綾瀬はるか交際相手ノ・ミヌとは? 韓国から日本に来た理由

綾瀬はるか交際相手ノ・ミヌとは? 韓国から日本に来た理由

長身とロングヘアーが印象的なノ・ミヌ(写真/ゲッティイメージズ)

 女優の綾瀬はるか(35才)が、約2年前から韓国出身のタレント、ノ・ミヌ(34才)と交際していることがわかった。

 ミヌは185cmの長身と、ロングヘアがトレードマークの端正な顔立ちをしたイケメン。もともとミュージシャンとして2004年にデビュー。ロックバンドではドラムを担当し、2年後に脱退した後は、俳優やモデルとして活躍している。ミヌの知人はこう語る。

「交際が始まったのは、2年ほど前のこと。綾瀬さんの活躍を知っていたミヌからのアプローチで、共通の知人が引き合わせたんです。ミヌは2016年10月から2年間、兵役に就いていて、除隊は2018年7月のことで、本格的な交際は除隊後から。ミヌの芸能活動の基盤は日本で、除隊直後から日本でファンミーティングも行っていました。韓国へは頻繁に帰っていましたが、綾瀬さんも多忙な時間を縫って愛を育んでいたようです」

 広島出身の綾瀬と、韓国人のミヌ。使う言葉も違うはずのふたりは、どうやって距離を縮めてきたのだろうか。

「ミヌの母親はかつて、日本で演歌歌手として活動していて、桂銀淑に師事していた時期があります。母親は、ミヌに音楽の英才教育を受けさせていて、子供の頃からピアノ、ギター、ドラムなどを習わせていた。早くに父親を亡くして女手一つで育てています。ミヌが芸能活動を始めてからは、送迎やヘアメイクまで母親が担当していて、いまは彼の芸能事務所の社長に就任していますよ。

 ミヌはSNSでも日本語を披露していますし、実際にかなり流暢に話します。綾瀬さんとの会話にはまったく困らないでしょう」(前出・ミヌの知人)

 弟もミュージシャンという音楽一家で育ったミヌ。韓国でデビューするも、日本に軸足を置いて活動するようになったのは、韓国にはいづらい事情ができたからのようだ。

「ミヌは、バンド時代に所属していた大手芸能事務所を訴えて、裁判で争っていました。デビュー前に一方的な契約を押しつけてきたことを問題視していたのですが、結局、ミヌ側が2015年に敗訴。訴訟トラブルを巻き起こしたイメージが強く、才能はすごくあるのに、韓国国内では第一線で活躍できないタレント、というイメージが広がっています」(韓流に詳しいジャーナリスト)

 事務所を離れ、日本に活路を見出したミヌが、日本のファンの心をわしづかみにしたのは、端正なルックスだけが理由ではないという。

「流暢な日本語でのトークが軽妙で、嫌みがありません。観客との会話もステージ回しも上手で、韓流スターには珍しく、下ネタにも触れるのですがそれもさわやか。楽器も歌も上手ですし、演技は言うまでもありません。一度ついたファンは、離れていかないと思いますね」(40代の日本人韓流ファン)

 ふたりの国際恋愛はこれまで、まったく表に出ることはなかった。

「ミヌは、綾瀬さんのためにも絶対に交際がバレてはいけないと肝に銘じてきました。だからこそ、この交際を伝えている人はほんの少ししかいないのです。ミヌはまた、綾瀬さんの結婚願望も知っていて、交際は結婚を意識して深められてきています。

 韓国では、ほかの先進国と同じように女性の社会進出に伴う晩婚化が進んでいますが、それでも、女性は30代半ばまでに結婚するものという風潮がありますからね」(前出・ミヌの知人)

 秘められた恋。ふたりだけの心の内に収めながら育んでいても、何かの折にあふれ出してしまうこともある。ミヌの思いがあふれ出る日は、決まって綾瀬の誕生日だった。

 2019年3月24日。綾瀬が結婚のリミットとインタビューに答えていた34才の誕生日を迎えたその日。ミヌは自身のインスタグラムに、ある楽曲を歌詞付きの映像とともに投稿した。それが、中島みゆきの『糸』だ。その翌年、今年の35回目の綾瀬の誕生日にも、ミヌは『糸』のピアノ演奏を投稿している。

 遠距離で思うように会えないなか、綾瀬への愛を伝えるメッセージははからずも人の知れるところとなった。

※女性セブン2020年7月16日号

関連記事(外部サイト)