『愛の不時着』、ヒット背景に北朝鮮描く綿密なリアリティー

『愛の不時着』、ヒット背景に北朝鮮描く綿密なリアリティー

世界中で大ヒットの理由に「北朝鮮への探求心」も(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 日本で韓流ブームに火をつけ、「ヨン様ブーム」と呼ばれる社会現象となったドラマ『冬のソナタ』の放送から17年。各々が外出を自粛し「おうち時間」を過ごす中、動画配信サービス「Netflix」で今年2月から配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』が新たなブームを巻き起こしている。韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン・38才)がパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着し、そこで出会った北朝鮮の将校・リ・ジョンヒョク(ヒョンビン・37才)と恋に落ちる物語を描く。

 これまでの韓国ドラマといえば、「ストーリー展開がありきたり」だと評されるものや、恋愛要素に重点を置いているものが多く、苦手意識を持つ人も少なからずいた。本作はそういった固定観念も覆している。

「ただのラブロマンスかと思いきや、主人公を陥れようとするヒールが暗躍するサスペンス要素もあり、緊張がほどけてほんわかとするお笑いもある。脇役のサイドストーリーがしっかりと描かれていて、男性目線でも飽きることがありません」(42才・男性会社員)

 なかでも視聴者からの支持率が高いのは、ジョンヒョクの部下の中隊員たちだ。

 口が悪く常にセリとやり合うが本当は誰より心優しいピョ・チス、北の軍人なのに韓流ドラマを隠れて視聴する韓国通のジュモク、クールなイケメンのグァンボム、最年少で家族思いのウンドンという4人とセリの国境を超えた交流は、どこまでもユーモラスで涙が出るほど温かい。

『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)の著者でライターの西森路代さんはこう語る。

「セリとジョンヒョクの仲を応援する4人は白雪姫の7人の小人のような存在です。これまで韓流ドラマは脇役が4人集まれば『F4』(ドラマ『花より男子』に由来)と呼ばれ、全員がイケメンのケースが多かったのですが、今回は見た目も年齢もバラバラ。だからこそイケメンのグァンボムがソウルでスカウトされるシーンが笑えるし、ウンドンの幼さと純粋さが際立ったりする。個性豊かだから、4人のキャラクターがすっと視聴者に伝わります」

◆脱北者に聞き込みをした

 物語前半の舞台が北朝鮮であることも大ヒットの要因といわれる。韓国エンタメに詳しいライターの佐藤結さんが指摘する。

「このドラマは日本だけでなく、アメリカでも好評です。それは近年のニュースでよく取り上げられるミステリアスな国・北朝鮮のことを知りたいという気持ちがあるからでしょう。企画段階から平壌で映画を学んだ脱北者に現地の様子を聞き込み、ほぼ鎖国状態にある北朝鮮のリアリティーを追求したそうです」

 実際、ドラマでは北朝鮮の知られざる日常生活が多岐にわたって登場し、エンタメ性と社会性がうまく融合している。

「中隊員のジュモクは勤務中にこっそりと韓国の名作ドラマ『天国の階段』を見ていましたが、実際に北朝鮮では韓国ドラマのDVDが闇市で売買されていて秘かな人気です。またドラマにあった通り、北の市場で韓国製の化粧品やシャンプーが闇取引されたり、地方から平壌に向かう列車が停電のため半日以上も停車して、乗客が車中泊や野宿を強いられるケースもあります」(韓国人ジャーナリスト)

 本作では、平壌行きの列車のなかで、アコーディオンを演奏しながら合唱する音楽団が登場し、乗客が拍手喝采する印象的な場面があった。

「このシーンは、実際に北朝鮮出身の演奏家が出演して撮影されました。こうした細部にこだわる作り込みもこのドラマの魅力です」(前出・韓国人ジャーナリスト)

 日本映画大学の准教授で『ジェンダーとセクシュアリティで見る東アジア』(勁草書房)にも執筆しているハン・トンヒョンさんは、「ビジネスで成功した北の女性像」に注目する。

「同じエリート層に見えるかもしれませんが、幹部家庭のジョンヒョクとは異なり、婚約者ソ・ダンの母親は、おそらく自ら苦労して成り上がった新興富裕層です。経済難のなか、女性たちは職場から疎外されていたからこそ、家族を支えるために市場に参入し、資本主義化していったという経緯があります。闇市で南の化粧品を売っていたのも女性でした」

 ちなみにオシャレなダンが身につけていたサングラスやブーツは、現実の北朝鮮ではほぼ見かけないそうだ。気になるのは本作を北朝鮮の人々が見たかどうか。

「最初は北朝鮮でも見られていたようだが、途中で新型コロナウイルスの流入を防ぐために国境が封鎖され、ドラマの密輸が困難になったそうです。北朝鮮では16話中8話までしか見られなかったと報じられています」(前出・韓国人ジャーナリスト)

 北朝鮮の当局が本作に猛抗議したとも報じられた。

「北朝鮮の対外宣伝媒体を通じた記事によると、当局はドラマ制作者を『嘆くべき民族分裂の悲劇を金儲けの手段として使い、そこに快楽を感じている者たちこそ、ひとかけらの良心もない守銭奴』と断罪しました」(前出・韓国人ジャーナリスト)

※女性セブン2020年6月4日号

関連記事(外部サイト)