女性1000人が選んだ「いちばん好きなドラマ主題歌」トップ10

女性1000人が選んだ「いちばん好きなドラマ主題歌」トップ10

ドラマ主題歌ランキング6位に『SAY YES』が…

 失恋したときに自分を重ね合わせて見ていたドラマや、仕事でつらかった時に元気をもらったあのドラマの主題歌を「ふふふん♪」と無意識に鼻歌交じりに歌っちゃうこと、ないですか? 今回は年末特別企画としてドラマ好き女性1000人に人生史上いちばん好きな主題歌を緊急アンケート!! 上位50曲から見えてきたのは意外&納得のヒットの法則でした。

■人生史上いちばん好きなドラマ主題歌ランキング(30代~70代の女性1000人にアンケート)
ドラマ名/歌手名/曲名/票数

1位 『逃げるは恥だか役に立つ』2016年/星野源/『恋』/67票
2位 『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~』(2008、2010、2017)/Mr.Children/『HANABI』/43票
3位 『愛していると言ってくれ』(1995)/DREAMS COME TRUE/『LOVE LOVE LOVE』/35票
4位 『あさが来た』(2015)/AKB48/『365日の紙飛行機』/30票
5位 『東京ラブストーリー』(1991)/小田和正/『ラブ・ストーリーは突然に』/27票
6位 『101回目のプロポーズ』(1991)/CHAGE&ASKA/『SAY YES』/23票
7位 『ロングバケーション』(1996)/久保田利伸 with Naomi Campbell/『LA・LA・LA LOVE SONG』/22票
8位 『やまとなでしこ』(2000)/MISIA/『Everything』/20票
9位 『3年B組金八先生』(1979)/海援隊/『贈る言葉』/19票
10位 『ひよっこ』(2017)/桑田佳祐/『若い広場』/18票

 1980~1990年代のドラマ黄金期のミリオンセラー主題歌が上位を占めるかと思いきや、堂々の第1位に輝いたのは、まだ記憶に新しい『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の『恋』(星野源)だ。30代から70代までどの世代でも上位にランクインする圧倒的強さを見せつけた。群馬県で暮らす72才主婦は孫の影響を受けたと言う。

「大学生の孫が“恋ダンス”の動画を見せてくれて、楽しくてノリがよくていい曲だなって思ったのが好きになったきっかけです。そこからドラマを見るようになりました。気づいたら星野源さんの魅力にハマっちゃった」

“恋ダンス”とは、新垣結衣(29才)や星野源(36才)ら出演者が曲に合わせて踊るドラマのエンディング映像のこと。まねをしてYouTubeなどに「踊ってみた」という動画を投稿する人が続出。恋ダンスブームとともにドラマの視聴率も尻上がりに上昇し、最終回は20%超。年末年始には全11話の再放送が予定されており、『逃げ恥』ファンにとっては、“ムズキュン”復活のお正月となりそうだ。

◆昔と今の主題歌の違い

 エンタメに詳しいライターの西森路代さんは『恋』がひとり勝ちした理由を分析する。

「星野源さんがただ歌詞を書くだけでなく、ドラマのテーマを深く解釈してあの曲を作ったのが最大の勝因。主題歌が作品の1つの要素として機能しているから、強い印象を残したのでしょう」

 テレビ評論家でコラムニストの吉田潮さんも続く。

「『カルテット』(TBS系)の『おとなの掟』もそうでしたが、ドラマの台詞に出てきそうな言葉が歌詞にあると視聴者の心に残りやすい。今は視聴者もネットで情報を簡単に得られるため、“誰誰が出演しているからこの曲を流さざるを得ないんだな”といった、“大人の事情”を感じ取ると冷めてしまう」

 確かに昨今は出演者の同じ事務所のミュージシャンが主題歌を担当するというケースは少なくない。だが、かつては曲を聴けば、ワンシーンが思い浮かぶような、ドラマのイメージや内容とリンクする主題歌ばかりだった。

 その代表例が、5位にランクインした1991年放送『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の『ラブ・ストーリーは突然に』(小田和正)だろう。前出の西森さんが解説する。

「サビはもちろんですが、名曲はイントロが印象的な曲が多い。『ラブ・ストーリーは突然に』の“トゥクトゥン”というイントロを聴いたら、次はどうなっていくんだろうとワクワクしましたね」

 ドラマ評論家の成馬零一さんはこう語る。

「フジテレビの当時のプロデューサー・大多亮氏は小田さんに“メイン視聴者であるOL層が思わず口ずさむような切ない感じの曲を”とリクエストしたそうです。大多氏の理想は高く、大御所の小田さんにも書き直しを命じたのは、伝説となっている」

 このこだわりがあったからこそ、『東京ラブストーリー』は社会現象となり、「月9」という言葉はトレンディーを象徴する言葉となったのだろう。

 バブル時代に青春を謳歌したという52才専業主婦は笑顔でこう振り返る。

「『ラブ・ストーリーは突然に』は当時の私のテーマソングでした。恋も仕事も遊びもガツガツしていて、気分はヒロインの赤名リカでした(笑い)」

 ランキング6位の『101回目のプロポーズ』(1991年、フジテレビ系)の『SAY YES』(CHAGE&ASKA)にもこんな逸話が。

「視聴者から『SAY YES』のように、ドラマもハッピーエンドで終わらせてほしいという声が数多く届いたため、急遽結末が書き換えられたと局内では囁かれました」(フジテレビ関係者)

 武田鉄矢演じる恋愛に不器用な中年男の健気な姿にほだされる女性は少なくなかった。会社の先輩と結婚したという53才会社員女性が語る。

「トラックの前に飛び出して“ぼくは死にましぇん”という武田鉄矢の名台詞を当時、恋人だった旦那がよくマネしていましたね。ドラマに入り込みすぎたのか、その彼はドラマと同じようにボルトを指輪代わりにプロポーズ。私も一瞬ヒロインの浅野温子になれた気がして…。うっかりOKしてしまいました(苦笑)」

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事(外部サイト)