紅白司会の桑子真帆アナ 「私で大丈夫ですか?」と漏らした

『紅白歌合戦』総合司会の桑子真帆アナ 『私で大丈夫でしょうか?』と周囲に吐露か

記事まとめ

  • NHK『ニュースウオッチ9』の桑子真帆アナが『紅白歌合戦』の総合司会に抜擢された
  • 芸能評論家の三杉武氏によれば、有働由美子アナでもリハーサルから緊張していたとも
  • 桑子アナはマジメで熱心だが、根を詰めてしまいがちのところがあるから心配との声も

紅白司会の桑子真帆アナ 「私で大丈夫ですか?」と漏らした

紅白司会の桑子真帆アナ 「私で大丈夫ですか?」と漏らした

紅白総合司会の大役を務める桑子アナ(写真:ロケットパンチ)

 12月第2週から正月にかけて、人気女子アナたちは息つく暇もない忙しさだという。とりわけこの年末年始は、例年よりさらに過酷さが増すという。各局とも、かつてない人材不足に悩まされているからだ。

 NHKは民放に比べれば人員に余裕があるため、特定の女子アナに仕事が集中することは少ない。

 しかし『紅白歌合戦』の総合司会に抜擢された桑子真帆アナ(30)だけは、まさに眠れぬ年末になりそうだ。

「12月28日まで平日夜には『ニュースウオッチ9』の放送がある。日中は紅白の制作スタッフとの打ち合わせでスケジュールがビッシリ。そのまま、28~30日は3日連続で紅白のリハーサルに入ります。

 初日の28日は出演者との顔合わせが中心だが、29日と30日は通しリハがある。そして大晦日の本番が終わると、そのまま渋谷で朝まで『カラオケ打ち上げ』をやるのが恒例です。元日の朝にはフラフラになっているんじゃないか」(NHK局員)

 芸能評論家の三杉武氏によれば、「2015年まで4年連続で総合司会を務めたベテラン・有働由美子アナ(48)でもリハーサルから緊張していた」というほどの大役。それだけにプレッシャーは大きいだろう。前出・NHK局員が続ける。

「桑子アナはマジメで熱心だが、根を詰めてしまいがちのところがあるから心配です。総合司会が決まったときも『私で大丈夫でしょうか?』と周囲に洩らしていた。『ニュースウオッチ9』のスタッフも気を遣って、当初は28日に予定されていた番組の忘年会の日程を繰り上げたほどです」

 忙しいのは売れっ子の証拠だが、彼女たちも会社員。多くのサラリーマンが骨休めをしている間にも気の休まる暇がないというのは同情してしまう。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

関連記事(外部サイト)