杉浦幸 婚姻届や血の手紙が送られてきたアイドル時代を回顧

1980年代にブレイクした杉浦幸がアイドル時代を回顧 山瀬まみとの噂の真相も語った

記事まとめ

  • 女優や歌手、パチドルなどに挑戦してきた杉浦幸がアイドル時代のエピソードを暴露
  • 「一番怖かったのは私のハンコを押せばいいだけの『婚姻届』が送られてきたことです」
  • (山瀬まみとの確執の噂には)「仲が良く、しょっちゅう電話もしてた」と否定した

杉浦幸 婚姻届や血の手紙が送られてきたアイドル時代を回顧

杉浦幸 婚姻届や血の手紙が送られてきたアイドル時代を回顧

「当時は親衛隊もたくさんいました」と杉浦さん

 1980年代、女性アイドルの黄金期に大映ドラマ『ヤヌスの鏡』(フジテレビ系)で大ブレイク。以後、女優のみならず歌手やパチドル(パチンコアイドル)、雑誌のヌードグラビアなどにも挑戦してきた杉浦幸(48)。来年からはペットグッズのネット販売を本格化させるなど実業家としての顔ものぞかせる杉浦が、今だから話せるアイドル時代の“とんでもエピソード”を暴露する。

──80年代アイドルといえば、本人の意志とは裏腹にキャッチフレーズが付けられ、清楚なイメージが作り上げられていたように思いますが。

「私もそうでしたよ。人見知りでいつも周囲の大人に警戒心を持った目つきをしていたからという理由で、キャッチフレーズは『あ、まなざし』。おとなしくて陰のある設定でした。その型にはめられたアイドル像が当時は苦痛で仕方ありませんでした。

 テレビや雑誌のインタビューでも、本当は焼き鳥が好きなのにチョコレートパフェが好きと言わないといけなかったり、オフの日の私服ですら、大人びた黒や赤の服が着たかったのに、パステルカラー以外の服やロングスカートは着ちゃいけなかったりとか。化粧品の種類や髪型まで決められていました」

──昔のアイドルはトイレにも自由に行けなかったと聞いたことがあります。

「テレビ局内のトイレは事務所スタッフやタレントも使うので大丈夫でしたが、屋外でイベントなどがあった場合は、一般のファンも入りますし『アイドルがトイレに行く』というイメージ自体がNG。常に清らかで神格化されたアイドル像があったんです。『お前はショーケースの中のケーキだから、自分の意見はいらない』とはっきり言われたこともありましたね(笑い)」

──『ヤヌスの鏡』で一躍スターになったので、余計に戸惑ったのではないですか?

「実は、あのドラマ中は睡眠時間が1時間とか2時間しかなかったので、オンエアーをほとんど見ていないんです。だから、自分の知名度がどのくらい上がったのか把握できていませんでしたが、その後、歌番組に出演するようになって、『あれ、こんなに私を応援してくれる人がいるんだ』と驚きました。

 当時、人気のバロメーターだった“親衛隊”もたくさんいましたしね(笑い)。事務所公認で、地方イベントでも、私の乗る新幹線のホームにずらりと並んで、いわば専属のボディガードみたいな存在でした」

──熱狂的すぎるファンレターもたくさんもらったのではないですか?

「事務所に大きな段ボールで届けられたことはありました。とてもすべて読み切れない量でしたが、中には刑務所から『待たせてゴメン。出所したら必ず迎えに行く』という手紙があったり、手を切っている写真と一緒に血で『幸命』と書かれた封書が入っていたりしたこともあります。

 一番怖かったのは、私のハンコを押せばいいだけの『婚姻届』が送られてきたことです。しかも、家の鍵まで入っていて、『ここに引っ越そうと思う。○月×日に親も来るから会ってほしい』と物件の情報が添えられていました(苦笑)」

──人気絶頂のときには、アイドル同士の嫌がらせや喧嘩もあったのでは?

「私はそんなにイジメられた覚えはないんです。先輩アイドルから『なんでアンタがそこに座ってるのよ!』とか、挨拶を無視されたりしたことはありますが、まだマシなほう。楽屋を追い出された子もいましたからね」

──杉浦さんは“不良”の雰囲気も醸し出していたので、逆に怖がられていたのでは? ネットでは山瀬まみさんを泣かせた過去があると書き込まれています。

「ラジオの収録中に泣かせたという噂ですよね。まったくそんな事実はありません。山瀬とは仲が良く、しょっちゅう電話もしてましたしね。確かに、他愛もない言い合いはしましたが、それも仲がよかったからこそ。逆に『山瀬が杉浦を泣かせた』とならなかったのは、私のイメージなんでしょうね」

──趣味のパチンコや麻雀関連の仕事もするようになって、杉浦さんの清純なアイドルイメージは次第に崩れていきましたね。

「パチンコを始めたのは、母親の影響です。まだ電車通勤だった時代に母が毎日駅まで私を迎えに来てくれていたのですが、当時は携帯電話もなかったので仕事が長引くと3時間も4時間もベンチに座っていて……。そこで、暑さ寒さもしのげるパチンコ屋さんで待つようになり、気付いたら私も仕事帰りに母の隣で打っていました(笑い)。

 麻雀はよく正月に家族でやっていたので、昔からルールは知っていました。20代のころはドラマの撮影が翌日にあっても、地元の友達と徹マンをすることもありましたが、セリフは現場に向かう電車やタクシーの中で覚えて完璧でしたよ」

──杉浦さんといえば、ヌードも厭わないグラビア撮影にも挑戦していますが、脱ぐことに抵抗はないですか?

「まったくありません。キレイに写真を撮ってもらうのは好きですし、今後もオファーをいただけたら嬉しいです。その時に備えて日々体重計にも乗っていますよ(笑い)。もちろん、若い頃に比べれば“肉”のつき方も、つく場所も違いますが、酷くならない一定のレベルは維持したいと思っています。

 昔付き合っていた彼には、『グラビアはやらないで』と言われたこともあります。でも、仕事と彼のどっちをとるかといったら、常に仕事を選んできましたし、様々な人間関係を築きながら、より一つひとつの仕事の大切さを感じるようになりました」

──ネットで犬グッズを販売するセレクトショップを開設し、来年からは商品デザインも手掛ける予定だとか。実業家としての肩書きも加わりますね。

「犬は実家で小学生のころから飼っていましたし、一人暮らしの時代、私が対人恐怖症や自律神経失調症で芸能界から逃げ出したい日々を送っていた時も、飼い犬が唯一の“支え”になってくれました。

 でも、20歳で大きな事務所を辞めてからは、私自身の考え方も大きく変わりました。それまでは好きか嫌いかでしか物事を判断していませんでしたし、私の言動や立ち振る舞いから、多くの人が離れていきました。結局、自分ひとりの力ではなく、アイドル『杉浦幸』をつくってくださっていた周囲の方々の苦労も身に染みて分かったんです。

 それからは、手を差しのべてくれる人たちとのつながりを大事に、自分に至らないところがあったら、何がいけないのか自分自身と向き合い、ちゃんと考えるようになりました。私にとってアイドル時代は、いろいろな意味で人生勉強の貴重な時間だったと思います。

●杉浦幸(すぎうら・みゆき)/1969年4月5日生まれ、東京都出身。1985年、中学卒業後に雑誌『Momoco』に登場し注目され、同年12月、主演ドラマ『ヤヌスの鏡』(フジテレビ系)でデビュー。清純派アイドルとして人気を博す。翌年にはシングル『悲しいな』で歌手活動を開始。2016年、芸能活動30周年を迎えて新曲『密(ひそ)やかな恋』を発売中のほか、自身が厳選した犬グッズを扱うセレクトショップ「mauMina」(マウミーナ)が12月28日オープン。最新情報はオフィシャルブログ『Behind The Mirror』で公開中。

■撮影/渡辺利博

関連記事(外部サイト)