菅田将暉、恋愛事情はすべて母親に報告していると父語る

菅田将暉、恋愛事情はすべて母親に報告していると父語る

母親には恋人も全て報告しているという菅田

 映画から大河ドラマ、舞台、アニメ声優まで、2017年の演劇界は間違いなく菅田将暉(24才)を中心に回っていた。超多忙な生活の中、音楽ライブやラジオMCまでこなす菅田はどのように育ってきたのか?

 そんな疑問を解決する一冊『スゴー家の人々~自叙伝的子育て奮戦記~』(トランスワールドジャパン刊)を大阪市立大学非常勤講師で経営コンサルタントで菅田の父・菅生新さん(58才)が上梓した。そこには、菅田を含む3人の子育て奮闘記を記されている。

 校内一のイケメンとして女性人気も抜群だった菅田のもとには、スカウトも多かった。高校1年生の時に今の所属事務所に出合い、面接には父も同席するという徹底ぶり。晴れて事務所に所属後、大阪の進学校から東京に転校した菅田を、家族は涙ながらに見送った。

 事務所に所属後、1年もしないうちに仮面ライダーの主演の座を射止めた菅田は、早くも超多忙な俳優生活に身を投じることになる。撮影は早朝5時から深夜まで及び、平均睡眠時間は3時間。菅生さんが語る。

「16才の成長期にあの生活は大変だったでしょう。当時の睡眠不足がなかったら、あと5cmくらい大きくなっていたんじゃないかな。現在177cmあるんですけど、長男は実物よりも小さく見えるらしくて。『ラヴソング』(2016年フジテレビ)で初めて福山(雅治)さんに会った時も、第一声は『菅田くんて意外に大きいんだね』だったそうです」

 2013年に映画『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞すると、ドラマ、映画、CMと飛ぶ鳥落とす勢いでスターダムに上り詰めた菅田。だが、この間も家族の絆は少しも揺るがなかったという。

「撮影の合間に、しょっちゅうLINEが来ます。『共喰い』の撮影中なんか、前張りつけた自分の姿を写真で送ってきましたよ(笑い)。弟たちとも頻繁に連絡を取っています。次男は大学でアカペラの部活に入っているのですが、長男が音楽活動を始めたこともあり、今では長男に歌を教えるまでになりました。長男も、弟の助言はよく聞いているみたいで、本当に仲よしです」(菅生さん)

 役者業をやるにあたり、菅田は「演技にだけは口を出さないでほしい」と父親にお願いしたというが、もともとそこには介入するつもりはなかったと菅生さんは話す。

「最初からうまかったですからね。最近は本人と出演作を一緒に見ることも増えました。この時はどういう思いで演じていた?と聞くと、表情から立ち位置、指先の動きまでびっくりするくらい理論的に説明してきます。憑依型ではなく、理詰めの演技をするタイプ。

 このあたりは小さい頃から変わっていません。台本を覚えるのも苦ではないらしく、一時は同時並行で10冊以上の台本を読んでいたけど、集中して部屋に籠もると、すぐに頭に入るらしい。このところ、長男の役は濡れ場も多くて、最初は妻と目を瞑りながら見ていましたけど、今は慣れました。最新作の『あゝ、荒野』なんかすごかったですから。相手役の女優さんと初対面の挨拶をして3分後には濡れ場の撮影をやったそうで、『できる男になったな』と(笑い)。

 ただ、いたぶられるシーンだと、妻はまだ息が上がってしまい、見ることができないんですけどね」

 仕事はこれ以上ないほど順調な菅田。気になるプライベートは、二階堂ふみ(23才)や本田翼(25才)と、今をときめく人気女優との熱愛が報じられた超モテ男。

 父親として息子の恋愛事情をどう見ているのか。

「一切干渉しないようにしています。母親には、歴代の恋人はすべて報告しているみたいですけどね。父親には言わないでしょう。ふみちゃんは本当に“連れ”って感じで仲よかったけど、本田翼さんは、『(報じられたような)銭湯に一緒に行ったことなんか一度もない』って怒ってましたよ。

 本人の結婚願望は強く、『早く結婚したい』『子供は3人ほしい』ってよく言っています。でも、うちの子は『菅生家』っていう言葉をよく使うくらい一家を1つのチームに見ていて、わが家に合う女性じゃないとダメだ、という物差しを持っているんです。『○○は菅生家向きじゃないんだよな』とか(笑い)。理想のお相手が現れるのは、まだ先かもしれません」

 女性ファンとしては、ホッと一安心といったところだが、菅田の公私の充実は菅生さんも願うところ。

「苦楽をともにできる仲間、家族を持ってこそ、人生は充足するのだと信じています。長男には、最終的に国境を超えて世界に羽ばたく俳優になってほしい。その時、彼を支えるパートナーが傍にいてほしいと願っています」

 菅田旋風は、まだまだやみそうにない。

※女性セブン2018年1月1日号

関連記事(外部サイト)