妻の不倫に笑顔会見の太川陽介 超亭主関白な家庭での素顔

太川陽介、妻・藤吉久美子の不倫に笑顔で会見も家庭では超亭主関白

記事まとめ

  • 『週刊文春』による妻の藤吉久美子の不倫報道を受け笑顔で会見した太川陽介
  • 呼び捨て禁止、敬語、寝る時間や食事の時間を合わせるなど家庭では超亭主関白ぶり
  • ネットでは「藤吉はもう外出も許可されないんじゃ!?」との声も

妻の不倫に笑顔会見の太川陽介 超亭主関白な家庭での素顔

妻の不倫に笑顔会見の太川陽介 超亭主関白な家庭での素顔

家庭では超亭主関白?

 女優・藤吉久美子(56才)がテレビ局員のA氏と不倫をしていると『週刊文春』が報じたことを受け、夫である太川陽介(58才)が会見を開いた。終始笑顔で記者の質問に答える太川に「神対応」との声がある一方で、「笑顔が逆に怖い」という意見も…。

 太川は京都の呉服問屋生まれ。藤吉は福岡生まれで、父は開業医。ふたりは1993年のドラマの共演をきっかけに交際、1995年に結婚。太川は初婚、藤吉は歌舞伎役者と1992年に離婚しており、2度目の結婚だった。

「子供に恵まれず、梨園にもなじめずに離婚して、しばらくは実家に引きこもっていたそうです。九州男児のお父さんからは“離婚して傷モノだ”と言われ、離婚した自分が恥ずかしく人間恐怖症になっていた。そんな彼女の相談にのり、殻を破ったのが太川さん。ただ、太川さんとの間にも子供ができず、長い間、藤吉さんはどこか申し訳なさそうでしたね…」(芸能関係者)

 待望の長男に恵まれたのは結婚から6年後の2001年だった。その後は夫婦そろってインタビューやテレビに出演しては子育てエピソードや夫婦の姿をあけすけに披露。太川の超亭主関白ぶりはみんなの知るところになっていった。

・毎度の食事に箸の持ち方まで厳しくチェック。
・当然呼び捨て禁止。本名に「さん」付けで呼ぶこと。
・夫にはいつも敬語を。
・男同士の会話に口を挟むのはNG。
・寝る時間は夫に合わせる。
・食事の時間も夫に合わせる。
・外食メニューは夫が決める。

「お父さんも亭主関白で、耐える女性だったお母さんの姿を見て、自分の中に何でもためこむ癖が身についた、とインタビューでも話していたのが印象的でしたね。太川さんの地雷を踏まないように、顔色をうかがうのがコツです、と藤吉さん笑っていました」(前出・芸能関係者)

 亭主関白夫を抵抗なく受け入れながら、寄り添う妻。太川と藤吉は自然に「おしどり夫婦」と呼ばれるようになった。

 住まいは夫が独身時代に東京郊外に建てた戸建て。夫の理想をかなえた家だが、妻が口を挟む余地はもちろんない。それでも、近所ではふたりで買い物に出かける姿が見かけられ、子供と鬼ごっこをする声が家から聞こえる。そんなおしどり夫婦に、少しずつズレが生じていたのか。

◆藤吉久美子の音楽活動が始まり…

「太川さんは何より家族や子育てを優先してほしいというタイプ。藤吉さんは出産後しばらく仕事もセーブして家族ファーストでやっていました。息子さんが小学生になった頃かな、藤吉さんが合唱団に入りたいと言いだした。太川さんは反対だったようですが、藤吉さんは“これだけは譲れません”と。彼女も自由が欲しかったのかな、認めてもらったんです。家事の空いた時間や仕事のない日に、歌のレッスンに通うようになりました」(前出・芸能関係者)

 会見で、太川は彼女の音楽活動について「快くは思ってなかった(中略)そんなお金を払って来てもらうような歌じゃないんだから」と否定的な発言をしていた。

「息子も死ぬほどかわいい、夫も家事育児を手伝ってくれるし、時折料理まで作ってくれる。だけど、どんどん束縛されていく自分…藤吉さんにとっては歌関係で外に出ることがすごく自由に感じたんでしょうね…。そのうち本格的にライブハウスでのコンサートまで始めた。太川さんは家に帰ってもいつも妻がいない状況に不満を漏らすようになって、歌の活動は控えるように言っていたそうです。何時に帰るのか、誰と連絡を取っているのかと気にするようになっていった」(前出・芸能関係者)

 夫が妻の動向を気にするのは当然のこと。しかし藤吉にとってはさらに窮屈が増していったのか。そんな中、出会ったのが不倫相手といわれるテレビ局局員のA氏だったという。

「A氏はバンドメンバーや会場探しから事務所の移籍相談まで一手に引き受けていた。そのうちプライベートの相談もするようになっていったそうです。その心地よさから次第に彼と会う時間の方が増えてしまった。藤吉さんにとって、彼は癒し的な存在だったと思いますよ」(前出・芸能関係者)

 不倫は許されることではない。著名人という立場であるなら、騒動に対して謝罪を求められるのも当然のことだろう。一方、あくまで夫婦当人同士の問題でもある。太川が藤吉を怒るのは当然のことながら、もし心から信じる、許すというなら「ウチの妻がお騒がせしてすみません」と言うのにとどめ、あの会見をする必要はなかったのではないか。《藤吉はこれから夫に一生頭が上がらず過ごさなければならないのか》《亭主関白な夫以外に信頼をよせた藤吉はそんなに悪いのか》《もう外出も許可されないんじゃ!?》。ネット上ではそんな意見も少なからず聞こえる。

「でも、太川さん大したものですよ。芸能人夫婦でパートナーが不倫した時、“ウチの人がすみません”と謝れる人がどれだけいますか? 本心はさておき、太川さんがあそこまで会見をしたから、藤吉さんに同情が集まっているんじゃないですか。実際、彼のおかげで事態が収拾したんだと思いますよ」(スポーツ紙記者)

※女性セブン2018年1月4・11日号

関連記事(外部サイト)