紅白辞退者も出たい『MステSP』等紅白以外の歌番組の魅力

紅白辞退者も出たい『MステSP』等紅白以外の歌番組の魅力

紅白辞退者も喜んで出演するという『Mステ』(番組HPより)

 年末年始に控える大型音楽番組は『紅白歌合戦』だけではない。12月22日に放送される『ミュージックステーションスーパーライブ2017』(テレビ朝日系)は4時間を超える生放送。2017年は史上最多の47組の出演者が一堂に会し、観客を前に生ライブで共演する。

「制作費は2億円前後という大型番組です。紅白の出演を水面下で辞退したアーティストも『Mステ』には喜んで出ると業界で囁かれている。大勢の観客の前でパフォーマンスできるライブ感が、純粋に音楽を楽しめると評判」(音楽業界関係者)

 アーティストから絶大な人気を得る陰には司会のタモリ(72才)の存在もあるという。

「タモリさんと共演できるなら、というアーティストも多いと聞きます。博識でアーティストの魅力を引き出してくれるタモリさんと共演することで、音楽だけでなくいろいろな面で影響を与えてもらえると感じているようです」(前出・音楽業界関係者)

『第59回輝く!日本レコード大賞』(TBS系・12月30日放送)の賞レースの行方にも注目が集まっている。音楽評論家の富澤一誠氏はこう話す。

「近年誰がとるの?というワクワク感がなくなっていたレコ大ですが、2017年は違う。秋元康氏がプロデュースするアイドルグループによる大賞争いは必見です。最有力候補はミリオンセラーを記録した乃木坂46の『インフルエンサー』でしょう。もしとれば先輩グループのAKB48を追い抜いたことになる。大注目です」

 富澤氏が大晦日、本誌・女性セブン読者に紅白以上におすすめするというのがテレビ東京系『年忘れにっぽんの歌』だ。石川さゆり、坂本冬美、細川たかしなど、演歌界の超大物が勢揃い。しかも2017年は2013年の紅白卒業以来、年末特番出演を控えていた北島三郎が、久しぶりに“大晦日”に帰ってくる。

「紅白に出ている歌手が誰だかわからないという世代にはぴったり。50回記念大会ということもあって3年ぶりにゴールデン枠に復活し6時間ぶっ続けで放送するという圧巻の内容です。高齢の視聴者を気遣って16時スタートというのもテレ東らしい(笑い)」(富澤氏)

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事(外部サイト)