田原俊彦と研ナオコが13年ぶり共演 支え合う特別な存在

田原俊彦と研ナオコが13年ぶり共演 支え合う特別な存在

13年ぶりに共演、デュエットを披露した2人(研ナオコのInstagramより)

 12月8日、『爆報!THEフライデー』(TBS系)で研ナオコと田原俊彦が久しぶりに共演した。もともと同じレコード会社だった2人は1985年の『カックラキン大放送!!』(日本テレビ系)で親交を深め、プライベートでも交友する仲に。同年7月にはToshi & Naokoとして『夏ざかりほの字組』(作詞・阿久悠、作曲・筒美京平)を発売し、売上は20万枚を突破。当時の人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)にも9週にわたってランクインし、最高位2位を記録した。

 研は今年3月21日、梅沢富美男劇団特別公演『アッ!とおどろく夢芝居』の舞台中に足を滑らせて転倒し、大腿部頸部を骨折。病院に救急搬送されていた。番組によれば、入院直後は歩行もままならない状態だったという。

 そんな時、田原が突然、お見舞いに現れた。病室では終始ふざけていた田原だったが、帰り際に「ナオコさんは俺にとって、特別な存在だからさ」と言い、「また2人で歌おうよ」と激励したという。芸能記者が話す。

「田原がバッシングされている頃も苦境に陥っている時期も、研は変わらずに接してくれた数少ない人物。1994年のジャニーズ事務所独立後も、研は『華麗にAh!so』(テレビ朝日系)や『たかじん・ナオコのシャベタリーノ!』(TBS系)など自分の番組に呼んでいた。仲良い人には言葉がぶっきら棒になりがちな天邪鬼な田原を、研はうまく突っ込むことで笑いに変えていました。

 田原のメディア出演の少なくなっていた2004年にも、2人は19年ぶりのデュエット曲となる『恋すれどシャナナ』を発売しています。今年の田原の新曲リリースライブや夏のコンサートには、研から花が届いていました」

 田原の言葉に奮起したのか、研は懸命にリハビリに励み、全治3か月の診断のところを1か月で退院。そしてこの日、2人は13年ぶりに『夏ざかりほの字組』をデュエットした。

「田原は多くを語らないタイプなので、真意が伝わらず、誤解されることもある。それでも言い訳をしないので、ドツボにハマってしまうこともある。研は田原の照れ屋な性格をよく知っている。だからこそ、『特別な存在』『また2人で歌おう』という言葉は格別に嬉しく、元気が出たのだと思います」(同前)

 辛い時、助け合うことができるのが本当の仲間だと2人が教えてくれた。

関連記事(外部サイト)