三遊亭円楽 「落語は夢のある最高のエンターテインメント」

三遊亭円楽 「落語は夢のある最高のエンターテインメント」

渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽の寿影

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が還暦を迎えてから力を注いでいるのが、“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクトだ。

『寿影』とは、渡辺氏による造語で、商標登録されている。葬儀で使用される『遺影』の“遺”の文字には暗くて辛気臭いイメージがあると感じていた渡辺氏は、代わりにこれまでの人生を祝う意味を込めて、美しい響きを持つ“寿”を選んで命名した。

 撮影時間はわずか10分程度。できあがった写真を見ると、みんなが喜んでくれた。

「背景は余計な情報を入れないよう、シンプルな白バック。自然な笑顔を引き出すための架け橋となる宝物やお気に入りの一品を持ってきてもらい、それについての会話を交わしながら素の表情を撮影することに集中する。目指したのは、心にピントを合わせた、いつも通りの笑顔です」(渡辺氏)

『寿影』の輪は人づてに広がり、現在は渡辺氏が運営する『六本木スペース ビリオン』での撮影会と、小学館が運営する『サライ写真館』で、一般の人の撮影を受け付けている。

 この日、渡辺氏は落語家・三遊亭円楽(67)の『寿影』を撮影。円楽は「私の一品」として銀座・宮脇賣扇庵の京扇子を手に取った。

「俺の人生、人の言いなり。落語家も師匠に誘われ、頼まれたことやってたら円楽にまでなっちゃった。でも、流されるのも面白い。ここまで来たら大したもんだ、上げ潮のごみだってな」

 淀みない言葉の才は天性のもの。流れはまさに運命なのだ。

 広げた扇子は“噺家生涯扇子1本”と称される商売道具。ふらっと立ち寄った銀座の店で、見たこともない淡茶銀の地紙と縁起のよい瓢箪柄にひと目惚れ。以来、高座の相棒となった。

「芸人は言葉も着る物も飾らなきゃ。洒落てこそなんぼの世界。それが秀逸の芸に繋がります」

 人生終盤に思うことがある。

「落語は生き死にに関係ない、なくてもいい商売だけど、言葉や小道具だけでタイムマシンにだって乗せてくれる夢のある娯楽。日本人が作った最高のエンターテインメントであり、ないよりあったほうがいい商売だと思うね。廃らせちゃならない」

 その意は全国展開の落語プロデュースへと向かう。「いい歳だし身辺整理をしなきゃいけないのに、やること増えちゃって」と笑う六代目は、いかなる手腕で“洒落の利いた笑い”を津々浦々に届けるか、乞うご期待!

●さんゆうてい・えんらく/1950年、東京都生まれ。青山学院大学在学中に五代目・三遊亭円楽からスカウトされ、三遊亭楽太郎として前座デビュー。27歳で『笑点』(日本テレビ系)の大喜利メンバーに抜擢され、腹黒ネタで人気を博す。1981年、真打昇進。2007年からは福岡市で『博多・天神落語まつり』のプロデュースを手がける。2010年3月、六代目・三遊亭円楽を襲名。

◆小学館が運営する『サライ写真館』では、写真家・渡辺達生氏があなたを撮影します。詳細は公式サイトhttps://serai.jp/seraiphoto/まで。

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

関連記事(外部サイト)