野村沙知代さんの素顔 「主人に従順で命がけで家を守る」

野村沙知代さんの素顔 「主人に従順で命がけで家を守る」

実は驚くほど家庭的な女性だった沙知代さん

 元プロ野球選手の野村克也さん(82才)の妻・野村沙知代さんが12月8日、虚血性心不全で亡くなった。85才だった。

 メディアのなかでも大活躍したサッチーだが、数々の騒動を起こしてきた。いわゆるミッチー・サッチー騒動のほか、脱税で逮捕されたこともある。トラブルメーカーという見方をする人もいたが、克也さんはつねにサッチーをかばい続けた。沙知代さんをよく知る知人はこう話す。

「世間のイメージとは真逆で、彼女ほど家庭的な女性はいません。テレビの仕事でどんなに忙しくても、夫と子供に食べさせる食事は絶対に手料理。料理もとても上手で、買い物は自ら近所のスーパーへ。冷蔵庫に入っているもので何でも作っていました。自宅を訪れた選手や記者たちにも、“食べていきなさいよ”とササッとボリューム満点のものを作って振る舞っていました」

 野村家では主人がいつも1番で、私は2番──意外かもしれないが、それがサッチーの口癖だった。克也さんは家の鍵を持ち歩かない。だから、家の鍵はいつも開けっ放しだ。それができるのも、克也さんが帰宅するまでいつも沙知代さんが起きて待っていたからだった。

 息子・克則が生まれた頃、克也さんは選手としては晩年にさしかかり、生活がいちばん苦しい時期だった。それでも、夫が夜まで練習に明け暮れていることは知っている。沙知代さんは、早朝に起きると午前中はずっと乳母車を押して近所を歩き続けた。当時は狭いマンションに暮らしていたので、子供の泣き声で夫を起こしてしまわないようにという配慮だった。

「あなたは野球だけやってればいいのよ。あとは私に任せなさい」

 そう沙知代さんは克也さんに言い続けた。世間知らずの夫のために、お金の管理から冠婚葬祭、人づきあいまで、沙知代さんがすべて受け持った。お世話になった後援者やパーティーなどで知り合った人に手紙を書くのも沙知代さんの役目。自宅にかかってきた電話を克也さんに取らせたことは一度もないという。

「意外ですが、沙知代さんからノムさんに電話をかけることは、まずありませんでした。練習やミーティングなど野球に集中しているかもしれないのに、邪魔をしてはいけないからだそうです。その代わり、夫婦にはこんなルールがありました。どこにいてもノムさんが寝る前に沙知代さんに電話すること。四十数年間、欠かしたことがない“ラブコール”です」(野村夫妻を知る野球評論家)

 沙知代さんは「私はいつも全力で家族を守っているの」と周囲には少し誇らしげに話していた。

「野村監督が知らず知らずのうちに野球に没頭できる環境をつくってあげていること。それが、沙知代夫人の誇りだったんじゃないでしょうか。それだけに、自分の騒動が連日ワイドショーで取り上げられた時は相当ショックだったようです。珍しいことですが、ある時、唇を震わせて、“野村克也にだけは迷惑をかけたくない。どうしたらいいんでしょう”と周囲に相談したこともありました」(スポーツ紙野球担当記者)

 克也さんは沙知代さんをよく「ドーベルマン」にたとえた。世間では「獰猛で手に負えない犬」というイメージで受け取られているが、実際は違うのだろう。

「“主人に従順で、命懸けで家を守ってくれる。誰よりも強くて頼りになる存在”という意味だったんでしょう。照れ屋の野村監督らしい、言い得て妙でした」(スポーツ紙デスク)

 沙知代さんは克也さんとの共著『野村セオリー』(海竜社)の中でこう書いている。

〈生まれ変わっても今の夫と結婚できるようにお願いするという奇特な人がいますが、私は真っ平。冥土であってもお互いに顔を伏せて、挨拶するのをやめようと言っているくらいです。今生限りで結構です〉

 照れ屋で、正直すぎて、周囲にどんなに誤解されようと、夫への愛と献身を貫き通した一生だった。

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事(外部サイト)