職業モテクリエイター、元HKT・ゆうこすが女子に人気の理由

職業モテクリエイター、元HKT・ゆうこすが女子に人気の理由

“ゆうこす”の女子人気の秘密は?(公式ブログより)

 アイドルという職業を長く続けるのは至難の業。女優や歌手に転身する人もいれば、引退して一般人になってしまう人も少なくない。そうした中で、職業「モテクリエイター」に転身して、若い女性たちの注目を集めているのが、元HKT48のメンバーである“ゆうこす”こと、菅本裕子(23)だ。彼女は“モテる”メイクやファッション情報をSNSで発信し、若い女性を中心にファン層を広げているという。女子向けのネットメディアで働くAさん(27歳)はこう語る。

「今年の流行語に『インスタ映え』が選ばれたように、今の時代は女の子一人ひとりが『メディア』となって自分の魅力を発信できる時代になったと思います。当たり前の日常でも、ちょっとした画像の加工テクニックや、”魅せ方”を習得することで、スターになれる。等身大のヘアメイクやライフスタイルをどんな切り口で発信するかが重要なのです。ゆうこすは、セルフプロデュースが上手く、ネット世代の女子の心をうまく捉えています」

 彼女は著書『SNSで夢を叶える』で、「モテクリエイター」とは、「モテをクリエイトする、女の子のモテたいという気持ちを誰よりも肯定して、応援して、背中を押してあげる仕事」だと説明している。そして、「モテる」とは、「男の人を落とすということではなくて、男性からも女性からもかわいいね、いい子だねと言われて、みんなに愛される女性になること」だという。こうした考え方が若い女性たちの、心の奥に潜む願望や、切なさを捉えているようだ。

「今の時代、異性ウケだけを狙うのは『媚び』だと嫌われる。大事なのは、同性ウケですよね。韓国アイドルが『ガールクラッシュ』(※同性の女子を一目惚れさせる魅力)というイメージ戦略で話題を呼んでいるように、同性ウケが重要で、彼女はその部分で注目を集めているんだと思います」(Aさん)

 実際に彼女は、若い女性にどのようなインパクトを与えているのだろうか。自称・ゆうこす信者だと語る女子大生のB子さん(21歳)は、こう語る。

「ゆうこすは、他のYouTuberさんと違ってメイクの解説が丁寧で、プチプラアイテムを紹介してくれるところが魅力。はじめは話し方がぶりっ子で苦手だったけれど、彼女の動画を見ているうちに、そのポジティブなオーラに魅了されてしまいました。

『モテる』って本来は誰もが望んでいることだと思う。でも、ゆうこすほど、はっきりと言葉に出して『モテることを肯定する』という女性っていなかったと思うんです。モデルさんよりも身近な存在で、友達のようでもある。ネットを駆使して自立している姿は、若者の憧れの働き方ですよね」(Bさん)

 アイドル活動を休止して以降、数年間のブランクがあった“ゆうこす”。SNS世代の心を掴み「モテクリエイター」という肩書でリブートした彼女のライフスタイルからは、未来の「働き方」の手がかりを得ることができるかもしれない。

関連記事(外部サイト)