イクメンから不倫男まで 隠れブレイク田中圭の“女房力”

イクメンから不倫男まで 隠れブレイク田中圭の“女房力”

隠れブレイクの田中圭(公式HPより)

 今年、多くの俳優がブレイクしたが、そのなかにひとり“隠れブレイク”とも言うべき人がいる。田中圭(33才)がその人で、幅広い役柄でドラマに起用されているのだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその魅力に迫る。

 * * *
 現在放送中の秋ドラマで、意外なキャラクターが人気を集めています。

 そのキャラクターは、『民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で田中圭さんが演じる佐藤公平。妻の佐藤智子(篠原涼子)が市議会議員となり市民のために戦う一方、公平は「転職を繰り返すフリーターだったが、上司と口論して退職してしまい、専業主夫になる」という頼りない男性です。

 いわゆる“ダメ男”にもかかわらず女性たちの支持を集めている理由は、笑顔で子育てに励むイクメンぶり。専業主夫として、家事や子どもの送り迎えをこなす姿に、「癒される」「かわいい」という声が続出しているのです。

 田中圭さんは中性的なルックスから、「温厚なキャラクターばかりを演じている」と思われがちですが、決してそんなことはありません。高橋一生さんと竹内涼真さんが「2017年のブレイク俳優」なら、田中圭さんはドラマ10作に出演した「2017年の隠れブレイク俳優」であり、さまざまな役柄を演じました。

◆「イクメン夫」が似合う俳優の需要増

『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では不倫に走る男・丸井良男、『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)ではニューヨーク帰りの敏腕社長・雄島佳介、『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)では主人公の片腕として活躍する刑事・刑部公平、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)では結婚詐欺に遭うなど悩みを抱える医師・森本光など、想像以上に役柄の振り幅が広いのです。

 なかでも今作の「イクメン」という役柄は、視聴者の持つ「俳優・田中圭」のイメージに合致するため、反響が大きくなっているのでしょう。

 また、近年「女性が仕事で活躍し、男性がそれを支える」という作品が増えているため、「イクメンの似合う俳優が夫役にキャスティングされやすい」という傾向があります。実際、今年の作品でも『下剋上受験』(TBS系)の阿部サダヲさん、『母になる』(日本テレビ系)の藤木直人さん、『セシルのもくろみ』の宇野祥平さんがイクメンを演じました。その意味では、今後も田中さんに同様のオファーが届くでしょう。

◆「穏やか」「受け身」からのギャップ

 田中さんの持ち味と言えば、男性ながら“女房役”をイメージさせる演技。『民衆の敵』では文字通り専業主夫を演じていますが、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)では不倫相手の鳥居小雪(大島優子)、『恋がヘタでも生きてます』では部下で恋人の茅ヶ崎美沙(高梨臨)、『警視庁・捜査一課長』ではリーダーシップの強い上司・大岩純一(内藤剛志)の女房役と言える立ち位置から、相手を引き立てるような抑えた演技を見せました。

 さらに、女房役のような立ち位置に回れるからこそ、「ギャップを生み出せる」のも魅力の1つ。ふだんは視聴者に「穏やか」「受け身」のキャラクターと思わせておきつつ、時折「ドキッ」とするような言動をすることで、ギャップを感じさせてくれます。

 たとえば、『東京タラレバ娘』では理想的な男性と思わせておきつつ、時折不倫を開き直るような言動をしていましたし、『恋がヘタでも生きてます』では穏やかな物腰ながら、突然ヒロインに強引なアプローチをするシーンがありました。基本的なポジションが「穏やか」「受け身」の分、ギャップが大きくなり、必然的にSNSでの反響も大きくなるのです。

◆“二番手の男”から“一番手の男”、そして主演へ

 今後も女房役という立ち位置のオファーは多いでしょうが、「主演の田中圭も見たい」という待望論があるのも事実。実は着々と、その立ち位置が近づいてきているのです。

 田中さんは長年、『アイムホーム』(テレビ朝日系)でヒロイン・家路恵(上戸彩)の元恋人で未練を持つサッカークラブのコーチ・本城剛、『家族ノカタチ』(TBS系)でヒロイン・熊谷葉菜子(上野樹里)の元夫・高瀬和弥のような“二番目の男”を務めてきました。しかし、前述したように、今年は“一番手の男”として好演を連発するなど、明らかに立ち位置が上がっているのです。

 過去作で印象的だったのは、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』(NHK)。田中さんは石田三成を熱演して、終盤には主役級の存在感を見せましたが、来年はそのような演技を見せてくれるのではないでしょうか。2017年の隠れブレイクをきっかけに、2018年は田中さんの新境地が見られるのでは、と期待しています。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)