佐々木希と杏は多数派、不倫された妻8割が関係再構築を希望

佐々木希と杏は多数派、不倫された妻8割が関係再構築を希望

渡部は不倫女性には「気持ちがない」と言っていた(撮影/平野哲郎)

 報道から約3週間が過ぎても、ワイドショーをつければ渡部建(47才)の顔を見ない日はない。「もう顔も見たくない」と、多くの女性が不快感をあらわにしている。

 15才年下の妻・佐々木希(32才)に子育てを押しつけ、複数の女性と“多目的トイレ不倫”にいそしんでいた渡部。挙げ句の果てに「妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、抜け出せなくなってしまった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、いまでも妻を愛している」と、ぬけぬけと言ってのけた。

 今年1月には、妻・杏(34才)の妊娠期間も含め、約3年間にわたって唐田えりか(22才)と関係を持っていた東出昌大(32才)の不倫も記憶に新しい。タイプは異なれど、いずれも呆れた夫であることに変わりはない。

 不倫発覚が“終わりの始まり”――ドラマや映画ではお決まりの展開だが、現実はそう単純にはいかないようで、夫から最悪の仕打ちを受けたはずの佐々木希と杏は、まだ結婚生活の解消には至っていない。仕事にもお金にも、そして新しいパートナーにも困りそうにない妻たちが、なぜ夫を捨てないのだろうか。

◆裏切られても愛している

「事実、夫に不倫された人の8割が、最終的には夫婦関係の再構築を希望します。理由は人それぞれですが、たとえば、佐々木さんの場合は、まだ渡部さんを尊敬する気持ちや愛情が残っているのではないでしょうか」

 そう語るのは、これまで26万件以上の不倫調査を手がけてきた探偵事務所MRの代表・岡田真弓さんだ。

 佐々木は渡部の不倫相手を電話で直接叱責したとされている。岡田さんによれば、それも夫への愛ゆえだ。

「当事務所に相談に来る人の半数が、“夫を責めたい”でも“有利に離婚したい”でもなく、“真実を知り、夫をたぶらかした相手の女にひと言言ってやりたい”と言います。夫はあくまでも“悪い女にたぶらかされた被害者”で、相手女性を責めるための証拠を欲している妻が多いのです」

 佐々木の電話も、相手の女性の“ひどさ”を知るためのものだったのだろうか。

 夫婦問題研究家の岡野あつこさんも「結局、佐々木さんはまだ渡部さんのことが好きなのでしょう」と話す。

「不倫は麻薬と同じ。麻薬中毒者を更生させられるのは家族の愛しかないのと同じように、夫の不倫癖をやめさせられるのは妻だけです。以前、峰竜太さんも浮気が発覚して奥さんに叱られたことがありましたが、そうした“かかあ天下”な夫婦になれば、佐々木さん・渡部さん夫婦も、今後は幸せにやっていけるのではないでしょうか」

 ただし、夫を許すにしても、妻が主導権を握らなくては悪癖は直らない。

 妊娠中にファッションデザイナーの夫(40才)の不倫が発覚した安田美沙子(38才)は、当初こそ夫の携帯をチェックしたり、「絶対に離婚する」と息巻いていたが、結局は「いまの私には彼のいない人生は考えられません」と、元の鞘に収まった。

 2020年3月、懲りずに夫が2度目の不倫をしたときには、「お騒がせして申し訳ありません。この件は、もう何年も前に夫婦で解決しました。私には主人が必要ですし、何よりも子供たちのパパには、彼しかいないと思っております」と、世間に対して騒動を詫びてもいる。夫の手綱を握れない“べた惚れ妻”といえるのかもしれないが、これもひとつの腹のくくり方だろう。

 北海道の看護師・松川一子さん(31才・仮名)は、結婚後わずか2か月で夫の不倫に気がついた。

「当時、私は妊娠中でした。しかも相手の女性とは結婚前から続いていたようで、怒りで体が震えました。夫を問い詰め、預金通帳を取り上げ、押印欄だけを空欄にした離婚届を用意して、“次、不倫したら、すべての財産を妻に渡して離婚する”という誓約書を書かせました。いまは夫婦関係は円満です」

 うまく乗り越えられれば、夫婦関係は以前よりもよくなることが多いのかもしれない。

 元衆議院議員の金子恵美(42才)も、2016年、第1子の出産直後に夫の宮崎謙介(39才)の不倫を知ったが、「脇の甘いヤツ。どうしてもっとうまくやれなかったの」と一喝したのみという。「離婚すれば女性票を集められる」という周囲の声も無視して、「生まれたばかりの息子から父親を奪う権利はない」と、夫を許した。その結果、夫は議員辞職、妻は落選と、夫婦で職を追われるが、現在は夫婦そろってバラエティー番組で当時のことをネタにするほどだ。

“女遊びは芸の肥やし、妻はそれを許すもの”とされていた昭和の芸能界。「不倫を許す妻」は、時代をさかのぼるほどに多い。

 勝新太郎さん(享年65)の妻、中村玉緒(80才)は、夫の不倫疑惑についてマスコミからコメントを求められても、「数が多すぎて、やきもちをやいているひまがなくて」と語る。勝さんの愛人だった芸妓に、宿泊していたホテルの部屋に入られ、毛皮のコートや着物をはさみで切り刻まれたことさえあるという。それでも、勝さんが亡くなってからは「もしいま会えたら、話がしたいというより、抱きつきたい」と話す。やはり愛が勝っていたのだ。

 絶対に離婚しなかった妻といえば、樹木希林さん(享年75)だ。夫・内田裕也さん(享年79)のマネジャー・Aさんが愛人ではないかと世間で騒がれた際も、「夫をよろしくね」とAさんに通告。「仮にそういう関係だったとしても」と前置きしたうえで、さまざまな面で夫をフォローするマネジャーには「感謝の気持ちしかない」と、不変の愛を見せつけた。

※女性セブン2020年7月16日号

関連記事(外部サイト)