めちゃイケ後枠も ディレクター出演の旅番組が増加のなぜ?

『陸海空 地球征服するなんて』など、ディレクターが出演し世界を旅する番組が増加

記事まとめ

  • フジテレビ『めちゃ×2イケてるッ!』後枠などディレクター出演の旅番組が増えている
  • タレントの出演費がかからないほか、ディレクターとして納得がいくまで撮影が可能
  • 『陸海空 地球征服するなんて』のナスD、『笑ってコラえて!』のコマツバーラは有名

めちゃイケ後枠も ディレクター出演の旅番組が増加のなぜ?

めちゃイケ後枠も ディレクター出演の旅番組が増加のなぜ?

『陸海空 地球征服するなんて』ではナスDが話題に(公式HPより)

 今、ディレクターがタレントのように出演者となり、世界を旅する番組が増えている。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の後枠でも、こうした番組が始まる。いったいなぜなのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 先日、今月いっぱいで終了する『めちゃ×2イケてるッ!』の後番組に、『世界!極タウンに住んでみる』が発表されました。新番組は1月19日に放送された特番のレギュラー化で、「世界の驚くほど極端な街=“極タウン”にディレクターが潜入する」という体験型バラエティー。ディレクターが現地に住み込んで撮影することを売りにしています。

「ディレクターが世界を旅する番組?」と聞くと、いくつかの番組名が浮かぶ人も多いでしょう。現在、『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)、『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)、『世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝』『ヒャッキン~世界で100円グッズ使ってみると?』(ともにテレビ東京系)など、多くの番組で「ディレクターが出演者のような立場で世界を旅する番組」が増えているのです。

 かつては『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『世界の村で発見!こんなところに日本人』(テレビ朝日系)、『世界の村のどエライさん』(フジテレビ系)のような「タレントが世界を旅する番組」ばかりでしたが、なぜ現在のような状況に変わったのでしょうか。

◆タレントを外すことで、思う存分撮影できる

 ディレクターが顔出しで世界を旅する番組が増えているのは、多くの理由があります。

 まず世界を旅する番組が増えているのは、ファミリー層の視聴者を手堅く取り込めるから。子供から大人まで全世代が視聴ターゲットになるため、安定した視聴率と評判を得られますし、特に新番組が放送される土曜20時台は「ファミリー層の支持を得ることが成功の近道」と言われています。また、グローバル化を進める企業を中心に「スポンサー受けがいい」のも、世界を旅する番組が選ばれやすい理由の1つと言えるでしょう。

 次に、ディレクター自らが旅するメリットの最たるものは、制作費の安さとリスク回避。タレントの出演費がかからないほか、撮影機材がコンパクトになったことで渡航・輸送費が大幅に削減できるようになりました。

 また、タレントに病気やけがを負わせる不安がない上に、現地での撮影スケジュールも小回りが利くため、ディレクターとして納得がいくまで撮影が可能。タレントのスケジュールに縛られなくて済み、現地でケアする労力も省けて撮影に集中できるなど、いわゆる「撮れ高が足りない」というリスクを回避できるのです。

 さらに、タレントではなく一般人のディレクターが旅することで、現地の衣食住すべてが視聴者と同じ目線になるのもメリットの1つ。実際、某ロケ番組のプロデューサーが、「知名度の低いタレントを使うくらいなら、ディレクターのほうが視聴者は見やすい」「ディレクターの旅する番組に視聴者が慣れて抵抗がなくなった」と話してくれました。

◆現地の人々や生活をダイレクトに体感できる

 制作サイドには、「自分が出演者になることで、100%思い通りの演出ができる」というメリットもあります。「タレントに演出意図を説明する手間がなく、伝わらないもどかしさもない」「複数のパターンを気兼ねなく撮影しておける」「多少危険なことをやっても自己責任のため批判されにくいだろう」。帰国後の編集作業を考えながら撮影できるのは、ディレクターにとって大きなメリットなのです。

 また、『陸海空 地球征服するなんて』のナスDさん、『笑ってコラえて!』のコマツバーラさんのように、タレント同様の人気や知名度を得るディレクターが増えているのも事実。テレビ業界では、旅番組に限らず「ディレクターが人気者になった番組は長続きしやすい」と言われているだけに、確信犯的にその状態を狙っているというケースもあります。

 一方、視聴者サイドのメリットは、現地の人々や生活をダイレクトに感じられること。ディレクターが旅することで自分に置き替えやすいほか、タレントのキャラクターやボケなどに邪魔されることもないため、必然的にドキュメント性が高くなるのです。

 タレントではなく、現地の人々や生活にしっかりスポットを当てられるほか、多少のハプニングやアクシデントくらいではカメラを止めません。だから、希少性の高い映像を撮るためにギリギリまで粘れますし、それを見た視聴者は「どうなるんだろう」「大丈夫かな」などとハラハラドキドキするのです。

◆『めちゃイケ』と大きく異なる視聴者層に不安

 ただ、「『極タウンに住んでみる』が成功するか?」はまったくの未知数。番組内容がここまで異なると『めちゃイケ』の視聴者が、そのまま『極タウンに住んでみる』を見ると考えるのは苦しいものがあります。また、番組スタートからしばらくの間は、「『めちゃイケ』の後番組」という好奇の目で見られ、毎回のように視聴率などの比較報道があるでしょう。

 土曜20時台という放送時間に注目すると、世界を旅する番組こそありませんが、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)、『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)、『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)と、ファミリー層向けや知識・教養系の番組ばかり。視聴ターゲット層や番組カテゴリーでは、民放他局の全番組がライバルだけに、苦しい戦いになるかもしれません。

 うまく味方につけたいのは、番組終了後の土曜21時台に放送されている長寿番組『世界ふしぎ発見!』(TBS系)の視聴者。同じように世界を旅する先輩番組の視聴者を引きつけてハシゴ視聴してもらえれば、安定した視聴率や評判を得られるのではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。


関連記事(外部サイト)