ファンキー加藤に双子誕生 渡部建にとってのロールモデルか

ファンキー加藤に双子誕生 渡部建にとってのロールモデルか

W不倫の末に5人の子供を育てることになったファンキー加藤(写真/GettyImages)

 渦中のアンジャッシュ渡部建(47才)には、救いのある“未来”に見えるかもしれない。スキャンダルの“先輩”にあたる 元FUNKY MONKEY BABYSのボーカル、ファンキー加藤(41才)夫婦の間に5月、双子が誕生していたことがわかった。

〈びっくり!おめでとうございます〉〈パパ頑張れぇ〉──5月25日、加藤のファンたちがTwitter上で次々と温かなコメントをツイートした。この日、加藤はファンクラブの会報紙で双子の誕生を報告していた。

 喜ばしい報告だが、どうしても“あの過去”が思い返されてしまう。加藤は2013年に元マネージャーの女性と結婚し、2015年2月に第1子が誕生。しかし妻が妊娠中の2014年末に、友人だったアンタッチャブルの柴田英嗣(44才)の妻・Aさんと飲み会で知り合い、ダブル不倫の関係に発展していた。芸能関係者が語る。

「柴田夫婦はその不倫が原因で2015年の5月に離婚しています。そればかりか、その4か月後、Aさんが加藤さんの子どもを妊娠していることが発覚したんです。加藤さんは妻に全てを話し、双方で話し合うことに。その結果、Aさんはシングルマザーで2016年の6月に出産。加藤さんは認知し、養育費を払うことで決着しました。

 Aさんが出産する直前、この事実が週刊誌で〈ファンキー加藤、アンタ柴田の妻とW不倫! デキたベイビーを認知へ〉などと報じられたのです。加藤さんは会見で“一生かけて償っていこうと思います”と謝罪しましたが、世間から大バッシングにさらされました」

 その後しばらくは加藤へのバッシングはやまなかった。2017年2月に、今度は妻との間に2人目の子どもが誕生。Aさんとの間に生まれた子どもと同じ学年だったことで、物議を醸した。

 そして今回の「双子誕生」。加藤は5児の父親になったことになる。今回の双子は、過去の不倫バッシングから夫婦関係を立て直して掴んだ幸せといえよう。加藤の知人が語る。

「不倫と妊娠が発覚した当時、加藤さんは妻にも心から謝罪し、2人でよく話し合ったうえで離婚しないことを選択しました。その後の加藤さんは、全てのスケジュールを妻に伝え、夜遊びも控えています。そんな彼の“改心”もあり、双子を授かったようです。子供が生まれたことで、当時のスキャンダルが蒸し返されるかもしれない。それも覚悟の上。批判されてもそれを甘んじて受け止めて、新しい家族を向かい入れようと考えたそうです」

 新型コロナの影響で、赤ちゃんたちはまだ親しい人にしかお披露目できていないという。加藤はコロナ禍でオフが続いていることもあり、今は“主夫”として家族を支えているようだ。これも夫婦の絆のかたちといえるだろう。

関連記事(外部サイト)