稲垣、草なぎ、香取の新年「27分間の生放送」は面白かった

稲垣、草なぎ、香取の新年「27分間の生放送」は面白かった

新年は草なぎくんの叫び声とともにやってきた(イラスト/ヨシムラヒロム)

 ジャニーズファンの年越しといえば、カウコンこと『ジャニーズカウントダウンライブ』と言われているが、このイベント開始当初のコンセプトが若手中心だったこともあり、SMAPファンは他の年越しイベントへの出演情報を探すか、カウコンに個々のメンバーがゲスト出演する様子を楽しむだけだった。だが、2017から2018年の年越しは違った。SMAP元メンバーでジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人と、現在はオートレーサーの元メンバー、森且行も電話で登場した楽しい新年あけましての生番組がAbemaTVで放送されたのだ。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、同番組を見ながら新年を迎えてみた。

 * * *
 2017年11月2日から5日までの72時間、AbemaTVで生放送された『稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます72時間ホンネテレビ』は大きな話題を呼んだ。

 そんな、AbemaTVと新しい地図のコラボレーションがナント! 2018年元旦に復活。

 1月1日の午前0時45分~午前1時12分、AbemaSPECIALチャンネルで『27Hunホンノちょっとテレビ』が生放送された。

 27分間という限られた時間内で、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が「〇〇始め」に挑戦。3人は出演者兼カメラマン、自撮り棒につけられた1台のカメラからの生放送である。

 派手さが全くない質素な画面は、まるでホームビデオ。しかし、演出がないゆえに覗く3人の素顔が良かった。

 右下にある「27:00」のカウンターが減るなか、まず挑戦したのは「SNS初め」

 インターネット上に自らの顔写真をアップする3人、一昔前では想像もできないシーンだ。

 長年縛られた末に、自由を勝ち取った3人の笑顔。「眼福」と頷いたファンも多いだろう。

 続けて行われたのが、お正月定番の「書き初め」

 2018年の抱負をそれぞれが記した。

 まず、書き終えた草なぎ剛の半紙には「旨味」の2文字。「新しい地図を描きつつ、新しい味を表現していきたい」と語る。

「字が汚くて申し訳ないんだけど……」と前置きしつつ、稲垣吾郎が書いたのは「出会い」。

「全ては出会いから始まるじゃないですか!」と力を込めた。

 そして香取慎吾は「笑」の一文字。

「今年は笑えて笑顔になれた!来年はさらに笑顔になりたい!」と宣言。

 新しい地図以降、見るからに元気になった香取慎吾だから響くメッセージ。ラッパーがよく使う「言葉の重み」を感じた。

 そして、みんな大好き森くんが登場したのが「電話初め」。

「3人でじゃんけんして、勝った人が電話かけようよ!」と香取慎吾の提案から始まった一幕。

 じゃんけんぽん!

 稲垣吾郎 チョキ
 草なぎ剛 チョキ
 香取慎吾 グー

 一人勝ちした香取慎吾は「森くんにかけようよ、けどオレ森くんの番号知らないんだよなぁ」とポツリ。「僕、知ってるよ」と稲垣吾郎が助け舟。当初のじゃんけん企画は何処へやら、森且行に電話をかける流れに。

 森且行が電話口に出ると、草なぎが「僕たちと会ったあと成績いいよね、森くん!」とはしゃいだ。

 電話番号を知りたがっている香取慎吾は、稲垣吾郎のiPhoneに表示される森且行の電話番号を見て「8が多いな」とぼやく。

 森且行は「8着ばっかなんだよ(笑)」と『72時間ホンネテレビ』で3人が観戦した際、8着だったことを受けてのナイスな応答。

 芸能界から離れ20年以上、そんな森が見せる対応力の高さよ。元SMAPは伊達じゃない。

「今年はもっと交流深めてもいいんじゃないの」と草なぎに対し「楽しいこといっぱいして盛り上げようよ」と森且行。

「番号覚えたよ」と香取慎吾がつぶやき、「電話初め」は終わった。

「新情報初め」では、「AbemaTVのEXTRAチャンネルでこの後1時15分から『72時間ホンネテレビ』のノーカット再放送が決定しました!」とめでたい報告。

 最後の「歌初め」では、『72時間ホンネテレビ』のテーマソング「72」を熱唱。

“27分間の生放送は無事に終わった”

 と書きたいが、そーもいかないからエンターテメントを極めた3人。

「キス初め」といって登場したのがゲイレスラー・男色ディーノ。最初は香取を指名し、稲垣吾郎と草なぎ剛が香取の身体を抑えていた。ところが実際は、キスされる寸前でかわした香取の真後ろにいた草なぎとディープキス。

「舌入ってるって!」と叫ぶ草なぎ剛の断末魔とともに、27分間の生放送は終わった。

 ゲイレスラーとキス、これが草なぎ剛が描く「新しい地図もしくは新しいゲイ能」であるかは分からない。ただ1つ間違いないのは、番組が面白かったという点。

『27Hunホンノちょっとテレビ』の前に放送されていた『朝青龍を押し出したら1000万円』より圧倒的に。

関連記事(外部サイト)