ポンキッキーズ終了に爆チュー問題と鈴木蘭々がコメント

ポンキッキーズ終了に爆チュー問題と鈴木蘭々がコメント

鈴木蘭々がポンキッキーズを回想

 人気子供番組『ポンキッキーズ』(BSフジ)が3月末に放送終了し、45年の歴史に幕を降ろす。ガチャピンとムックが“番組の顔”として大活躍した『ひらけ!ポンキッキ』。1973年にフジテレビでスタートして以降、たくさんの子供たちが夢中になった。

 1994年『ポンキッキーズ』に安室奈美恵と「シスターラビッツ」というコンビで登場し、1999年の番組改編まで同番組に出演し続けた鈴木蘭々はこう振り返る。

「『ポンキッキ』は自ら懇願してオーディションを受けて出演した思い出の番組。ここから仕事が増えたんです。20代後半のかたがたは私のシスターラビッツ時代をギリギリ覚えていてくれる。私の家はラーメン屋でいつもチャーハンやメンマの茶色いお弁当だったから、『ママのお弁当クッキング』のコーナーで、一生懸命にお弁当を作るお母さんに感動した記憶があります。もし番組が復活したら猫の役で、また出たいな」

 また、『ポンキッキーズ』出演により、新たな魅力が磨かれた「爆チュー問題」(おおたぴかり・たなチュー)の2人はこう語る。

「『ポンキッキーズ』出演の話が来た時、「待ってました」とばかりに引き受けましたね(笑い)。『爆チュー問題』は、バカなきょうだいが珍問答をするコントをされていた『ドリフ』のいかりや長介さんと仲本工事さんを参考に、コンセプトを考えました。『だんご3兄弟』を作った佐藤雅彦さんのアイディアで、ネズミになってアホなことを言い合うようになった。もし『帰ってきたポンキッキーズ』をやる時は、必ず声をかけてください!」(おおたぴかり)

「爆チュー問題をやったおかげで、子供たちからは随分声をかけられました。当時流行した『でたらめな歌』はコントとしての歌でしたが、ヒットチャートに上がったり、歌番組に紹介されたりして、他人事のようにくすぐったかったですね。子供番組ではありましたが子供だけでなく、大人にも刺激を与えていた番組でした」(たなチュー)

※女性セブン2018年3月22日号

関連記事(外部サイト)