民放2年目女子アナ「1年目の通信簿」 斎藤ちはる、田中瞳他

民放2年目女子アナ「1年目の通信簿」 斎藤ちはる、田中瞳他

元・乃木坂46の斎藤ちはるアナ

 4月を迎え、2019年入社組の女子アナたちも社会人2年目となった。そんな彼女たちの「1年目の通信簿」を女子アナウォッチャー・丸山大次郎氏が辛口採点。11人の実力は、果たしてどう評価されたか──。

◆テレビ朝日・斎藤ちはるアナ(23)

「元乃木坂46のメンバーで、入社早々『羽鳥慎一モーニングショー』が決まった、局を背負うアイドルアナ。良い意味で派手さがなく、番組で乃木坂のダンスを披露した様子も嫌みがなかった。主婦層の受けも良いし、ルーキーながら原稿読みにもまずまず安定感があります。3月から冠ロケ番組が始まり、より切れ味鋭いコメント力を磨けるか注目です」(丸山氏、以下「」内同)

◆テレビ東京・田中瞳アナ(23)

「大学時代に日テレ系『NEWS ZERO』のお天気キャスターをしていた頃から小動物系の愛らしさで人気でした。人気番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』への抜擢は局からの期待が窺えます。芸人との絡みを必死にこなす様子やアドリブ力は近年でも頭ひとつ抜けている印象。ネット上では『モヤさま』でヨガを披露したり、そのセクシーさも人気です」

◆日本テレビ・河出奈都美アナ(23)

「久野静香アナや尾崎里紗アナのように清楚な雰囲気を持つ日テレの王道路線。それゆえ現時点でのキャラ立ちはありません。出演番組の『シューイチ』は女子アナのコメント機会が多いので個性を磨く途中でしょうか。ただ、『news zero』で報道アナとして育つ可能性もあり、いずれにせよある分野でキャリアを積んで遅咲きするタイプではないでしょうか」

◆日本テレビ・杉原凛アナ(23)

「新人のお披露目時に同期の河出アナが“品川育ちのお嬢様”、杉原は“埼玉ド田舎の町工場娘”と紹介され、視聴者の親近感がかなり上がりました。この親近感は水卜麻美アナのそれと近しいものがあり、『Oha! 4 NEWS LIVE』月曜メインキャスターを任されるなど局からの期待度も窺える。特技はフラダンスという一面もタレント性を感じます」

◆テレビ朝日・下村彩里アナ(25)

「テレ朝の女性アナの中で最も長身(173cm)の和風美女で、準ミスインターナショナル日本代表(3位)の選出歴やバレエ歴に海外留学経験など、ザ・才女という印象。同期の斎藤アナに比べ存在感は薄いが、『報道ステーション』の抜擢は期待ゆえでしょう。アイドル系の斎藤アナとは違った路線で、貞淑さと新人らしからぬ色気を感じます」

◆フジテレビ・藤本万梨乃アナ(24)

「学生時代にAbemaTVでキャスター経験があり、アナウンス力はなかなかのものです。しかし東大卒のインテリという経歴が定着せず、フジにしては地味な1年目でした。とはいえ、昨夏のイベントでびしょ濡れになった姿は大反響を呼びましたし、今後次第で化けます」

◆TBS・近藤夏子アナ(23)

「元モデルのスレンダー体型で抜群の美貌の持ち主。ハッキリした発声は非常に聴きやすく、アナウンス面で期待大です。元気なキャラという印象も好感度は高い。現時点では目立った番組がないが、父親が元アメフト日本代表なのでスポーツで活躍するかも」

◆TBS・篠原梨菜アナ(23)

「ミス東大グランプリ、『めざましどようび』のお天気キャスターなど学生時代の経歴は“エリート”。癒し系ルックスが評判、TBSアナの出世番組『サンデージャポン』に起用されており、局からはバラエティ向きの人材として期待値は高いのでは」

◆TBS・若林有子アナ(23)

「現時点でレギュラー番組は少ないですが、情報番組『グッとラック!』でアシスタントのポジションをしっかりこなしている。タレント向きのインパクトはありませんが、同局の江藤愛アナのようにじわじわと人気が出てくる遅咲きタイプの気配があります」

◆テレビ東京・森香澄アナ(24)

「原稿読みもトークも新人の域を出ませんが、歌とダンスが上手く、揺れる豊満バストが大注目されている逸材。かつての鷲見玲奈アナと同じく『ウイニング競馬』に抜擢されたため、退社した彼女の後釜になり得るポテンシャルです」

◆テレビ東京・池谷実悠アナ(23)

「ベテラン然とした印象と不慣れなアナウンスのギャップが魅力的な新人らしい新人。食レポ時の姿にフェロモンがあり、“お色気アナ”として化ける可能性も。大の野球好きでビールの売り子経験があるためスポーツ番組で花開いてほしいですね」

●取材・文/河合桃子 写真提供/ロケットパンチ

※週刊ポスト2020年5月1日号

関連記事(外部サイト)