2017年ワースト謝罪会見は豊田前議員とてるみくらぶ?

2017年ワースト謝罪会見は豊田前議員とてるみくらぶ?

2017年のワースト謝罪会見は…?

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、2017年の謝罪会見をまとめて振り返る。

 * * *
 政治家の失言に辞任、企業の不祥事、芸能人の不倫…と今年も様々な謝罪会見があった。すっと潮が引いた会見もあれば、印象が悪く批判が集中した会見もあった。そこで今年行われた謝罪会見を振り返りながら、その違いがどこにあったのか考えてみたい。

 謝罪会見といえば、やはり頭の下げ方は重要だ。大企業は謝罪会見用のメディアトレーニングを行っている。読み上げる原稿や受け答えだけでなく、話し方、立ち方、お辞儀の仕方などをトレーニングするはずだ。だから大企業の謝罪会見では、居並ぶ経営陣が一斉に揃って同じ角度、同じ秒数で頭を下げる。ここで肝心なのは、謝罪する意思が本当にあるかより、“詫びる気持ちがあるように見せる”こと。お辞儀の仕方もトレーニング次第なのだから、謝罪会見も一種のパフォーマンスみたいなものである。

 それだけ日本人にとって、きちんと頭を下げ、謝罪の意思を見せるという姿勢は重要なのだ。ところが、無資格検査が発覚した日産の西川廣人社長は陳謝したものの頭を下げなかったし、不倫疑惑で民進党から離党した山尾志桜里衆院議員も会見冒頭、謝罪の言葉を述べただけで頭を下げはしなかった。こうなると、謝罪の意思なしと受け取られやすい。何のための会見かと批判が集中することになる。

 山尾議員は、不倫疑惑に何ら答えることなく会見を終了。情報が足りないと、人はかえってあれこれ想像し、憶測でその隙間を埋めようとする。山尾議員のように、他人を追及する時は強気で攻めるのに、自分事にはシャットアウトでは、他人に辛く、自分に甘いという印象が強くなり、ますます憶測を広げる要因になる。

 だからといって、長く丁寧に頭を下げればいいというわけではない。これはこれで、やり過ぎると形だけの謝罪に見えてしまうし、丁寧に頭を下げておきながら逆ギレするというパターンなど、特に反感を買う。

 不正会計問題を起し、決算の場で謝罪した東芝の綱川智社長ら経営陣は、きっちり揃って頭を下げたものの、自分たちも被害者だと言わんばかりの口ぶりで淡々と説明するのみ。そこからは謝意が感じられなかった。「このハゲー!」で世間を騒がせた豊田真由子前衆院議員も、しおらしく深々と頭を下げたたものの、最後の質問に逆ギレし、表情や声のトーン、口調までもが変わって我が出てしまった。

 声はその人の感情がダイレクトに出やすい。豊田さんのように感情の変化で声が高くなったり、早口になったり、語気が荒くなるのは最悪だが、綱川社長らのように淡々と一本調子なのも、単に説明しているだけという印象を与え、当事者意識の希薄さを印象づけてしまう。

 謝罪会見は、自己主張や言い訳をする場ではない。しかし、自分だけが悪いわけではないと思っていると、つい言い訳をしてしまうのが人間だ。言い訳もせずに平身低頭、謝罪する姿勢を貫いたほうが切り抜けられる可能性が高い。というのも、心理学では弱みを見せることで同情を集められるという「アンダードッグ(負け犬)効果」というものがあり、これをうまく利用すれば窮地を切り抜けやすいといわれている。

 政治家が選挙の投票日前日、自分が劣勢だとわかると「助けてください」と頭を下げ、「どうか私に1票を」と切々と訴えて当選するのは、この効果を利用したものだ。政治家ならお手の物のはずなのだが、自分をアピールしパフォーマンスを見せる選挙運動と違い、謝罪会見はマスコミの問いにも答えねばならない。豊田さんのように気にいらない質問につい本性が見え隠れすると、返って反感を買うことになる。

 謝罪会見で、この効果をうまく使ったのが渡辺謙さんだ。会見冒頭、世間を騒がせたとしっかり頭を下げ、妻への謝罪には、それ以上に自分が悪かったと強い口調で言い切った。どんな質問にも下手に言い訳をせず、ただひたすら自分が悪いという姿勢を崩さず負け犬に徹していたのだ。そのためか、妻の闘病中の不倫という状況にも関わらず、マスコミの追及はそれほど執拗ではなかった。

 この効果を使っても印象が悪かったのが、二重不倫疑惑の「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんと、元SPEEDの今井絵理子議員との不倫疑惑が報じられた橋本健元市議。2人とも疑惑は否定。低姿勢の会見ながら、言葉や表情と仕草がどうにもかみ合っていない。「一線を越えていない」なんて言葉はにわかに信じられないし、言いながらも橋本元市議は汗を流し、宮迫さんは手をテーブルの下に隠していたのだから、見ている側は意識せずともそこから嘘を感じ取ってしまう。

 そして、この効果で切り抜けようとして失敗したのが、格安ツアーを手がけていた「てるみくらぶ」の山田千賀子社長だ。自己破産による被害者は9万人、山田社長は11月に詐欺で逮捕された。だが会見時には詐欺を否定し、泣き落とし戦術のごとく口元を手で覆って声を震わせ、顔を伏せて泣いていた。しかし、会見の終了間際、上げた顔には涙の跡もなく目は赤くも潤んでもおらず、嘘泣きだとバレてしまった。

 一生懸命さとそこに嘘がないように見えるからこそ、アンダードッグ効果は発揮される。たとえ謝罪がパフォーマンスだとしても、だからこそ世間の目は厳しくなる。謝罪とは実に難しいものなのである。

撮影/矢口和也

関連記事(外部サイト)