ブレイク間近 来年のM-1で決勝進出期待の注目コンビは?

ブレイク間近 来年のM-1で決勝進出期待の注目コンビは?

若手実力派コンビのひとつ「霜降り明星」(吉本興業HPより)

『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)で見事王座に輝き、仕事が激増した「とろサーモン」。ダークホースとして決勝に出場した若手コンビの「さや香」や、上沼恵美子に叱咤された「マヂカルラブリー」など、新興勢力も注目を集めた。これまでスポットライトの当たらなかった芸人たちが一夜にして全国区の知名度を得るという意味で、やはりM-1は数ある賞レースの中でも特別な存在である。

 来年のM-1決勝進出の最右翼となるのは、今年の決勝で素晴らしい漫才を披露した和牛を筆頭とする“決勝リベンジ組”だろうが、その一方で、今年は決勝に勝ち上がれなかったコンビの中にも実力派は数多い。今年のM-1の敗者復活戦に進出した中から、来年の決勝まで勝ち上がってきそうな注目コンビについて、お笑いライターの男性A氏(33歳)は、こう予想する。

「平成生まれの若手実力派として一番期待しているのが『霜降り明星』です。『南海キャンディーズ』の山里亮太が、『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で『今、潰しておきたい芸人』の第3位に選び、チュートリアルがラジオで『芸人の間で決勝に進むと言われていた』とも語っています。またアーティストの岡崎体育が彼らのファンであることを公言するなど、ネタも素晴らしく新世代の漫才師として注目しています。

 ツッコミ担当の『粗品』は高速フリップ芸が強みで、2012年の『オールザッツ漫才』(毎日放送)でピン芸人として優勝するなどピンとしても活躍していました。『野党!』など、体言止めで突っ込む独特なツッコミのスタイルを生み出し、今田耕司を始め多くの先輩芸人を感嘆させています。

 ちなみに『野党』というフレーズを考えたのは、ボケ担当の『せいや』です。彼も武田鉄矢などのモノマネや、リズムネタのギャグに定評がある。モデルのみちょぱ(池田美優)に『ツボ! キモかわいい!』と絶賛されるなどバラエティでもイジられキャラの地位を確立しています。

 最近では、彼らの深夜ラジオが芸人の間でも評判になっているなど、漫才だけでなく幅広いジャンルで今後活躍していくと思いますね」(A氏)

 一方で、テレビ局に勤務するお笑いファンの男性B氏(29歳)は、こう分析する。

「今年の敗者復活戦の中でもとくにレベルが高かったのは、大阪の『よしもと漫才劇場』に出演している若手芸人たちです。敗者復活戦に出場した20組のうち、『アインシュタイン』『霜降り明星』『セルライトスパ』『大自然』『からし蓮根』『見取り図』の6組が漫才劇場に出演している芸人です。

 さらに、ファイナリストの『さや香』『ミキ』や、女芸人No.1を決める『THE W』(日本テレビ系)で優勝した『ゆりやんレトリィバァ』もその一人。劇場の所属芸人は、目が肥えた関西の客を前に日々研鑽を積んでいる。他事務所に所属する漫才師よりも、圧倒的に多くのステージ数を踏んでいるために、ショーレースにも強いのです。

 そうした中で、私がもっとも注目しているのは、劇場のリーダーとして活動している『アインシュタイン』です。上方漫才協会と吉本興業の主催で行われている上方漫才協会大賞で2016年に大賞を受賞した実力派で、ボケ担当の“稲ちゃん”こと稲田直樹は、今いくよ・くるよが『吉本の宝』と呼び、『顔面世界遺産』などと評されています。

 しかし、卑屈なブサイクネタには走らず、またポジティブで人当たりの良い性格から、関西では愛されキャラとして支持を得ている。一方、ツッコミ担当の河井ゆずるはツッコミスキルが高いだけでなく、イケメン芸人として若い女性ファンがとても多い。今後は関東でもブレイクするでしょう」(B氏)

 M-1をきっかけに全国区でブレイクしたコンビは数多い。関西の若手漫才師の中から、次なるスターが現れるか。

関連記事(外部サイト)