最後の弟子が語る藤子・F・不二雄氏「漫画に全てを捧げた人」

最後の弟子が語る藤子・F・不二雄氏「漫画に全てを捧げた人」

『ドラえもん物語』では、藤本先生直筆のネームノートも漫画の中に登場。(C)むぎわらしんたろう・小学館 (C)藤子プロ・小学館

 ドラえもんを生み出した漫画家、藤子・F・不二雄さんと、ドラえもんが大好きで漫画家を志した青年を描いた漫画『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』が話題を呼んでいる。藤子・F・不二雄さんの元アシスタントで、著者のむぎわらしんたろうさんは言う。

「最近の子どもたちに、ドラえもんの作者のことをもっと知ってほしいという思いがありました。“こんなにすごい人が描いたんだよ”ということを伝えたくて、この漫画を描きました」

 むぎわらさんに、藤子・F・不二雄さんとの知られざる師弟関係秘話を語ってもらった。
 
 * * *
 19才のとき、編集部の紹介で、藤本先生(藤子・F・不二雄)の事務所・藤子プロに入社することになったんです。ずっと憧れていた藤本先生のアシスタントになるのは緊張しましたが、嬉しさの方が勝っていました。だって藤本先生の漫画を、誰よりも先に読めるんですから。それに、ひみつ道具を描けるという喜びもありました。自分が描いちゃっていいの?って。やっぱり「どこでもドア」や「タイムマシン」を描いたときは、本当に嬉しかったです。

 アシスタントは8年間。朝10時に来て、掃除機をかけて、ゴミ捨てたりとかして、原稿が出ていれば原稿をやるという。11時になると先生がいらっしゃり、部屋に入られて。ぼくらは1時になったらお昼休み。2時になると先生が休憩から戻られますので、また作業が始まるという流れです。

自分の作品も見てもらってました。原稿のコピーを渡すとすぐに、びっしりとアドバイスを書き込んで戻してくださって。連載や取材でお忙しいなか、一アシスタントに、ここまでちゃんと書いてくださるんだと、ただただ驚きました。読むと、本当に勉強になりました。例えば、主人公はこういう性格なんだよって伝えたいときに、字で説明しなくても、町の雰囲気とか、空気感とか、ちゃんと背景を描けば伝えることができるんだって。『ドラえもん物語』には、そのとき書いていただいたアドバイスの原稿を、そのまま載せています。

 お茶目な一面もありました。手品が好きで、忘年会があると、その日に百貨店の手品コーナーに行って、自分で手品用品を買ってくるんですよ。それで、宴会の席で説明書を見ながらみんなに手品を披露するんです。で、新聞に水入れて「消えます」なんて言ったのに、ジャバーッと出ちゃった。あれ、おかしいなって(笑い)。

 そんな藤本先生ですが、1996年9月23日に大長編『のび太のねじ巻き都市冒険記』の連載中にお亡くなりになりました。これでもう「ドラえもんが終わってしまう」と思ったのですが、藤本先生のご自宅の机から、第3回目の下絵ラフが全ページ残されていて。先生は本当に、意識がなくなる直前まで筆を握り、原稿を描こうとしていた。その事実に鳥肌が立ちました。本当にすごい方だと。漫画に全てを捧げた人なんだと。
 
 その下絵や残された先生のアイディアノートをもとに、第3回目から描かせていただくことになったのですが、本当に難しかったです。ぼくは先生の原画を至近距離から観察して、ペンの入りや切り返し、力加減まで同じになるように努力したのですが、うまくいきませんでした。一番大変だったのが「目」です。黒目が1ミリずれるだけでドラえもんやのび太じゃなくなる、別人になってしまいますので。藤本先生やドラえもんファンの読者に、本当に申し訳なくて…。何度も何度も描き直しました。

 藤本先生が亡くなってから、先生はよく夢に出てきます。ぼくが自分の原稿を描いていると、藤本先生が現れて突然原稿を渡されるんです。「すごい作品だ」と思っていると目が覚める、というような。『ドラえもん物語』の冒頭は夢のシーンから始まるのですが、あれは実話なんです。

 命日はもちろん、新刊の報告などで、藤本先生の墓参りにはよく行きます。『ドラえもん物語』が完成したときは行けなかったのですが、その後すぐ命日がありましたので、ご報告に行きました。自分の家の墓より多く藤本先生のお墓に行かせていただいてますね。

【プロフィール】
むぎわらしんたろう/1968年7月12日生まれ。東京出身。漫画家。1988年、藤子プロ入社。代表作に『ドラベース ドラえもん超野球外伝』。現在は、『月刊コロコロコミック』にて『野球の星 メットマン』連載中。発売中の『コロコロアニキ冬号』で、コロコロゆかりの作家が下積み時代の思い出の1品を紹介する、ノンフィクショングルメ連載漫画『なみだめし』に登場。最新刊は『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』(小学館刊)

関連記事(外部サイト)