テレ東的企画連発フジ『ニチファミ!』 『池の水』と直接対決

テレ東的企画連発フジ『ニチファミ!』 『池の水』と直接対決

『池の水』に勝てるのか?(『ニチファミ』公式HPより)

 テレビ東京が手掛けたヒット番組がテレビ界を賑わせているが、そんなテレ東的な番組をフジテレビが企画して話題を呼んでいる。毎週日曜放送の2時間バラエティー枠『ニチファミ!』がそれだ。フジテレビが、なりふり構わない戦略に打って出る狙いとは――。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 11日、フジテレビの2時間バラエティー枠『ニチファミ!』(毎週日曜19時57分~)で、『今夜解禁!開かずの扉~超カギ開け師が眠れるお宝発掘SP~』が放送されます。

 同番組はタイトルを見れば分かるように、「開かずの扉を鍵師が開ける」というシンプルなコンセプトのドキュメントバラエティー。タイトルを見れば内容が分かるシンプルなコンセプト、芸能人ではなく一般人が主役のドキュメントバラエティー、日曜放送の2時間番組……ここまで読んでピンときた人もいるでしょう。テレビ東京の番組と似ているのです。

 絶好調の『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』を筆頭に、『あなたの家にもお宝が!突撃!しあわせ買取隊』『東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた』『必着!にっぽんの運び屋~物流の裏側&スゴ技連発SP~』『住民を守れ!日本全国駆除の達人』。

 これらはすべて半年以内にテレビ東京の2時間バラエティー枠『日曜ビッグバラエティ』(毎週日曜19時54分~)で放送されたものであり、いかに似ているかが分かるでしょう。

 さらにフジテレビの『ニチファミ!』は、今回の『開かずの扉』だけでなく、2月25日に『無念を晴らせ!密着!交通事故鑑定人』、2月18日に『空き家、つぶします。~ワケあり物件VS依頼殺到の解体名人~』、2月11日に『あなたの町の緊急事態 ゲキタイレンジャー~狂暴害獣vs職人の技~』と、テレビ東京の『日曜ビッグバラエティ』を彷彿させる企画を連発しています。

 ここ1か月にかけての急激な変化はなぜなのでしょうか?

◆『イッテQ!』『行列』とかぶらない視聴者層

 やはり『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』の成功が大きいのは間違いないでしょう。昨秋2度に渡って視聴率で大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)を上回ったほか、今年1月も各局の正月特番が並ぶ中、13.5%(ビデオリサーチ、関東地区)で自己最高を更新。数字も話題性も右肩上がりの状態を見て、マーケティングの観点から視聴者ニーズを確信し、「同じような金脈を探し当てたい」と考えるのは自然な流れでしょう。

 もともと日曜の20~21時台は、日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』が独走状態であり、フジテレビは苦境にあえいできました。『フルタチさん』『ニュースな晩餐会』『オモクリ監督~O-Creator’s TV show~』、ドラマ枠、そして『ニチファミ!』の前身である単発特番枠『日曜ファミリア』など、「さまざまなタイプの番組を手がけてもうまくいかなかった」という苦い歴史があるのです。

 一方、テレビ東京の『日曜ビッグバラエティ』は、前身の『日曜ビッグスペシャル』から数えると、実に42年の放送歴を誇る日本屈指の単発特番枠。長い歴史を持つため、2時間の単発特番を見ることに慣れた視聴者、「今週はどんな企画かな?」と内容で見るかどうかを決める視聴者が、確実に存在します。

 さらに、『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』が高視聴率を獲得したことで、「この視聴者層なら『イッテQ』『行列』とかぶらず高視聴率を狙える」ことが証明されました。また、苦境が続くとは言えフジテレビには、「番組制作力や予算を踏まえれば、テレビ東京と十分勝負できる」という自負もあるでしょう。

◆視聴率は苦戦必至も、思わぬ追い風が

 しかし、『開かずの扉』が放送される11日の夜には、『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』の第7弾が放送されます。つまりフジテレビにしてみれば、「相手の大将格と直接対決する」ということ。視聴率では過去の実績がある分、難しいものがありそうですが、「内容や評判で上回ることができるか」が注目されます。

 実際、『ニチファミ!』で放送された『交通事故鑑定人』『空き家、つぶします』『ゲキタイレンジャー』は、どれもVTRの内容が濃く、撮影の技術や手間のかけ方などに「さすが」と思わせるところがありました。

 芸能人が不自然に盛り上げるような演出もなく、視聴率こそ振るわなかったものの、視聴者の反応は上々。今後もこの姿勢を貫ければ、徐々に視聴者の信頼を勝ち取り、『ニチファミ』でのシリーズ化に加え、レギュラーに昇格できる企画が発掘できるかもしれません。

 さらに、思わぬ追い風が吹いてきました。テレビ東京の『日曜ビッグバラエティ』が「4月から1時間枠に縮小する」というのです。

 テレビ東京にとっては、新番組『池上彰の現代史を歩く~Walking through Modern History~』を放送するためであり、強気の番組編成なのですが、フジテレビにとっては「長年に渡って2時間特番をじっくり見てきた視聴者を独占できる」チャンス。もちろん『日曜ビッグバラエティ』が1時間に凝縮されてパワーアップする可能性もあるだけに、しばらくの間は両者の戦いから目が離せそうにありません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

関連記事(外部サイト)