大杉漣さんなど「脇役」の重要さとその歴史

大杉漣さんなど「脇役」の重要さとその歴史

大杉漣さんなど「脇役」の歴史を振り返る

「大杉漣さんの突然の訃報には本当に驚きました。なぜなら、娘が“脇役”人生を歩くきっかけを作ったのは大杉さんだったのだから…」

 そう声をつまらせながら語るのは、2008年8月に亡くなった女優、深浦加奈子さん(享年48)の母・京子さん。深浦さんは『家なき子』(日本テレビ系)、『ナースのお仕事』(フジテレビ系)、『ショムニ』(同)など人気ドラマの名脇役として唯一無二の存在感を放っていたが、大腸がんを患い、5年間の闘病の末、この世を去った。そんな深浦さんは、もともと『第三エロチカ』というアングラ劇団の看板女優だった。

「1989年に“もっと広い世界で演技をしたい”と『第三エロチカ』を退団した後、初めての仕事が大杉さんに誘われた舞台だったんです。その作品で、助演女優賞を受賞したことが、加奈子の脇役人生の第一歩でした」

 2月21日、急性心不全で急逝した大杉さんと深浦さん。奇しくもふたりは、“死”によってその功績に大きな注目が集まることとなった。

 生前は主役のスターたちを輝かせ、本人にスポットライトが当たるのは亡くなったとき。いわば“日陰の存在”でもある脇役の人生とは、いかなるものなのか──。

◆キャメラなんて、大部屋に関係あるか!

 大杉さんは名脇役として輝くと同時に、映画『蜜のあわれ』などで主演を務めたこともある。しかし、日本の映画界では長らく“脇役は一生脇役”が定石だった。60年以上、京都の東映撮影所で“斬られ役”と呼ばれる時代劇の脇役を演じてきた福本清三(75才)が言う。

「親戚の米店を継ぐのがどうしても嫌で、映画なんか1本も見たことがないのに、15才のときに撮影所に入りました。当時、わしらは日雇い労働者みたいなもの。朝5時に集められてその日の役を割り振られました」

 1960年代、日本映画は全盛期で、福本ら脇役は5~6本の掛け持ちが当たり前。撮影が終わるのは深夜だった。

「撮影所の大きな部屋に敷いてある布団に雑魚寝して、また翌朝役が割り振られるという繰り返しでした」(福本)

 中村錦之助、市川右太衛門、片岡千恵蔵ら名だたるスターたちに斬られ、殴られ、殺される日々。撮影所の大きな部屋で寝泊まりすることから、福本ら脇役は“大部屋俳優”と呼ばれた。

「当然、台本なんてもらえない。そのうえ、『キャメラの位置はどこですか?』と助監督に聞くと『キャメラなんて、大部屋に関係あるか!』と怒鳴られる。物乞いから殿様までいろいろな役をやったけれど、どの映画に出ていたかなんて、全く覚えていません(苦笑)」(福本)

 映画評論家で『映画のキャッチコピー学』の著書がある樋口尚文氏が解説する。

「当時は主演を張るヒーローやヒロインから大部屋俳優まで撮影所が丸抱えし、同じような役回りを繰り返し演じさせるシステムでした。だから主役と脇役の棲み分けははっきりしていたし、作品が変わっても、脇役がヒーローになることは決してなかった」

 脇役は主役の演技を盛り上げることに命を懸け、主役もそれを理解していたから、プライベートでも大部屋俳優を大事にした。

「中村錦之助さんは、毎晩スタッフや脇役たちを自宅に呼んで、食事や酒をふるまい、翌朝、自宅から撮影所へ送り出していたという逸話が残っています」(樋口氏)

 だからこそ、脇役が主役よりも目立ってしまうことは御法度だった。福本が現場を振り返る。

「忍者軍団の手下役で、山の上からキャメラに向かって一目散に走るシーンがあったんです。黒装束に身を包んで、ピョンピョン跳ねながら真っ先にキャメラの前にたどり着くと監督の怒鳴り声。『ドアホ! 手下のお前がいちばん最初に駆けてきてどないするんや! 主役が先に来ないと画にならんやろ』と…(苦笑)」

◆脇役には自分を投影できる

 一度脇役として役者デビューすれば、死ぬまでスポットライトはおろかカメラに写ったかどうかすらわからない脇役のまま。そんな彼らに光が当たり始めたきっかけは、皮肉にも映画業界の衰退だったと樋口氏が言う。

「1970年代に入り、日本映画に陰りが出ると、これまでの絵に描いたようなヒーローじゃダメだ、もっと人間味があって観客が自分を投影できる存在でなければ、という風潮が生まれました」

 そこで制作陣が目を向けたのが、癖のある脇役だった。

「1つの成功例が1973年に公開された『仁義なき戦い』。それまで脇役専門だった金子信雄を筆頭に従来の脇役たちをメインキャストに置いたところ、リアルで人間臭い演技が大評判になりました」(樋口氏)

 背景には、高度経済成長期の衰退がある。前途洋々で、未来に希望が持てた1960年代が終わり、1970年代に入ると経済が停滞し始める。公害や政治汚職の問題も次々に噴出した。

「『健さん、悪い奴ぶった斬ってくれ』という単純な勧善懲悪から、バイタリティーをもって生き抜く悪い奴、癖のある奴に自分を重ねて笑うように、見る側の感性に変化が生じたのです」(樋口氏)

 脇役専門で活動してきた役者たちに主役への扉が開かれるにつれ、脇役そのものにも次第にスポットライトが当たるようになる。

 2000年代に入ると、脇役が脇役のまま、主役に躍り出る「スピンオフ作品」が数多く制作されるようになる。ドラマ評論家のペリー荻野氏が言う。

「その代表例が、『警部補 矢部謙三』。阿部寛さん・仲間由紀恵さん主演の『トリック』(テレビ朝日系)で脇役の警察官として出演した生瀬勝久さんを主演に置いて人気を博したスピンオフ作品です。意地悪な警察官だと思っていた矢部に意外とかわいらしい部分があるなど、視聴者が脇役の持つ面白さや幅広さに気づいたのです」

 この作品をきっかけとして、ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)の『交渉人 真下正義』や『相棒』(テレビ朝日系)の『鑑識・米沢守の事件簿』など、スピンオフ作品が次々と生まれた。

 同時に、ドラマの中でキラリと光った脇役たちが、やがて主役の切符を手にするケースも増えた。例えば、木村拓哉(45才)主演のドラマ『HERO』(フジテレビ系)に脇役として出演していた吉田羊は『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)で、松重豊(55才)は『孤独のグルメ』(テレビ東京)でそれぞれ主演の座をつかんでいる。その理由を、ドラマ評論家のペリー荻野氏はこう分析する。

「ネットテレビや深夜枠など、ドラマの本数が増え視聴者も、下積みや豊かな人生経験に基づいた脇役の演技を求めるようになったのでしょう」

 昔のように放映されるドラマの数が限られており、リアルタイムでしか見ることができなければ別だが、今は数多の作品があるうえ、録画して見ることもできる。

「格好いい、かわいいだけの若手を主役に置いて“ありがたや”と言いながら撮影したドラマよりも芸達者な脇役たちが作り上げるドラマがこれまで以上に求められているのでしょう」(ペリー氏)

“芸達者な脇役の演技を心ゆくまで堪能したい”そんな視聴者の気持ちに応えたドラマの“究極”が、大杉さんの遺作となった『バイプレイヤーズ』(テレビ東京)だった。

 大杉さんを筆頭に、松重、遠藤憲一(56才)、田口トモロヲ(60才)、光石研(56才)ら名脇役たちが集まって共同生活を送る同番組は、続編まで作られるほどの人気を博した。視聴者の需要に加え、SNSの発達も脇役人気の一因だ。

「昔はドラマに脇役がチラっと映っても、どこの誰か、他にはどんな作品に出ているのか、調べようがなかった。だけど今はネットですぐに検索できるうえ、お気に入りの脇役の魅力について拡散することも簡単です。そのため、脇役の人気にも火がつきやすく、認知されやすい時代になったのだと思います」(ペリー氏)

※女性セブン2018年3月22日号

関連記事(外部サイト)