有賀さつきさんの娘を支える方法はないか… 同期たちが心配

有賀さつきさんの娘を支える方法はないか… 同期たちが心配

同期の八木亜希子さんも有賀さつきさんの娘を心配し

 1月31日に亡くなった元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさん(享年52)。有賀さんは周囲はおろか、実父・洋さんにさえ病気を隠していたという。

 1988年にフジテレビに入社した有賀さん。1992年のフリー転身後、2002年にフジテレビ時代の元上司で解説委員だった和田圭さん(65才)と結婚、女の子が生まれた。だが2006年、娘が3才のときに離婚。A子さんは現在15才、この春から高校生になる。

「普通に考えれば、有賀さんと離婚しているとはいえ、A子さんは実の父である和田さんと一緒に暮らすのが妥当なんでしょうけど、同期の八木亜希子さん(52才)や花田景子さん(旧姓・河野、53才)は、“本当にそれがいいのかな…”と漏らしていました。

 親友の2人は、有賀さんから“和田さんとの関係”をよく聞いていました。周囲が想像する以上にこじれていたらしく、A子さんが小学校に上がって以降、和田さんとは会わせていなかったそうです。和田さんが一風変わった人なのは、フジ局内でも有名でしたからね…。“どうして和田さんと結婚したの?”と尋ねた同期に有賀さんは、“当時は不倫騒動で世間から猛バッシングを受けていたから、世の男性は二度と自分に優しくしてくれないと思っていた。そんな時に優しくされたのが和田さんだけだったから、コロッと”と笑いながら言っていたそうです。

 もちろん、和田さんも有賀さんの闘病のことは知らず、亡くなったこともメディアからの問い合わせで知ったほど。お葬式にも呼ばれていませんからね。10年近く疎遠だった父親と娘が、母親が亡くなったからといって、すぐにその空白期間を埋めるのは簡単なことではないでしょうね…」(フジテレビ関係者)

 有賀さんの知人が明かす。

「A子さんは喘息の気があり、夜中に咳き込んだり、高熱を出して入院したこともあったそうです。有賀さんは、着の身着のまま病院に連れて行くこともありました。一方で、生活を支えるためには働かなくちゃいけない。でもかつて女子アナというスポットライトのあたる場所にいた有賀さんにくる仕事は、たまのバラエティーや通販番組。複雑な思いを抱えていたみたいです」

 それでも、ほとんど弱音を吐かなかった有賀さん。2月下旬、フジテレビの同期である八木亜希子(52才)、花田景子さん(旧姓・河野、53才)、政治家に転身した元衆議員議員の三宅雪子さん(52才)が集まって行われたお別れ会ではA子さんに関する話題も出たという。

「八木さんも景子さんも、有賀さんが“シングルマザーの矜持”をもって懸命に娘さんを育てていたことを知っています。どんなに苦境でも、深刻な病気を患っても、和田さんに頼ることはなかった。そこが、同期の仲間たちには引っかかったんです。お別れ会では、“有賀さんの思いを汲むために、どうするのがいいんだろうね”“全寮制の学校はどうなんだろう”“A子さんを経済的に支える方法はないだろうか”という話にまで及んだといいます」(前出・フジテレビ関係者)

 現在、有賀さんの父・洋さんは自宅から片道2時間近くかけて、A子さんが1人で暮らすマンションに通う生活を続けている。顔には、うっすらと疲労の色が浮かんでいた。洋さん自身がA子さんと一緒に住むには80代半ばという年齢を考えても体力を考えても難しいが、孫は放っておけない。その複雑な胸中を本誌・女性セブンにこう明かした。

「娘は息を引き取る直前まで、孫のA子のことを気にしていたそうです。A子は学校が好きで、ここから通わせるのも難しいので、呼び寄せることができません。私もこの年齢ですから、ずっと行ったり来たりというのも大変です。先日、私と和田さんとA子の3人で会う機会を作りました。でも、まだ2人には大きな遠慮があって、直接連絡を取り合うのも躊躇するぐらいです。血の繋がった親子なのに…。一緒に暮らせるようになるには、どれだけの時間がかかるのか」

 八木や景子さんが吐露していた不安は、決して杞憂ではないようだ。有賀さんが安堵できる日はくるのだろうか。

※女性セブン2018年3月15日号

関連記事(外部サイト)