「世界の渡部建」漏れ聞こえた裏の顔、後輩への気遣いなし

「世界の渡部建」漏れ聞こえた裏の顔、後輩への気遣いなし

渡部のさまざまな評価が聞こえてきた

 前代未聞の不倫報道で芸能活動を自粛することとなった、アンジャッシュ・渡部建(47才)。放送作家の山田美保子さんが、この騒動を解説する。

 * * *
「おれ、あの人、苦手なんですよね」と某若手男性芸能人から聞いたのは、1年程前。

「おれらのこと、明らかに下に見てるカンジだし、佐々木希チャン(32才)に対しても、なんか威張っているんですよね」と。

 彼が苦手と言っていた“あの人”とは、アンジャッシュの渡部建サン。

 私が知る限り、渡部サンは、目上の人や、立場が確立している人には積極的に挨拶をするし、もちろんカンジが悪いなんてこともないのです。ただ、冒頭の話があったものですから、この1年程、(この人、本当は、どんな人なんだろう)という目で見てしまっていたのは事実です。

 別の話も入ってきました。お笑いの“後輩たち”の中に渡部サンの“お仕事”にまつわる、“ぱしり”のような人が何人かいるそうなのですが、その人たちへの“フォロー”や“気遣い”がほとんどないため、渡部サンからの“指令”に辟易している…ということでした。

 お笑い芸人さんの世界は、良くも悪くも先輩、後輩の関係がキッチリしていて、後輩より売れていない先輩が借金をしてでも飲食の支払いをするのが慣例となっている「吉本」。また「太田プロ」の「(上島)竜兵会」を筆頭に、飲み会での様子はバラエティー番組のエピソードトークとしてしばしば“笑い”にされるものです。

 古くは、仕事終わり、彼女とデートの約束をしていても、先輩から「(飲みに)行くで〜」と言われたら無条件で行かなければならない…という話を明石家さんまサン(64才)が何度ネタにしていたかわかりません。「行くで〜」とおっしゃっていたのは、三枝サン(現・桂文枝サン・76才)です。

 でも、そういえば渡部サンには、こういうエピソードがなかった。特に佐々木希サンとの交際が発覚してからは、渡部サン自身、「ネット見ろ!」の一言で片づけるようになり、プライベートなことを語る機会が一切なくなったうえ、周囲からも「いじりづらくなった」「誘いづらくなった」と言われています。

 一方、グルメ関係のおつきあいには本当に積極的だった渡部サン。有名店や高級店のシェフや経営者や、飲食関連の企業のトップや、同じような人脈をもつ業界関係者と華やかな交流を続けていることは、当然、耳にも目にも入ってきていました。

 そんな“お仲間”のおひとり、放送作家の「すずきB」さんはFacebookで「まったく知らなかった。噂も聞いたことがなかったし、そんなそぶりを出されたことはなかった」と前置きし、「料理人に“今日はお世話になります”と手土産を渡す、丁寧な心遣いとリスペクトが、浮気相手にも嘘でもあったなら…」とコメント。「どんな場面でも、謙虚さと、相手へのリスペクトを欠いたら、足をすくわれる」とも記していらっしゃいました。

スキャンダル直前、急に夫婦円満エピソードを披露

 そんなBさんをはじめ、グルメ番組の放送作家やディレクター、雑誌編集者らがコロナ禍で大変な思いをされている飲食店を少しでも盛り上げようと連日、SNSでテイクアウト情報などをアップしていた、この2か月。

 渡部サンは、どんな活動をしているのだろうとブログをチェックしたら(芸能人なのにフォロワー数がとても少ないことで有名な!)YouTubeに飛べるようになっていて、それらを拝見したのですが、なんか、アッサリしているというか、ざっくりしているというか、“熱”が伝わってこないことに「あれ?」と思っていたところです。

 でも、自ら懇願して「2度目」の出演が叶った6月6日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)では、連載ページなどで無償で飲食店のテイクアウトやデリバリー情報を書いていらしたそうですね。でも「無償」って、そんなにアピールすることでしょうか。この人、ケチなのかもしれない…と思ってしまいました。

 その『人生最高レストラン』のMCは極楽とんぼの加藤浩次サン(51才)。『スッキリ』(日本テレビ系)で、「根本的なことなんですけど、渡部、調子に乗ってたんだよ」「“ちょっと勘違いしてるんじゃないの、お前”って思うこともすごいあった」とバッサリ。なかでも「世界の渡部」と芸人仲間から言われていたのを「いじりだからね」「本当に“世界の渡部”だと思っちゃったのかな」と言ってくれたことに、同年代の芸人さんらは「うんうん」と頷いていらしたのではないでしょうか。

 男性MC(コメンテーター含む)の中で、加藤浩次サンがもっとも厳しかったわけは『人生最高レストラン』で渡部サンが、コロナ禍で主婦や小さい子供さんをもつママの苦労がよくわかったとか、これまでほとんど話してこなかった夫婦円満エピソードをペラペラ話した直後のスキャンダルだったことが理由では?

 加藤サンは、6月11日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)でも、家族を想う“よきパパ”トーク直後の酷いスキャンダルだったため「それ(『人生最高レストラン』)がオンエアされてすぐこれになったから、なんだったんだろう」と。“表の顔”だけを見聞きしていた人は皆、心から驚いたと思います。

『人生最高レストラン』については、私は逆の意味で「あれ?」と思ったものでした。“そういう”番組だからとはいえ、こんなにも急に佐々木希サンの話をするかしら…と。しかも、食事を3食作っている女性がいかに大変なのかがよくわかった…という話は、渡部サンよりも前に今田耕司サン(54才)や明石家さんまサンが先に番組で話題にしていたことでもあり、オンエア順としては“受け売り”だった。私は“何か”を察した渡部サンが佐々木サンのフォローをするために話した“印象操作”なのかなと冗談を交えて『バイキング』(フジテレビ系)で話したところ、渡部サンと同じ所属事務所のおぎやはぎサンが同調してくれました。笑いにもっていこうとしてくれたからだとは思いますが。

 しかし、渡部サンの今回のスキャンダルは、どんな大物芸人さんでさえ“笑い”にはできないでしょう。

 それもそのハズ、妻の佐々木サンでさえ、夫は相手女性に恋愛感情をもっていないと判断。過去の不倫報道のように“愛憎劇”があってくれた方がまだよかったのでは?

 この先、会見があったところで、芸能記者たちも困ってしまいますよ。「性欲、強いんですか?」「どなたがお好きなんですか?」を超える質問は出てこないと思われますし、「4WD」の方がまだマシ。「アパホテル」はもう豪華にさえ思えてきます。

 相方の児嶋一哉サン(47才)や『王様のブランチ』(TBS系)の佐藤栞里チャン(29才)を泣かせたこと、山形純菜アナ(25才)に、あのハレンチな記事を背負わせたことなども本当に罪深いと思います。

「猛省」で治ることなのかどうかわかりませんが、猛省してくださいね。

構成■山田美保子/『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年7月2日号

関連記事(外部サイト)