渋谷の関ジャニ∞脱退 メンバーからの休業提案も拒否

【渋谷すばるが関ジャニ∞脱退】村上信五、錦戸亮、横山裕、丸山隆平らの休業提案拒否

記事まとめ

  • 関ジャニ∞の渋谷すばるが、会見でグループ脱退とジャニーズ事務所退所を表明した
  • 村上信五、錦戸亮、横山裕、丸山隆平、大倉忠義、安田章大は、渋谷の背中を押した
  • 渋谷は問題を抱え事務所やメンバーに迷惑をかけないため芸能界から身を引いたとの説も

渋谷の関ジャニ∞脱退 メンバーからの休業提案も拒否

渋谷の関ジャニ∞脱退 メンバーからの休業提案も拒否

不可解すぎるタイミングの脱退

 4月15日、関ジャニ∞渋谷すばる(36才)が記者会見を開き、グループ脱退を表明。今年の12月31日をもってジャニーズ事務所からも退所する。会見には、グループのメンバーが同席して、渋谷のこれからにエールを送った。

 21年間、共に時間を過ごした同い年の村上信五(36才)は「すばるの、まだ聞いたことのない音楽を聴くまで、お互いがんばろうと話をした」と言い、錦戸亮(33才)は「すごい覚悟。すばるくんを尊重し、応援したい」と語った。横山裕(36才)も、丸山隆平(34才)も、大倉忠義(32才)も、けがで欠席した安田章大(33才)も一様に、残念さを滲ませながら、渋谷の背中を押した。

「いつまでもオレらは仲間やで」──そんな関ジャニ∞のメッセージが伝わってくるようだった。

 しかし、どうも不可解なことが多いのだ。渋谷がジャニーズを退所するのは、今年の12月31日だという。ならばなぜ、7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)に出演しないのか。しかも、そのツアーは関ジャニ∞のデビュー15周年イヤーの皮切りとなる記念ライブだ。ファンの前で歌うことなく、会見だけであっけなく終わるのは、あまりに寂しい。

「ファンのことを思えば、何も言わず15周年をしっかり務めあげてから脱退報告をすればいちばんよかった。それなら本当に納得して送り出すことができたはず。すばるくんは何をそんなに焦って辞めようとしているのか…と思います。最終的には15周年を前向きにスタートを切る最高の舞台にするために“すばるくんなしでステージを行う”とメンバー6人が話し合って決めたようです」(事情を知る関係者)

 脱退会見に、他のメンバーが揃って出席するというのは、ジャニーズ史上、“超”異例のことだ。1996年5月にSMAP・森且行(44才)、2010年7月にKAT-TUN・赤西仁(33才)がグループからの脱退を明らかにした際も、メンバー揃っての会見は行われなかった。

「横山くんは“自分たちの声でファンに伝えたいと思った”と、一緒に会見を開いた理由を説明しました。しかし、スーツにネクタイ姿で浮かない表情のまま横にズラリと並んだ会見は、一昨年のSMAP解散報道時に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でメンバー全員が公開謝罪したシーンを連想してしまったファンも多かったようです。

 あの時のSMAPは結局、すでに亀裂は修復不可能な状態で、間近に控えていた25周年ライブもやらないまま、解散してしまいました。実際、本当の“円満脱退”ならば、本人のみの会見やFAXの発表だけでよかったという声は多いんです。多忙なメンバーを集めて会見を開いたのには、そうしなければ収まりのつかないのっぴきならない事情があったのでしょう」(スポーツ紙芸能担当記者)

 関ジャニ∞メンバーを知る芸能関係者はこう語る。

「もしすばるくんが1人で会見をやれば、“自分の音楽を追求したいから”と関ジャニのアイドル性や音楽性を否定して去って行くスタンドプレーになってしまう可能性がある。それを打ち消すためにメンバーたちも一緒にあの場に立つしかなかったんでしょう」

 仲がよかったからこそショックは大きい。関ジャニ∞に、一体何が起きていたのか。

◆“それはワガママなんちゃうんか”

 最近は、こんな場面もよく目撃されていたという。関ジャニ∞で音楽番組に出演したとき、渋谷は共演するロックバンドのメンバーらに積極的に話しかけ、音楽について話し込むことが多くなっていた。

 気になるのは、脱退会見で「先輩に相談したのか」と聞かれた渋谷が「ないです」と即答したことだ。「目標とする先輩はいるか」と問われた時は、笑いながらこう答えた。

「ジャニーズの中ですか? たぶん、目標とするかたがいたら、ぼく辞めてないと思うんですが」

 この言葉に驚いたのは前出の芸能関係者だ。

「たしかに彼ならいいそうですが、注目される会見でわざわざ口にする内容ではありません。メンバーもショックを受けたと思いますよ。そもそも事務所サイドとしてはすばるくんの音楽性に理解を示し、ソロ活動を容認し、アルバムやツアーなどの音楽活動をかなり本人の自由にやらせてきた。それなのに…という気持ちでしょう」

 関ジャニ∞を続けながら音楽活動できないかとズバリ問われた時は、「できる、できないはそうですね、まぁ、できなくはないと思いますけども」と曖昧な返答に終始した。

「メンバーもすばるくんのこだわりを尊重し、立ててきたという思いがある。ソロ活動だって、そうだったはず。なのに、“関ジャニの音楽は物足りない”と宣言して辞めるようなものですから、“それはワガママなんちゃうんか”となるのは当然でしょう。しかも、会見で明かされたすばるくんのビジョンは不明瞭でした。これでは逆に、何か表に出せない脱退理由があるのではと疑ってしまいます」(前出・芸能関係者)

 脱退に踏み切ったきっかけについて「これがきっかけというのはない」と答えて、具体的な留学場所についても「とりあえず英語圏のほうがいいかと漠然と思っている」とぼかした。

 海外で音楽を勉強した後のビジョンを質問された時も、渋谷はこう答えるだけだった。

「音楽を勉強していくなかで自分から出てくるものがあれば形にしていこうと思っていますが、何かしらの形で発表するかどうかはちょっとわからないです」

 会見に出席した芸能記者が言う。

「メンバーたちは1年ほど休業して戻ってくればいいというかなり甘い提案もして、脱退を止めようとしたそうですがすばるくんはそれもNOだった。英語をしゃべれるようになりたいとのことだけど、本当に学びたかったら語学でも音楽留学も休業してできるはず。“どうしても関ジャニ∞という冠を外したい”というのが第一の目的にしか見えず、ツッコミどころが多い会見でした」

 別の理由を勘繰る声もある。

「すばるくんはアップダウンが激しく“ヤンチャ”な一面もあり、女性問題も報じられたこともありました。過去には素行不良で2度ほど事務所をクビになりかけたこともあったそうです。今回の件も、彼自身が何かしらの問題を抱え、事務所やメンバーに迷惑をかけないため“留学名目”で芸能界から身を引いたとの説もあります。周囲では彼と結婚したい!と嘯く女性アイドルもいるようで…情報が混とんとしています」(テレビ局関係者)

※女性セブン2018年5月3日号

関連記事(外部サイト)