NEWSの手越祐也と加藤シゲアキ、小山慶一郎、増田貴久ら結成15周年を振り返る

記事まとめ

  • 結成15周年のNEWS手越祐也がニューアルバムについて「愛を込めて歌った自信作」と語る
  • 手越は加藤シゲアキや小山慶一郎、増田貴久とこれまでの15年を振り返った
  • 3人が内面的な変化の話をする中、増田は髪の毛の話ばかりし、笑いを誘った

加藤シゲアキ「不安定でも攻めるのがNEWSの良さ」

 今年で結成15周年を迎えるNEWS。3月21日にはニューアルバム『EPCOTIA』もリリースされる4人が、これまでの15年を語った。

手越祐也:振り返ると、大変でメンバーも必死だったこともあるけど。紆余曲折あったからこそNEWSとして15周年を迎える充実感があるし、ぼくらとファンの絆も深くなったと思う。

増田貴久:ぼくたち以上に、ファンのみなさんが15周年を祝ってくれてる感じがするよね。

加藤シゲアキ:常に安定しているわけではなかったけど、不安定でも攻めていくところがNEWSの良さ。だから、15周年で満足しているわけではないし。

小山慶一郎:来年には4人態勢の時間が(グループ活動の中で)いちばん長くなるんだよね。それだけ時間が経ったんだなと思うし、4人で作ってきたものは、ブレずにやってこれたと思う。

増田:最新アルバムも、すごく自信があるし、自分たちとしても大好きな作品ができた。

手越:本当に個性豊かな楽曲がそろっているし、4人とも愛を込めて歌った自信作!

加藤:15年で変化したことといえば、デビューした頃は、小山がキャスターをやるとは思ってなかったな。すごく勉強もしているし、さらにしっかりした。

手越:身長も伸び続けてたよね。25才くらいの時にも、1cm身長伸びたって言ってたでしょ。

小山:伸びた! 自分でも怖かったよ(笑い)。

全員:あはは(笑い)。

加藤:まっすーは、赤髪にしてどれくらい?

増田:7年くらい? 美容院で赤のカラー液って普段はそんなに使われないんだけど、おれのために仕入れておいてくれるんだよ。

加藤:それで“青に染めたいんです”って言ったら、“マジっすか?”ってなるよね(笑い)。

全員:あはは(笑い)。

小山:手越はもともとポジティブだけど、自分らしく生きるための選択をする能力が増した。

手越:シゲは平和主義で、例えるならおれは後ろで舵を取るからみんなは前を走ってって感じだったけど。ここ数年、自分も前に出ていろんなことをやって、すごくオープンになったよね。

増田:うん。シゲがいちばん変わったんじゃない? …これ、大丈夫? みんな内面的な変化の話をしてるのに、おれ、髪の毛のことばっかりじゃん!

手越:大丈夫で~す!

全員:あはは(笑い)。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号

関連記事(外部サイト)