追悼2017 野際陽子さん、小林麻央さん他、女性芸能人たち

追悼2017 野際陽子さん、小林麻央さん他、女性芸能人たち

肺腺がんにより81歳で亡くなった(写真:女性セブン)

 2017年を振り返れば、多くの人が旅立った。彼らの活躍や生き様は、私たちの目に、心にしっかりと刻まれている。この1年で惜しくもこの世を去った女性芸能人たちを紹介する。

●月丘夢路さん(女優、享年95)
 1937年宝塚音楽歌劇団に入団、娘役スターとして人気を博す。在団中に出演した映画『新雪』(1942年)が大ヒットし、退団後は映画女優として活躍。代表作は『ひろしま』(1953年)、『美徳のよろめき』(1957年)など。5月3日、肺炎のため没した。

●小林麻央さん(フリーアナウンサー、享年34)
 上智大学在学中に『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)に出演し注目を集め、2006年『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のサブキャスターに抜擢。2010年に歌舞伎役者の市川海老蔵と結婚した後、2016年5月、乳がんであることを公表。今年6月22日、「愛してる」の言葉を最後にこの世を去った。

●野際陽子さん(女優、享年81)
 NHKアナウンサーを経て、ドラマ『キイハンター』(1968年)で人気女優の仲間入りを果たす。同作で共演した千葉真一(写真左)と1973年に結婚、1975年に一女(女優の真瀬樹里)をもうけるも、1994年に離婚。『ずっとあなたが好きだった』(1992年)で見せた、息子を溺愛する母親役の怪演が話題を呼んだ。ドラマ『やすらぎの郷』放映中の6月13日、肺腺がんのため死去。

●ペギー葉山さん(歌手、享年83)
 大ヒットした『南国土佐を後にして』『ドレミの歌』ほか、2000曲以上の楽曲を世に送り出した昭和の歌姫。夫の俳優・根上淳とは芸能界きってのおしどり夫婦で知られ、根上が脳梗塞で倒れてから7年間在宅介護を続けた。今年デビュー65周年を迎えたが、4月12日に肺炎により死去。

●京唄子さん(芸人・女優、享年89)
 故鳳啓助との夫婦漫才で大ブレイク。トーク番組『唄子・啓助のおもろい夫婦』は2016年に及ぶ長寿番組となった。1965年に離婚するもコンビは継続。女優としても活躍し、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)は代表作となった。4月6日、肺炎のため死去。

※週刊ポスト2017年12月22日号

関連記事(外部サイト)