すっかり減ったクリスマス特番 本当にニーズはないのか?

すっかり減ったクリスマス特番 本当にニーズはないのか?

今年も『明石家サンタ』は放送(公式HPより)

 この時期、クリスマスソングが街角で聴かれることが増えてきたが、テレビ業界のクリスマスにはある“異変”が見られるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、近年のクリスマス番組の変化について解説する。

 * * *
 かつてクリスマス特番は、テレビのドル箱コンテンツでした。複数の局で音楽特番が放送されるほか、恋愛バラエティー特番も多く、連ドラは「クリスマスに最終回を迎える」というロマンチックな展開で話題を独占。視聴者にとっては、大晦日の『NHK紅白歌合戦』と並ぶ師走の風物詩であり、年齢性別を問わず支持を集めていました。

 しかし、21世紀に入ったころからクリスマスが徐々に「恋人たちの華やかなアニバーサリー」から、「家族や仲間と過ごす穏やかなイベント」に変わり、盛り上がりは減少。そんな世間のムードを受けて、テレビのクリスマス特番も減っていきました。

 今年のクリスマス特番は、定番の『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー2017』(フジテレビ系、24日25時~)、『クリスマスの約束』(TBS系、25日23時40分~)のほか、『CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017』(TBS系、25日19時~)が放送される程度。

 日本テレビは『世界の果てまでイッテQ!クリスマス爆笑アワード』(24日19時58分~)、『おしゃれイズム 話題の美女とクリスマスパーティー』(24日23時~)、『有吉ゼミ、世界へ行く クリスマス4時間特大スペシャル』(25日19時~)と、既存番組に「クリスマス」というフレーズを掲げて特番にしていますが、内容はほとんど変わりません。

◆クリスマスのニーズはいまだ健在

『明石家サンタ』は明石家さんまさん、『クリスマスの約束』は小田和正さんという大物タレントの番組である上に、深夜帯であることから視聴率やスポンサーの影響を受けにくく、固定ファンの反発を受けてまで終了させる理由はゼロ。もともと恋愛の要素はほとんどないだけに、前述したクリスマスをめぐる世間のムードが変わったことの影響は受けなかったのです。

 では、「現在の視聴者にクリスマスのニーズはないのか?」と言えば、決してそんなことはありません。テレビ番組のメインターゲットがファミリー層になりつつあるだけに、「ファミリーで楽しむ傾向が強くなったクリスマス」との親和性は高く、方向性さえ間違えなければ視聴率と話題の両方を集められるでしょう。

 では、具体的にどんな番組を制作すればいいのか。

 たとえば、豪華アーティストが共演する「クリスマスフェス」、芸人がクリスマスをテーマにネタを披露する「クリスマスお笑いバトル」、多彩なジャンルのタレントを集めて「クリスマスクイズ&雑学王者決定戦」、プロスケーターやプロスキーヤーらを集めた「クリスマスアイス&スノーショー」、東京ディズニーリゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「2大クリスマススペシャルショー二元中継」。ファミリー層向けだけに、難しいコンテンツは必要なく、シンプルな企画・演出で十分でしょう。

 いずれも生放送にすることでクリスマスのムードが伝わりやすい上に、日ごろ収録放送ばかりを見ている視聴者にとっても、かつてのような特別感が得られるのではないでしょうか。

◆「さんま&SMAP」のような大物MCを

 ネットの影響力が増しているのは間違いありませんが、それでもファミリー層にとってテレビは、いまだ団らんの重要ツール。それだけに各局が積極的に「毎年のクリスマス特番を親子そろって楽しみにしている」という状態を作ることが、盛り上がりの復活につながる気がします。

 1995年から2015年まで、『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル』(日本テレビ系)が生放送され、高視聴率を獲得していました。まずは「さんま&SMAP」のような大物タレントを引っ張り出して関心を集めることが重要。高視聴率が獲得できればネットニュースなどでクチコミが広がり、翌年以降ファミリー層以外にもジワジワと波及していくでしょう。

 近年は大晦日も含め、大型の季節特番を制作しない傾向が強くなっていますが、来年は世間でクリスマスの話題が盛り上がるような企画を期待しています。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)