「好きな男性アナランキング」に見る人気男性アナの共通点

「好きな男性アナランキング」に見る人気男性アナの共通点

「好きな男子アナ」1位の羽鳥慎一(事務所HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、「好きな男性アナランキング」でもわかる、人気男性アナたるポイントを解説。

 * * *
 先週の「好きな女性アナウンサーランキング」に続いて、オリコン調べによる「好きな男性アナウンサーランキング」が発表された。

 ベストテン順位は、羽鳥慎一(フリー)、武田真一(NHK)、青木源太(日テレ)、清水俊輔(テレ朝)、富川悠太(同)、伊藤利尋(フジ)、辻岡義堂(日テレ)、古舘伊知郎(フリー)、登坂淳一(NHK)、生田竜聖(フジ)各アナという面々。

 いずれも、帯番組や人気番組で見かける、顔と名前が一致するアナばかりだが、彼らはいくつかの共通項でまとめられる。

 まずは、「硬軟どちらの番組も仕切れる」ということだろう。1位の羽鳥アナは現在、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の視聴率が絶好調。前番組の『グッド!モーニング』からの流れもひじょうによく、またぎの“掛け合い”で、『グッド!~』のコメンテーターやMC陣をいじるのは“お約束”だ。

 たいがい、『~モーニングショー』で扱う軽ネタを元にした無茶ぶりなのだが、お陰で、新入りの福田成美キャスターは、アドリブ力が磨かれたし、毎回、羽鳥アナの目論見にそぐわない回答をする中尾彬とのやりとりでは、漏れなく笑いが生まれる。

 古巣・日テレで局アナ時代から担当するバラエティー番組での仕切りは“軟”がメインで、『24時間テレビ』では先輩・徳光和夫アナに勝るとも劣らない量の涙を見せ、『~モーニングショー』では“硬”ネタを器用に展開する羽鳥アナ。

 今回、ベストテンには入っていないが、「硬軟どちらもできる」ということで、テレビ朝日のアナウンサー試験で男子学生が目標に掲げる同局の男子アナというのが大熊英司アナだと聞いたことがある。

 大熊アナと言えば、長年、週末のストレートニュース読みを担当する“報道の顔”でありながら、『「ぷっ」すま』のレギュラーを長く務め、草なぎ剛やユースケ・サンタマリアという、番組中の言動が読めないタレントを見事に仕切ってきた。

 実は今回のベストテンで、これまでにも増して如実に表れているのが「ジャニーズ」というキーワードである。

 1位の羽鳥アナは、SMAPや嵐との共演が多く、ジャニーズのタレントがメインパーソナリティーを担当し続けている『24時間テレビ』をフリーになった後も続けている。さらに、音楽祭の司会や、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ゴチになります」ではTOKIOの国分太一と共演している。

 そして、今回初のベストスリー入りを果たした青木源太アナは、ジャニーズ好きとして全国的に知名度を上げており、時折、コンサート会場の客席に彼が姿を現すと、ファンの皆さんから大歓声が上がる。もちろん、日テレが出資しているジャニーズ映画の完成披露試写会の司会は青木アナ。最近はジャニーズ関連の“囲み取材”でリポーターらに混ざってマイクを握ることもある。

 実は青木アナ、初めてランクインした昨年の時点で「ジャニーズファンの皆さんのパワーを改めて感じました」と“ジャニーズ票”の大きさを認識し、感謝している。

 MCを務める『PON!』内のコーナー、「ジャニッPON!」でのイキイキした様子がジャニーズのタレントたちからも面白がられ、いまや相思相愛状態。日テレ内でも青木アナを「売り出そう」という動きが、桝太一アナが殿堂入りした一年程前から盛んになり、今年は高畑充希主演のドラマ『過保護のカホコ』にも出演したほどだ。

 テレ朝の清水俊輔アナも『中居正広のミになる図書館』や『関ジャニの仕分け∞』でおなじみだし、辻岡義堂はKAT-TUNの亀梨和也“プロデューサー”とのコラボでおなじみの『ズームイン!!サタデー』のMCや、『シューイチ』レギュラー時代は中丸雄一と共演していた。

 そして生田竜聖アナは、御存知、生田斗真の実弟で、竜聖が出演する情報番組では兄弟共演が実現している。

 先日発表された「好きな女性アナウンサーランキング」で2位になったテレビ朝日の大下容子アナも、『SmaSTATION!!』での香取慎吾とのやりとり、SMAPやSMAPファンへの温かいコメントなどがモニターの選出理由として記されていたことでもわかるように、いま、このランキングで「ジャニーズ」は欠かせないキーワードなのである。

 最後は「実年齢より若く見える」ということだ。出演番組で特に年齢が明かされるような場面がない男性アナウンサーは、「若く見られるほうが仕事がある」そうだ。

 たとえば『めざましテレビ』の三宅正治アナのように、見るからにオジサンっぽい男子アナに軽いコーナーをやらせるワケにはいくまいと局側は判断する。視聴者も“見た目年齢”を重視するため、“チョイ役”では違和感を覚えてしまうのだ。

 一方、男子アナの中には「永遠の若手」と揶揄されるタイプがいて、そういうアナはフットワークが軽く見えるうえ、たとえメインを張っていなくても、視聴者が「気にならない」というのである。

確かに羽鳥慎一アナは来年3月で46才、武田真一アナは50才、伊藤利尋アナは45才と実はアラフィフ。清水俊輔アナは37才、青木アナは34才と、やはりみな実年齢よりも若く見えるし童顔だ。登坂アナも白髪を除けば顔だちは若々しいし、63才の古館アナも、決してその年齢には見えない。

 実はテレビでは以前から「オジサンがオジサンを好きだとは限らない」と言われている(オバサンも同様)。つまり、オジサン視聴者がオジサンの出演者に視聴意欲をそそられるわけではない、という意味。特に男子アナの場合は、機動力を求められるため、見た目年齢の若さがひじょうに重要になってくるということなのだ。

 この文脈でいうと、「殿堂入り」して久しいTBSの安住紳一郎アナは、「硬軟どちらの番組も仕切れて」「ジャニーズとの仕事も多く」「実年齢より若く見える」と“三拍子“揃っている。ランキング圏外の男子アナは参考にしてほしい。

関連記事(外部サイト)