松居一代の離婚騒動 財産分与させない狙いがあったか

松居一代の離婚騒動 財産分与させない狙いがあったか

離婚会見中、母親に電話する場面も

 船越英一郎(57才)との離婚が成立したことを明らかにした松居一代(60才)。12月15日の記者会見では「勝利宣言」が飛び出すなど、松居の気分は晴れ晴れしている様子。「最高裁まで戦う」と豪語していたが、2度目の離婚調停で双方合意というスピード決着となった。

 通常、離婚調停で問題になることが多いのは、「財産分与」のあり方だ。財産分与とは、離婚した当事者の一方が他方に対して財産を分け与えること。一般に夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産は、2等分されるケースが多い。たとえサラリーマンの夫の稼ぎが大半の財産でも、専業主婦の妻が家事や子育てをして家計に貢献したとみなされる。船越・松居夫婦の離婚調停でも財産分与が焦点となった。

「船越さんの収入はほぼ松居さんが受け取って管理していました。松居さんがビジネスや投資で稼いだ分もあり、都内一等地にある自宅まで含めると夫婦の共有財産は20億円ともいわれます。普通に離婚し、財産分与となったら、船越さんと松居さんでそれを折半することになります。松居さんの投資や株などの収入をのぞいた自宅などの固定資産だけでも7~8億円はあるので、船越さんは通常なら3~4億円は受け取ることになったはずです」(芸能関係者)

 しかし船越サイドはある条件を明確にしていた。それは「早期に離婚してくれるなら、財産分与の権利は放棄する」というものだった。

「船越さんはもともと金銭を要求するつもりはまったくなかった。“調停が不調で裁判までいったら当然の権利である財産分与を請求しますよ”という姿勢を見せたのも、何よりもお金が大事な松居さんの性格を知り尽くしているからでしょう」(前出・芸能関係者)

 いちばん大切なのは財産、と会見で言っていた通り松居は「方向転換」を決める。

「離婚裁判までもつれ込めば、松居さんは数億円の財産を船越さんに渡すことになります。大切な財産を失うことは絶対に避けたかったんでしょう。2回目の離婚調停に向けて松居サイドから『離婚に応じるので、裁判を避けたい』と打診したようです」(松居家の知人)

 そして12月13日、2回目の離婚調停を迎えた。

「財産分与は一切せず、自宅の建物の船越さん持ち分(5分の1)を松居さんが船越さんに支払うことで離婚が合意したそうです。建設当初は2000万円以上払っているんですが、松居さんサイドは“今はそんなに価値がない”としっかり値切って200万~300万円ほどの支払いになったようです。赤い服で現れた松居さんは調停員を前に、身振り手振りでアツい思いを語ったらしい」(前出・知人)

◆松居一代の作戦勝ちの側面も

 ふたりが顔を合わせる場面はゼロ。もう8か月も会っていないという。

 そうして、たった2回の調停で離婚成立。松居は会見に臨んだ。勝利宣言を行ったが、会見を見て「本当は離婚したくなかったのにカラ元気なのでは」「痛々しい」という声も飛んだ。一方で、一言も妻への恨みを漏らさなかった船越。1円の財産分与も手にできなかったが、松居とようやく離れられることにどこか晴れ晴れした思いもあるのではないか。

 だが前出・松居家の知人はこう明かす。

「芸能生活を投げ打って、動画やブログで赤裸々に綴る松居さんに並々ならぬ覚悟を感じていました。離婚は避けられないとわかってから、最初から財産分与させない狙いで一連の騒動を引き起こしていたのではないでしょうか。船越さんへの誹謗中傷についても“あれはあれで必要でした”と会見で言っていましたが、そういうことかと。船越さんに“もう勘弁してくれ。財産なんていらないから”と言い出させるための計画だったのかもしれません。そうであれば、ある意味で松居さんの勝利なのかも…」

 ふたりが周囲の反対を押し切って結ばれてから16年と半年。子供に恵まれなかった船越は、松居の連れ子である長男にわが子以上に目をかけてきた。「どんな形になっても子供の結婚式には一緒に出たい」というのが夫婦の約束だったという。

 多くの人を傷つけた「松居劇場」にカーテンコールは起こらない。

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事(外部サイト)