菊池桃子、エリート官僚の夫が語る「事務所独立」と「別居」

菊池桃子、エリート官僚の夫が語る「事務所独立」と「別居」

政界進出も噂される菊池

 中居正広(47才)、米倉涼子(44才)、柴咲コウ(38才)…今年は大物芸能人の独立が相次いでいる。その中でも、芸能関係者が「異例」と口を揃えるのが、6月20日付で所属事務所から独立した菊池桃子(52才)だ。

「菊池さんは現在、NHKの朝ドラ『エール』で、窪田正孝さん(31才)演じる主人公の母親役として出演しています。放送が終了してからならまだしも、放送中に独立なんて、誰が見ても異例のタイミングです。菊池さんは、こんな“身勝手なこと”をする人ではなかったし、社長との関係性を考えると不思議で仕方ありません…」(芸能関係者)

 菊池は1983年にアイドルとしてデビューすると、中山美穂(50才)や岡田有希子さん(享年18)らとともに、1980年代を代表するアイドルとして活躍した。しかし、1988年にロックバンド『ラ・ムー』を結成してイメージチェンジを図ると、人気は低迷。翌1989年に移籍したのが、件の事務所だった。

「ここは、菊池さんのデビューにもかかわっていた女性社長のIさんが、迷走する彼女を助けるために立ち上げたような事務所なんです。菊池さんは1995年にプロゴルファーの西川哲さん(52才)と結婚して、2児をもうけています。Iさんは、菊池さんが育児で仕事ができない間も、変わらずに給料を払い続けていたといいます。2011年に西川さんと離婚したときも、親身になって相談に乗っていました。そうしたIさんのサポートがあったからこそ、菊池さんは女優としてキャリアを積むことができたし、朝ドラの重要な役どころを担うまでになったんです。

 菊池さんは事務所の屋台骨ですから、いま辞めたら事務所にも、お世話になったIさんにも影響があるのは明白です。30年以上も一緒にやってきたのに、“なぜいま?”と首を傾げる人が多いのは当然です」(前出・芸能関係者)

 変化が見え始めたのは、昨年の秋頃だったという。

「あるパーティーで顔をあわせた事務所の関係者が、“最近、社長と桃子の意思疎通がうまくいかないことが増えた”とこぼしていたんです。その頃には、独立の話し合いが始まっていたのかもしれません」(テレビ局関係者)

 時を同じくして、菊池には大きな変化があった。

 昨年11月、経済産業省・経済産業政策局長の新原浩朗氏(60才)と再婚し、“第二の人生”をスタートさせた時期でもあるのだ。

 菊池は女優からの“転身”を図る中で、新原氏と出会い愛を育んでいた。

「菊池さんは2012年に母校の戸板女子短期大学の客員教授に就任していて、キャリア教育に関する教鞭をとっています。2015年には一億総活躍国民会議の民間議員、翌年には文科省の初等中等教育局視学委員になるなど、“有識者”として扱われる機会が増えていきました。そうした活動の中で出会ったのが、新原氏でした」(前出・芸能関係者)

 夫となった新原氏はエリート官僚だが、“優秀すぎる”人物としても知られている。

「とにかく仕事ができる人として有名で、その姿勢は“鬼”と評されるほど。新型コロナの影響を受けて、今後、どういった経済対策を講じていくのかを提言する重要な立場の人でもあります。合理的な考えを持った人で、仕事は細かく、完璧主義者。その仕事っぷりから“将軍”というあだ名がついています」(経産省関係者)

 菊池の変心の裏に、新原氏の存在があるとみる関係者も少なくない。

「菊池さんが“育ての親”であるIさんの元を去るなんて、誰も想像していませんでした。心変わりのきっかけは、タイミング的に再婚でしょう。新原さんが菊池さんに、さまざまな助言をしたことは考えられます。最近、菊池さんは芸能の仕事と同じぐらい政府の仕事にも魅力を感じていましたし、彼女の活動の幅を広げるためには、いまの事務所を出ることが得策だ、と夫婦で話し合って決断したのだと思います」(前出・芸能関係者)

 菊池と新原氏は、不思議な夫婦生活を送っていることでも知られている。結婚後も別居を続け、菊池は2人の子供と母親と同居。一方の新原氏は、都内の高級マンションでひとり暮らしをしている。

 出勤前の新原氏に菊池の独立を後押ししたかと聞くと、苦笑いでこう答えた。

「そんなことはありえないよ。仕事は、ぼくはぼくで、彼女は彼女で決めている。彼女が決めたことは、夫としてサポートはしていきますけど。コロナがこういう状況で、ぼくはいま本当に仕事が大変なの。妻の仕事まで把握している余裕はないよ。むしろ、彼女にサポートしてもらっているくらいなんで」

 別居については、こう説明した。

「ぼくのところには報道陣が山ほどくるので、妻や妻の家族に迷惑をかけたくないんです。妻はストーカーで怖い思いもしています。平穏な生活をしてほしいので、(同居を)先延ばしにしている状態です。同居の時期や場所はいろいろと相談はしています」

 6月29日、菊池は自身のブログに、夫への感謝とともに《家族が新しくスクラムを組む今、大人の再婚は良いものです》と綴っている。

“糟糠の女性社長”の元を離れた菊池は、この先、夫とともにどんな道を歩むのか。電撃結婚から半年が過ぎたが、この新婚夫婦の言動はいまだに目が離せない。

※女性セブン2020年7月16日号

関連記事(外部サイト)