歌番組のコラボ企画、実現までの苦労と覚悟のネット炎上

歌番組のコラボ企画、実現までの苦労と覚悟のネット炎上

大型歌番組では驚きのコラボが次々実現(番組HPより)

 嵐×乃木坂46、Sexy Zone×モーニング娘。’17、Perfume×水卜麻美アナ(30才)×近藤春菜(34才)など、あっと驚くコラボを連発し15%を超える視聴率を獲得したのは日本テレビ系『ベストアーティスト2017』(11月28日放送)だ。

 これに負けじとフジテレビ系『2017FNS歌謡祭』は、二夜(12月6日、13日)にわたって平井堅(45才)×欅坂46・平手友梨奈(16才)、ゆず×三浦大知(30才)など“初顔合わせ”のコラボや、初代モーニング娘。の復活など、スペシャル企画を次々と繰り出して応戦し、アツ~い視聴率バトルを繰り広げた。音楽評論家の富澤一誠氏が解説する。

「近年、年の瀬の大型歌番組はテレビ局にとっては高視聴率が期待できる優良コンテンツ。しかし、これまでのように、ただアーティストに歌わせるだけでは視聴者に見てもらえない。そのためにテレビ局も巨額な制作費を使い、これまで見たことのない組み合わせのコラボを次々と実現させている。アーティスト側も、旬な人物や他のアーティストと組むことによって、新鮮味や箔をつけることができる。今後もこの流れはしばらく続くと思いますよ」

 テレビ局がコラボの組み合わせを提案することが多いが、アーティストから企画を持ち込まれる場合もあるという。フジテレビ関係者が話す。

「『FNS歌謡祭』では、奥田民生さんが初出演を果たしましたが、これはTOKIO・長瀬智也さんからの熱烈なオファーで実現した。番組への出演には積極的ではなかった民生さんに長瀬さんが“ぼくの青春の象徴である『さすらい』を一緒に弾き語りしたいんです”と熱弁をふるい出演が決まったそうです」

 各局が力を注ぐ音楽特番だけに、出演者はその年を象徴するアーティストや、往年の大スター、人気アイドルと、多忙なスケジュールに追われる人気者ばかり。コラボの場合、練習時間の少なさに苦悩するという。

「『FNS歌謡祭』の一夜目はグランドプリンス新高輪・飛天の間で行われました。19時からの生放送にもかかわらず、出演する全アーティストが午前11時までに会場入りし、本番ギリギリまで練習していました。まさに“一夜漬け”でパフォーマンスを披露しているんです。初めて参加したスタッフは“ほとんどぶっつけ本番じゃん”と驚いていました」(前出・フジテレビ関係者)

 実際、『ベストアーティスト2017』でRADIO FISHとコラボしたNEWSの手越祐也(30才)が、メンバーに舞台裏を暴露されている。

「チャラチャラしているように見えていちばん練習してた。Perfumeさん(の出番)がおれら(NEWS)の1つ前だったんですよ。でも手越は(Perfumeが歌う)『ポリリズム』を全然見ないで、ひとりで練習してました。もう目バキバキで(笑い)」

 日本を代表するトップアイドルさえもが骨を折るコラボ。だからこそ、視聴者も胸を躍らせるのだろう。数あるコラボの中でも双方のファンをやきもきさせたのが、『ベストアーティスト2017』での嵐×乃木坂46のコラボだ。

「ジャニーズが女性アイドルとコラボするなんて前代未聞です。日本を代表するアイドルグループとの共演を見てみたいと思っていた人は多いはず。画期的な試みですよね」(前出・富澤氏)

◆だが、“事件”も起きる

 だがこの“夢のコラボ”が、思わぬ波紋を広げてしまう。嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』を披露した2組。普段は櫻井翔(35才)が担当するラップ部分を、この日は乃木坂46が任されることとなったが、“事件”はここで起こった。

 乃木坂46の新エース・齋藤飛鳥(19才)が「今日もテレビで言っちゃってる」という歌詞を「今日もどこかで言っちゃってる」と歌い間違えてしまったのだ。しかも、本人は気がつかぬまま、最後まで熱唱。歌い終えた後は大仕事を成し遂げた充実感からか満面の笑みを浮かべていた。

 しかし、この「歌詞間違い」に激怒したのが一部の嵐ファンだ。

〈初っ端からデカイ声で歌詞間違えやがった、許さん〉
〈他人の曲歌わせてもらうのに歌詞間違えるのは有り得なくない?〉

 大炎上する一方、乃木坂46ファンも黙ってはいない。

〈この世に間違えたことのないやつなんていないやろ!〉
〈乃木坂が歌詞間違えただけで怒る嵐ファンってほんとなんなの〉

 と大反撃する論争に発展。

 最終的には齋藤本人が〈嵐さんとコラボさせて頂いたんですが、わたしどうやら歌詞を間違えてしまったみたい(中略)嵐の皆さん、嵐ファンの皆さんへ、ここで発信したところで届くはずがないのはわかっておりますが、とにかく早くごめんなさいをしにきました〉と謝罪して騒ぎに終止符を打った。

 この齋藤の迅速な対応は嵐ファンからも〈嵐に緊張しちゃったんだよね? 大丈夫だよ! むしろ、嵐がそれだけ偉大って事が分かって嬉しかった!〉と好感を得た。

 だが、炎上コラボについて日テレ関係者は声を潜める。

「ぶっちゃけ、アイドル同士のコラボは炎上覚悟です(苦笑)。そもそもコラボを発表した時点でネットは荒れています。でも、そうして炎上してくれたら、番組を見てくれますから。ただし、アイドル同士の場合、他のアーティストたちと違って本人たちに演出を任せるということはしません。目線を合わせるとか距離感なども、充分に配慮した演出にしています」

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事(外部サイト)