エリートの道絶った三代目J岩田剛典 緊張感で奮い立つ

エリートの道絶った三代目J岩田剛典 緊張感で奮い立つ

エリートコースを断って芸能界に飛び込んだ岩田

 監禁した女性を火あぶりにし、その様子を撮影する猟奇的な天才カメラマン・木原坂(斎藤工、36才)を、結婚を間近に控えた岩田剛典(29才)演じる新進気鋭のルポライター・耶雲が追い詰めていく。木原坂の次のターゲットは、婚約者の百合子(山本美月、26才)。

 そして耶雲がたどり着いた予想不可能なラストシーン…。

 3月10日公開の映画『去年の冬、きみと別れ』は、“観客がみんなダマされる”と話題の傑作サスペンス。そして、この作品が映画初単独主演で、俳優としての「出世作」になると評判なのが、EXILE、三代目J Soul Brothersメンバーの岩田だ。

「パフォーマーとしてデビューしましたが、映画やドラマへの出演経験を積み重ね、今や役者としての評価も高い。カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの世界三大映画祭の女優賞を受賞した名女優ジュリエット・ビノシュは、6月公開映画『Vision』で岩田と共演した際、“彼が英語を習得したら、世界が放っておかない”と手放しでほめていました」(映画関係者)

 実力だけではなく、“今いちばん客を呼べる若手俳優”といわれるほど人気もピカイチ。先日行われた日本アカデミー賞の公式ツイッターの「いいね!」の数では、新人賞の竹内涼真(24才)の記念動画は3700件、最優秀主演男優賞の菅田将暉(25才)は6800件、プレゼンターの岩田の記念写真はなんと1万件を超えた。

 ダンスで鍛えた肉体美も女子たちから悲鳴が上がるレベル。最新号の『an・an』(3月14日号)の表紙はシャワーを浴びながらこっちを見つめる上半身裸の岩ちゃん。タイトルは「官能の瞬間」。発売前から予約が殺到しているという。

「演技やダンスが上手なイケメンはたくさんいますが、岩田が特別なのは、“覚悟が違う”ということでしょう。デビューした頃から、“ぼくはスーパースターになります。そのための努力は惜しみません”と周囲に宣言していたほどですから」(芸能関係者)

 岩田は愛知県で300人以上の従業員を抱える高級革靴メーカー社長の次男。中学受験で超難関の慶應義塾中等部に合格し、慶應大学法学部に進む。誰もが羨むエリートコースだった。

「運命を変えたのが、大企業の就職内定を得た後の大学4年夏、後の三代目メンバーの小林直己と出会ったこと。彼の勧めで三代目のオーディションを受けた。直己は“岩ちゃんの人生を変えたから”と両親に謝りにいったらしいです」(前出・芸能関係者)

 エリートの道を断って飛び込んだ芸能界。絶対にここで成功する! そんな岩田の覚悟は、『LDH OUR PROMISE』(小学館)でのインタビューにも表れている。同書は岩田らが所属する「LDH JAPAN」社内のスタッフやアーティストが心に刻む言葉や、メンバーたちがそれらの言葉に導かれた生き方を語った1冊だ。

《夢を叶えられる世界は、残酷な儚い世界でもある》

《流行は移ろいやすく、永遠に輝き続けられる人はいないと思います。どこかに、いつも、自分の代わりはいる。その危機感や緊張感が、自分を奮い立たせてくれるし、律してくれます》

 ただストイックなだけではない。5年後、10年後の理想の自分を思い描き、岩田はワクワクしているようだ。

《厳しい世界に身を置くことを窮屈としか感じられなければ、それ以上は成長しません。夢がハッキリしていれば、窮屈さも夢への道のりに思え、楽しめるのではないかと思っています》

 まだまだ夢の序章だ。

※女性セブン2018年3月22日号

関連記事(外部サイト)