菅田将暉の父が語る教育論と転機になった福山雅治ライブ

菅田将暉の父が語る教育論と転機になった福山雅治ライブ

菅田将暉の父で経営コンサルタントの菅生新さん

 キリッとした目元と眉、穏やかながら意志の強さを感じる瞳が、否応なく“息子”の眼差しと重なる。

「若い頃はもっと似ていましたよ(笑い)。最近はどこに行っても長男の話ばかり聞かれます。とりわけ父親の方からは“どうしたらあんな好青年が育つのですか?”と、教育に関しての質問が多いんです。私の子育て経験がお役に立つのであればと思い、今回お話しさせていただくことにしました」
 
 そう語るのは、大阪市立大学非常勤講師で経営コンサルタントの菅生新さん(58才)。人気俳優、菅田将暉(24才)の父親である。12月7日、著書『スゴー家の人々~自叙伝的子育て奮戦記~』(トランスワールドジャパン刊)を上梓し、菅田を含む3人の子育て奮闘記を記した菅生さんが、父子の秘話を明かしてくれた。

 1993年2月21日、妻・好見さんの実家で、菅生家の長男として誕生した菅田。取り上げたのは助産師ではなく、菅生さん本人だった。

「完全な自然分娩です。事前に性別の検査もしていなかったので、元気な男の子の誕生は本当に嬉しかった。私がへその緒を切ると、長男は『ふえぇ!』と大きな声で泣き出しました。あの瞬間の感動は、生涯忘れられません」(菅生さん。以下「」同)

 その後、次男、三男と3人兄弟に恵まれる菅生さんだが、全員自宅出産にこだわった。下の2人の子供に至っては妊娠発覚から出産まで病院に一度も行かず、母子手帳さえなかったという。

「命がけで出産に挑む母親の姿や、生命の誕生という奇跡を、病院任せにせずしっかりと子供に見せてやりたかったんです。下の子の出産の際、長男はずっと母親の傍にいて『お母さん、頑張れ!』と声をかけ続けていました。うちは家族仲が非常にいいのですが、それも誕生の瞬間から全員で立ち会ったことが大きな要因だと思います」

 父親となった菅生さんは、まず「親の役割」について自らに問いかけた。複雑な生い立ちゆえに、理想の父親像が定められなかったからだ。

「私が小学5年生の時、両親は離婚しているんです。原因は父親が愛人をつくったこと。両親の修羅場もこの目で目撃しており、父親という存在にいいイメージがなかった。幸いにも素敵な妻に出会い、自分自身も父親という立場になった時、最初に考えたのは、『ぼくならどういう父親が欲しかったか』ということでした。それは、仕事も家庭も全力投球してくれる人だろう、と。だからこそ、私は子供を理解し、子供を尊重し、子供の将来を豊かなものにするために全力を尽くそうと決めました」

 大阪在住ながら、経営コンサルタントとして全国各地を飛び回ることも多い菅生さんは、自身の講演会にも菅田や弟たちを連れていき、場合によっては受付業務も菅田に任せていたという。

「自分の食べているご飯を、父親はどうやって稼いでいるのか。現場でそれを見せるべきだと思ったし、何よりも父親の職場を見せることは、社交性と礼節を学ぶ絶好の機会だと思ったんです。長男は今でも天狗にならないし、誰に対しても本当に礼儀正しい。われながら親バカだと思いますが、こうした経験が糧になっているのだと思います」

◆福山さん、すごく気持ちよさそうだった

 勉学に励み、将来は有名大学に進学してほしいと願っていた菅生さんだが、転機はまもなく訪れた。中学1年生の春、菅田が母親と一緒に福山雅治のライブに行ったときのこと。

「帰宅して感想を聞いたら、『福山さん、すごく気持ちよさそうだった』と答えたんです。普通の中学生なら、100人中100人が『福山さん格好よかった』『歌がうまかった』と答えるでしょう。『気持ちよさそうだった』という言葉は、ステージ上の彼と自分を重ね合わせないと出てこない。この子は将来舞台に立つ仕事をするかもしれない、と思い始めました」

 以降、菅生さんは菅田に対し、舞台やライブ、漫才まで、ことあるごとに生の演劇を見せることにこだわった。

「それが何よりも将来の財産になると思ったからです。私自身、学生時代は東映の太秦撮影所で時代劇のエキストラ出演のアルバイトをしていましたし、演劇が遠い世界ではありませんでした。撮影現場の見学にもしょっちゅう長男を連れていったし、映画もたくさん見に行った。当時100万円以上した大型液晶テレビを購入し、『フォレスト・ガンプ』や『スタンド・バイ・ミー』などの名作を大画面で何度も見せました」

 芝居や映画を見た後、必ず子供たちに感想を聞くようにしていた菅生さん。ここでも菅田は、「面白かった」といったありきたりな表現は絶対にしなかったという。

「どのシーンがなぜよかったか、深く考察して言葉にするんです。この頃には、長男は将来的に役者になるという確信がありました。本人もまた、演技への興味を強く持ち始めていました」

 校内一のイケメンとして女性人気も抜群だった菅田のもとには、スカウトも多かった。しかし、事務所選びからオーディション参加まで、すべて菅生さんが主導した。

「とりあえず芸能界に入ればいい、というスタンスではなく、『役者になる』という明確な目標を持っていましたから。知人の芸能関係者には何度も相談したし、その道につながりそうな自分の人脈はフル稼働しました。選んだ事務所で長男の人生が変わるかもしれないのですから、ステージパパと言われようとも父親としてとことん前に出ました。長男が高校1年生の時に今の所属事務所に出合ったのですが、面談には私も同席しました。長男以上に私がしゃべってしまい、『お父さんは黙っていてください』とたしなめられたほどです(苦笑い)」

 晴れて事務所に所属後、大阪の進学校から東京に転校した菅田を、家族は涙ながらに見送ったそうだ。

「特に弟たちは泣きじゃくっていました。三男はまだ小学3年生でしたから。『兄ちゃんがいなくなってもうた』って、学校にいても何をしても、ふとした時に涙が止まらなくなるんです。あとで聞いたら、妻も最初の頃はお風呂でよう泣いていたそうです。まだ15才の子供が親元を離れるのですから、つらかったはずです」

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事(外部サイト)