要とするが、芸人の脚本家は、そうしたプレッシャーを過度に感じず、普段ネタを書く延長線上で制約なく書けるというメリットがあるのではないか。

 そんなバカリズムの「兼業」ゆえの身軽さが表れているドラマが、初の連ドラ担当作品となった『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)。最終話にこんな場面があった。

 劇中で放送されている刑事ドラマ「犯罪刑事(デカ)」の中で、主人公の「犯罪刑事」が殉死の直前、「たばこを吸わせてくれ」と同僚の「普通刑事」にお願いする。だが彼が言った言葉は意外なものだった。「俺、たばこ吸わないんだ。それに、たばこを外で吸うことは条例で禁止されている」。犯罪刑事はその答えにあっけにとられながら死んでいった。

 本業の書き手であれば、こうしたシニカルなセリフはおそらく書けないだろう。しかし、たばこ離れが進む時代の流れにあらがわず、さらりと笑いに変えてしまう“しなやかさ”をバカリズムは持っている。

 このように「芸人脚本家」は、その人が持つイメージをそのまま脚本に反映できるため、ある程度の無茶も許される。

◇新たな人材発掘への期待

 一時は底を見たドラマが、やはり面白いと言われ始めている。今後さらなる活性化のために、こうした脚本家芸人がさらに台頭してくることも十分考えられる。もちろんそれを本業にしている人々にとっては脅威だし、視聴者の厳しい目にもさらされる。事実、『カンナさーん!』の脚本の巧拙はSNS上で議論を呼んだ。より激しい生存競争にさらされることになるだろう。だがきっとその切磋琢磨が、次のスター脚本家を生むための大切な時間となるはずだ。(芸能ライター・飯山みつる)

関連記事(外部サイト)