松岡修造娘vs君島十和子娘 宝塚次世代トップスター争い

宝塚ファンが次世代トップスター争いの議論 松岡修造の娘vs君島十和子さんの娘が注目

記事まとめ

  • 宝塚音楽学校の卒業公演で松岡修造の長女・松岡恵さんがヅカファンの間では注目の的に
  • 君島十和子さんの娘で月組の男役として活躍している蘭世惠翔も3年前に注目された
  • “ヅカを代表するトップスターは修造の娘か十和子さんの娘か”と議論が始まっている

松岡修造娘vs君島十和子娘 宝塚次世代トップスター争い

松岡修造娘vs君島十和子娘 宝塚次世代トップスター争い

娘の蘭世惠翔は月組の男役として活躍

 今年もまた、新たなタカラジェンヌたちが宝塚音楽学校を巣立っていった。3月1日、第104期生が涙のなかで卒業式を迎えた。それに先立つ2月16~18日の卒業公演では、卒業生が2年間の鍛錬の成果を見せ、その後ろでは昨年入学した1期下の後輩たちが初舞台を踏んだ。

 今年、そのなかにグレーの制服姿でコーラスを披露する松岡恵さん(18才)がいた。彼女は松岡修造(50才)の長女だ。

「修造さんと元女子アナの惠美子さんという両親譲りの整った顔立ち、特に切れ長のクールな目元は修造さんそっくり。しかも、169cmという見事なスタイルで、入学当初から話題を呼びました。合格発表の時にはすでに髪をリーゼントでカッチリまとめて、早くも男役の風格が漂っていました」(宝塚関係者)

 今年の卒業公演でもヅカファンの間では注目の的で、あるスポーツ紙は《修造氏長女恵さんが“初舞台”、宝塚音楽学校卒業公演で公開稽古》と報じた。しかし、その関心の高さが思わぬ波風を立てている。

「本来の主役は104期の卒業生たちなんですけどね。本人にその気がなくても、有名人の娘が入学すると“目立ちすぎ”“親の七光りだ”って、どうしてもやっかみ半分で見られてしまうんです」(前出・宝塚関係者)

 松岡恵さんからさかのぼること、3年前。彼女と同じように一身に注目を集めて、初舞台に上がったジェンヌの卵がいた。現在、月組の男役として活躍している蘭世惠翔(20才)だ。彼女の母親は、熱心な教育で娘を宝塚音楽学校に合格させたことで知られる君島十和子(51才)…。

 気の早いファンの間からは、年齢の近い2人の“若きサラブレッド”について、こんな声が聞こえてくるのだ。

「どっちがトップスターになると思う?」

◆実力次第でひっくり返る

 恵さんは昨年、26.1倍の狭き門をくぐり抜けて合格。もちろん“コネ”なんかない完全実力主義の試験だ。目下、同校の「鉄の掟」の下、トップを目指す日々を過ごす。

「授業は月曜から土曜の朝9時から夕方5時まで。演劇論はもちろんのこと、日舞、洋舞、和楽器の演奏、ピアノ、声楽など多岐にわたる『タカラジェンヌの絶対要素』を叩き込まれ、夜は課外レッスンで各自が技術を磨いています」(別の宝塚関係者)

 厳しいのはなにも授業に限ったことではない。

「学校の廊下では私語は厳禁。壁に沿って一列で歩き、角は壁伝いに直角に曲がります。歌劇団員は阪急電鉄の社員のため、電車に乗るときは必ずいちばん後ろの車両で、車内での着席は厳禁。下車駅では、電車におじぎをして見送ります」(前出・別の宝塚関係者)

 在学中の2年間は、グレーの制服・制帽、白の三つ折りソックスに黒靴が絶対。プライベートでも洋服は紺や黒、グレーなど地味な色のものしか着ることを許されず、アクセサリーやブランドものは厳禁だ。

「強い覚悟をもって入学した恵さんでしたが、厳しいレッスンとルールに戸惑うことも多いみたいですね。でも、親譲りの度胸もあるのでしょう、立ち姿には“華”がある。まだまだ勉強が必要なことばかりですが、“華”は訓練で身につくものではない。生まれ持った素質は充分だと思いますよ。来春には、恵さんは音楽学校を卒業しタカラジェンヌとしてデビューします。歌劇団は、まさに実力だけの世界。先輩も後輩もありません」(前出・宝塚関係者)

 最初に出演するのは、入団1~7年目までの若手が出演する「新人公演」。そこで頭角をあらわせば、本公演への出演、さらにトップスターやトップ娘役への道が開かれる。中には“飛び級”でスターへの階段を駆け上がる先輩たちもいた。

「トップには、容姿、歌、ダンス、演技力、そしてスター性が要求されます。どれか1つが欠けてもトップにはなれません。天海祐希さん(50才)は、入団1年目で新人公演の主役を演じ、異例の7年目でトップスターになりました。大地真央さん(62才)は9年目でトップスター。大地さんの相手のトップ娘役に、黒木瞳さん(57才)が入団1年目で大抜擢されたこともあります」(前出・別の宝塚関係者)

 恵さんは、文句のつけようのない“サラブレッド”だ。高祖父の小林一三は阪急東宝グループの創始者で宝塚歌劇団の創設者。祖父は映画会社・東宝(「東京宝塚」の略)の名誉会長で、祖母は宝塚第44期の千波静。さらに千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、薫の息子の妻は元花組トップスターの蘭寿とむだ。

「恵さんはトップスターになる大きな可能性を秘めていると思いますが、そのためには他のトップ候補たちとの競争を勝ち抜かなければなりません。そこで囁かれているのが、蘭世さんとの激突なんです」(前出・宝塚関係者)

 もともと大のヅカファンを公言していた君島は、蘭世を4才から名門バレエ教室に通わせ、英才教育を施した。中学生になると、「宝塚予備校」といわれる専門のスクールに入れた。君島の後押しを受けた蘭世は1年目の不合格を乗り越え、2年越しで宝塚音楽学校に合格。2016年春の卒業時には、演劇部門で優秀賞を受賞したほどの実力を持つ。

「まだデビュー2年目ですが、固定のファンも数多くついていて、ファンレターもたくさん届いているそうです。とびぬけて“イケメン”というわけではありませんし、ダンスにはまだまだ荒削りの部分があります。でも、アッシュブロンドのショートヘアが似合っていて、オーラがある。音楽学校の頃から努力家で、練習量は人一倍多いそうです。それに、先輩の人気男役からかわいがられていることも大きい。それだけ愛敬や礼儀があるということですからね。ファンはそういうところまでよく見ています。トップスターになる“レール”の上に乗っていると思います」(前出・宝塚関係者)

 蘭世は現在、月組に所属している。

「来春卒業する恵さんが、どの組に配属されるかはまだわかりません。場合によっては、蘭世さんと同じ月組になる可能性もあるわけです。そうなると、同世代の蘭世さんは追い抜くべきライバルです。一方の蘭世さんだって、“先輩だから”と安心していられるわけではありません。実力次第で、簡単にひっくり返る世界ですからね。

 仮に同じ組に配属されなくても、有名人の娘である2人には、この先ずっと注目が集まります。“ヅカを代表するトップスターは、修造の娘か、はたまた十和子の娘か”という宝塚を二分する議論がすでに始まっているんです」(前出・宝塚関係者)

 闘いの火ぶたはもう切られている。

※女性セブン2018年3月15日号

関連記事(外部サイト)