高視聴率の『99.9』 子供にも伝わる笑い小ネタが人気

高視聴率の『99.9』 子供にも伝わる笑い小ネタが人気

最終回を楽しむ見どころガイド(『99.9』HPより)

 松本潤主演のドラマ『99.9 ─刑事専門弁護士─ SEASON II』が3月18日に最終回を迎える。最終回直前の第8話(3月11日放送)は、第2話に並ぶ自己最高タイの平均視聴率18.0%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。来たる最終回も「高視聴率は確実」と話すのは、テレビ解説者の木村隆志さん。

「勧善懲悪のわかりやすいストーリーで、大人から子供まで、今期のどのドラマより肩の力を抜いて見られた作品ですが、ボスである川上(笑福亭鶴瓶・66才)と深山(松本潤・34才)の対峙により、ついにシリアスの度合いが増してきました。川上の元部下である尾崎(木村文乃・30才)がどう動くのか、彼女がキーパーソンになるでしょう」(木村さん、以下「」内同)

 軽妙なテンポを牽引する子供に伝わる笑いが大きな魅力の『99.9』。明石役の片桐仁(44才)、中塚役の馬場園梓(37才)の好演が光る。

「パラリーガルである明石と中塚の“オチ”によって流れが切り替わることが多く、ドラマに軽妙なテンポを生み出しています。明石のアクションの大きさは子供にもわかりやすいですい、“今週はいつ土下寝するんだろう”って、それだけでワクワクしますよね」

 豊富な小ネタにも注目。“9が3つ”つながりで『銀河鉄道999』の作者・松本零士さんの登場は、放送最中からSNSで大反響。ピン芸人・ひょっこりはんは1週間前から出演が告知され、ネットメディアで話題になった。

「現場でどんどんアイディアを出し合っているという小ネタは、あまりに細かすぎるので、もはや必ずしも気づいてほしいとは考えていないはず。しかしSNSでは必ず話題になりますから、プロモーションとしてはバッチリ。スタッフは楽しみつつも、疲弊しているでしょうが(笑い)」

 放送後に楽しめるコンテンツも充実している。

「LINEとリモコンのdボタンを連動した深山の手料理のレシピ配信や、本物の弁護士によるQ&Aコラムなど、公式サイトの充実っぷりは他のドラマより抜きん出ています」

 レシピ配信は放送後の99.9分限定。リアルタイムで視聴する特別感も味わえる。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

関連記事(外部サイト)